熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑の廃止がすすむ今!メリットやデメリットについて紹介します!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑の廃止がすすむ今!メリットやデメリットについて紹介します!

2021.5.15カテゴリー:印鑑について

コロナで在宅ワークが多くなった今、印鑑の廃止が進んでいます。
自由に外に出られず不安な日々を過ごされているのではないでしょうか。
最近ではその場にいなくても印が押せる、デジタルハンコが注目されています。
今回は印鑑の廃止についてのメリットやデメリットについて紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□日本の印鑑文化について紹介!

幼いころから家に当たり前のようにあった印鑑には、長い歴史があることをご存じでしょうか。
印鑑は今から5000年前の紀元前のメソポタミアで生まれたとされています。
そこから世界中に広まり中国から日本に渡りました。

日本最古の印鑑は北九州で発見された金印で、漢委奴国王と記されていたことは歴史の教科書で知っていた方も多いのではないでしょうか。
そこから始まった日本での印鑑の文化について紹介します。

現在日本の印鑑の文化が、働き方改革の進行を妨げているとも言われています。
押印は商習慣で古くから自分自身の証明であり、その内容に責任を持つ証拠とされています。
特に日本では大切な書類や契約の際には印鑑を押さなければ受理されませんよね。

このような古くからの習慣によって在宅ワークが可能になった今でさえ、契約書などの決済のためだけに出社する必要がある状態なのです。
コロナでステイホームが強く呼びかけられている中でも、そのような日本文化によってハンコを押すだけの出勤が必要とされている場合も多いでしょう。

 

□デジタルハンコのメリットやデメリットについて知っておこう!

ここまでは日本の印鑑文化について紹介しました。
印鑑は古くから存在していて、日本にはかつての風習が根強く残っていることについて理解は深まったでしょう。
しかし、近年のデジタルテクノロジーの進化によりデジタルハンコも使用されるようになっています。

デジタルハンコとは簡単に言うとパソコン上で使える印鑑のことです。
ここではデジタルハンコのメリットとデメリットについて紹介します。

 

*メリットについて

1つ目はスムーズに契約が進むことです。
デジタルハンコを使用することで、すべての契約書への印をパソコン上で行えることから作業効率が上がります。
今まででは印をもらうために、パソコンで作った書類をまずは印刷する必要がありましたが、その必要はありません。
印を押した後、次の人に共有フォルダー上で書類を送信できます。

このようなことから圧倒的にスムーズなのです。

2つ目は書類管理のしやすさです。
今まではすべてを紙媒体で契約をしていました。
しかし、紙を保管し管理するということは非常に大変です。
大切な書類が何枚にもなり、過去の分を見返したくても簡単には見つからないということがあっては大変ですよね。

デジタルハンコの場合には書類も電子書類であることが多いので、コンパクトに収納が可能で検索するだけで簡単に過去の書類を確認できるというメリットがあるのです。

 

*デメリットについて

1つ目は安全面についてです。
デジタルハンコは便利である一方でセキュリティの面が心配です。
デジタルハンコは本人が目の前で押すわけではないため、不正に使用されていても確認ができません。
どこでも手軽に使用できることが最大のメリットですが、いつ誰に不正に使用されているのかわからないと心配ですよね。

2つ目は導入に費用が掛かることについてです。
まだ一般的に広く印鑑が使用されているため、デジタルハンコの導入にはコストがかかってしまう場合があります。
印鑑は印鑑購入時のみのお金で大丈夫ですが、デジタルハンコは購入時、システムの追加時、月額の使用料金といって携帯のように費用がかさんでしまいます。
また、受けるサービスによっても違うのでご自身で確認をとることが重要です。

 

□印鑑の未来とは?

ここまではデジタルハンコのメリットとデメリットについて紹介しました。
非常に便利である一方でセキュリティ面が心配なデジタルハンコでしたね。
ペーパーレスや非対面、非接触が重要視されている世の中では、今後は印鑑の廃止がされていくのでしょうか。
印鑑の未来について紹介します。

上記では印鑑の歴史や文化、デジタルハンコについて述べてきました。
今の世の中になりさらに
「印鑑の文化は時代に反している」
と考えている人もいるかもしれません。

しかし、ビジネス契約の際に印鑑は非常に重要な役割をします。
印鑑文化のない国では本人であることの証明のために、重要な契約の際には第三者の立ち会いが必要です。
日本の場合は印鑑自体が第三者の役割を果たします。
これは重要な書類で使用する印鑑は役所で登録してあるものである必要があることから、登録してある印鑑を使うことで第三者を呼ぶ必要がなく契約は代理人でも可能なのです。

このようなことから印鑑の文化はこれからも続いていくでしょう。

 

□まとめ

今回は印鑑の廃止についてのメリットやデメリットについて紹介しました。
時代が変わっていく中で印鑑の姿も多少の変化はありますが印鑑文化は私たちの生活に密接に関わっていて非常に大切な文化とも言えますね。
今回の記事によって印鑑の知識は深まったでしょう。
印鑑などでお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑