熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 子供用の印鑑ってどうしたらいいの?作る時期や種類を知ろう!

印鑑市場 店長ブログ

子供用の印鑑ってどうしたらいいの?作る時期や種類を知ろう!

2018.12.15カテゴリー:印鑑について

「子供の印鑑って、いつ作ったらいいの?」
「どんな印鑑を選ぶべきなんだろう?」

このようにお悩みの親御さんも多いのではないでしょうか?
また、これから子供ができる予定のカップルの方々にとっても、将来的に気になる問題ですよね。
今回はそんな方々に向けて、印鑑を作るタイミングや種類をご紹介するとともに、おすすめの作成時期をお伝えしていきたいと思います!

□子供の印鑑をつくるタイミング


子供の印鑑を作るのに、決まった時期はありません。
ここでは、子供用の印鑑を作る人が多いタイミングをいくつか挙げていきます。

*出生時
お子様が生まれるときに作る方が数多くいらっしゃいます。
やはり赤ちゃんが生まれた時というのは、思い出深いものですし記憶に留めておきたい時期でもあります。
また、初めて自分の子供と対面し、名前を呼ぶ機会でもあります。
やはり自分たちで考えた名前を呼ぶ瞬間というのは非常に感動的な場面です。
そんな思い出の瞬間を、印鑑という形で一生残るものとして作成するのです。
子供が成長して印鑑を持つようになったときに、このエピソードとともに印鑑を渡してあげれば、きっとお子さんにとっても手放すことのできない宝物になることでしょう。

*銀行口座開設時
お子様用の名義で銀行口座を開設するときに印鑑を作る方もいらっしゃいます。
お年玉やお小遣いなどを保管しておく他にも、学費など子供の将来のために貯蓄をしようということで口座開設することが多いようです。
銀行口座を開設するときには、実印でなくても銀行印のみで対応できます。
そのため、親と同じ印鑑で口座を作ってしまうこともあるようですが、親の印鑑で登録をしてしまうと、将来その口座を子供に引き継ごうと思ったときに、新しく印鑑登録をしなければならなくなります。
印鑑の再登録には時間がかかるため、口座開設の際に子供用の銀行印を作ることが多いのでしょう。

*卒業・入学シーズン
子供が学校を卒業する、または入学するタイミングでのお祝いとして、印鑑を贈るという方もいらっしゃいます。
このシーズンに印鑑を作る人が最も多く、一人前になったことを認める、もしくは大人の仲間入りということを、実印という形で示すのが目的となっています。
責任感を持たせるという意味でも、卒業や入学という節目の時期に印鑑を作るのは有効かもしれませんね。
また、学校から卒業記念として印鑑をもらうこともあるため、その印鑑を実印として登録する方もいらっしゃるようです。

*誕生日
誕生日のプレゼントとして、印鑑を作って贈る方もいらっしゃいます。
やはりお祝いの意味合いが強く表れており、デザインなどを凝ったものにするとよりプレゼント感が強くなりますね。

*おすすめの時期
やはりおすすめの時期は、お子様の誕生時や誕生日の時期です。
思い出に残りやすいですし、自然と大切にしようという気持ちも生まれます。
誕生時に作った印鑑を、何歳の誕生日にプレゼントする!と決めておくのも良いかもしれません。

□印鑑の種類


次に、子供用の印鑑の種類について解説します。
お子様に印鑑を作るときに考えられる3つの状況があります。
① 子供用だから、かっこいい・かわいいものにしたい
② 将来長く使えるデザインを選びたい
③ とりあえず、間に合わせの物を作っておきたい
この3つの状況について、それぞれ説明していきます。

*子供用に、かっこいい・かわいいデザインのものにしたい
デザイン重視のものを作成する場合は、銀行印を作ることを前提にしましょう。
銀行印であれば柄付きの物が使用可能ですが、実印としての登録できないため、注意が必要です。
キラキラしたものや花柄など、様々なデザインが近年では多く見られるようになっており、子供用だけでなく結婚祝いなどにも使われているようです。
お子様と一緒のデザインの印鑑を持っておくのも、思い出として良いかもしれませんね。

*将来長く使えるものにしたい
将来ずっと使っていってほしいという思いを込めて作る場合、シンプルで大人が使っているものと変わらないデザインが好まれます。
長持ちして欠けることの少ない黒水牛の素材や、丈夫だが比較的に価格が低い柘の素材を使用したものなどが一般的です。
そのほかにも、琥珀のものやチタンを使ったものなど、素材にこだわって作ることもできるため、予算や好みに合わせて使用すると選ぶと良いでしょう。

*とりあえず間に合わせのものがほしい
何らかの事情で、急に子供用の印鑑が必要になった時などには、シャチハタで済ませてしまおうという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、現在はネット注文で印鑑を作り、急な用事にも対応できるように届けてくれる場合が多いです。
素材の悪いものやシャチハタを使うと、かすれてきたり、欠けてしまうこともあり、証明にならなくなってしまう場合も考えられます。
せっかくですから、ネットで注文して将来も使えるものを頼んでみてはいかがでしょうか?

□まとめ


今回は子供の印鑑を作る・渡す時期や、状況に合わせた印鑑の種類などについてお伝えしました。
子供用の印鑑を作ろう!とお思いになった際には、ぜひ印鑑市場をご利用くださいね!

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑