熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑の中でも特に重大な実印を紛失したら?リスクと対応法を解説

印鑑市場 店長ブログ

印鑑の中でも特に重大な実印を紛失したら?リスクと対応法を解説

2019.10.20カテゴリー:印鑑について

印鑑 実印 紛失 リスク

「大切な実印を紛失してしまったけど、どうすればいいんだろう。」

「紛失した際のリスクを知りたい。」

実印を紛失してしまった際に、このように思う方は多いです。

この記事では、実印を紛失してしまった際に起こりうるリスクと対応法を分かりやすく解説します。

 

 □実印が紛失するパターンをご紹介!

実印は、いわばあなたの分身のようなもので、重要な契約や手続きで使う、非常に大切なものですが、小さいので紛失しやすいですよね。

紛失したのにそのまま何も行動せず、放置していると、思わぬ被害を被ってしまうことがあります。

自分の事業を持っていない方にとって、実印を日常で使うことはほとんどないかもしれませんが、その認識は極めて危険です。

また紛失した際にも速やかに対応しない方が多数いらっしゃたりするため、非常に危険です。

過去には実際に実印を悪用されてしまうなどの被害に合われている方や裁判沙汰になるケースも報告されております。

そのため実印を紛失してしまったときは、焦らず、適切な対応を速やかに行うことが大切です。

 

実際によくある実印が紛失してしまうパターンは以下のポイントになります。

 

・引っ越しの際に誤って捨ててしまった

・家の中にしまったはずなのに見つからない

・泥棒に盗まれた

・印鑑を車に置いた際に荒らされて盗まれた

・出先で落としてしまった

 

引っ越しの際に誤って捨ててしまったというパターンの場合は、本当に処分したかどうかをもう一度よく考えてみましょう。

捨てたと思い込んでいただけで、本当は別のところに保管していたというケースは多いです。

 

また家の中にしまったはずなのにないというパターンの時は本当に家の中にしまったのかどうか考えてみてください。

意外と外に置き忘れていたなんていう可能性もあります。

もしくは知らない間に盗難に遭っていたという可能性もあるので、戸締りをきちんとしていたかどうかも思い返すようにしてください。

 

最も深刻なのは泥棒に盗まれた、または車上荒らしで盗まれたというパターンです。

悪意のある人の手に渡っているため当然悪用される可能性が高くなります。

盗まれた可能性が高い場合は即座に実印の効力を無効にして財産を守りましょう。

 

□実印の紛失のリスク

実印の紛失は重大なトラブルを引き起こすことがあります。

実印は、お金に関する契約がその人の意思に基づいていることを証明する非常に大切なものです。

つまり、誰かに実印を悪用され、契約を結ばれてしまうと、その契約はあなたが結んだものとなり、あなたがお金を支払う必要があります。

実印を契約に使用するには、印鑑証明書や身分証明書などの必要書類を併せて提出される必要があります。

実印を紛失してしまった際には、それらの書類が盗まれていないかを確認しましょう。

 

実印を悪用されてしまう例としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1つ目は借金の連帯保証人にされてしまうケースです。

実印と印鑑証明書が一緒に盗まれてしまうと、知らないうちに借金の連帯保証人にされてしまうことがあります。

連帯保証人になると借金した人が返済できない場合責任を負う義務が発生してしまいます。

 

2つ目は不動産の売却や購入を勝手にされることです、

知らないうちに自分の不動産が勝手に売却されたり、購入させられてローンを組まされたりする場合もあります。

 

以上の例はどちらも印鑑と印鑑証明書が同時に盗まれたパターンで、印鑑証明書が盗まれるとリスクが上がります。

保管の際は十分に注意するようにしてください。

 

次に、対応法と変更手続きを紹介します。

 

□対応方法と変更手続きについて

実印を紛失してしまったと思ったときには、まずは家や会社などを徹底的に探しましょう。

探しても見つからなかった場合は、以下の手続きを行ってください。

 

*紛失届の提出

紛失届を実印の登録を行った役所に提出することを最優先で行いましょう。

紛失届をその場で記入し、提出することで、登録された実印を無効にできます。

また、実印を契約の際に用いるには、実印だけでなく、自治体が発行している印鑑登録証明書が併せて必要です。

印鑑登録証明書は紛失届が提出されると、発行できなくなるので、もしも誰かが悪用しようとしても、なりすましなどの犯罪を防げます。

これ以降の手続きには、提出物やお金が必要になり、時間と手間がかかります。

そのため、全ての手続きの準備ができてから、紛失届を提出しようと思う方もいます。

しかし、実印の悪用を避けるためにこの手続きだけは後回しにしてはいけません。

 

*改印手続き

改印手続きは新しい実印を使う際に必要な手続きです。

この改印届を提出することで、紛失した実印の効力が完全に無くなります。

ですので、ここまでの手続きは速やかに行う必要があります。

実印として使う新しい印鑑を登録する際に、数点の必要書類があります。

以下に主な必要書類をまとめました。

 

・再登録手数料

・印鑑登録カード

・本人であることを確認できる書類のコピー

・委任状や委任者の本人確認書類(本人以外の場合)

 

手数料は市町村によって様々ですが、約500~1000円ほどです。

改定手続きを行う際には、必要書類と手数料を自治体のホームページで確認しましょう。

 

*警察に紛失届・盗難届

警察に届けることで、万が一悪用された場合に、警察が対応してくれるようになります。

手続きの際、紛失届もしくは盗難届を記入します。

また、警察に届けることで稀に実印が戻ってくることもあります。

紛失届を実印登録を行った役場に届けた時点で印鑑登録証明書は発行できませんが、実印のみでも悪用される可能性はあります。

万が一の場合に備えて、警察にも届けましょう。

 

*関係者に連絡

被害の拡大を防ぐために実印を紛失してしまったことを会社、家族、友人に伝えましょう。

実印が盗まれたのであれば、悪意のある人が会社や友人、あなたになりすまして、騙そうとするかもしれません。

あなたが実印を紛失し困っている状況を彼らが知っていれば、悪意のある人が騙そうとしても、疑えます。

 

*実印が戻ってきた場合

警察に届けた場合、誰かが届けてくれて実印が自分の元に戻ってくるケースが稀にあります。

しかし、それをもう一度使用することは極めて危険です。

もしも悪用する意思がある者に渡っていた場合、その実印がコピーされていて、今後その実印をあなたが使う場合、悪用されるかもしれないからです。

使用することは大きなリスクを伴うので、控えましょう。

また、認印として使う際にもリスクが伴いますし、認印として使用するにしても新しい実印と見分けられなくなってしまうことが考えられます。

再利用したい気持ちは分かりますが、今後のリスクと手間を考えると、戻ってきたとしても処分するべきです。

また、処分する際にも気をつける必要があります。

そのまま捨ててしまうと、悪用される可能性があります。

そのため、カッターなどで名前の部分を識別不可能になるまで削ってから捨てるべきです。

 

ここまで実印を紛失したときの対策をご紹介しましたが、銀行印を紛失したときはどのような対策をすれば良いのでしょう。

銀行印を紛失した際はまずそれ以外の紛失物を確認しましょう。

例えば口座の通帳や証書、キャッシュカードなどが手元にあるかどうか確認してください。

もし銀行印だけでなくこれらのものが紛失している場合は、紛失の手続きを行いましょう。

 

次に銀行印を新しく用意する段階に入ります。

銀行印を紛失したことを伝えた際、口座での取引が停止されますが再度使う場合は再び印鑑登録をする必要があります。

その際には顔写真付きの本人確認書類と通帳、新しい銀行の印鑑を用意して手続きを行いましょう。

 

もし銀行印が見つかった場合は連絡してください。

この際、口座が停止されていれば取引できないので、見つかった場合は紛失の設定を解除しましょう。

ただ銀行印が見つかったからと言って全て解決するとは限らないので注意してください。

 

またキャッシュカードにも気を付けましょう。

「銀行印がなくなってもキャッシュカードが使える」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、その考えは危険です。

もし銀行印と本人確認書類が盗まれると口座を空にされる可能性もあります。

ですので銀行印か通帳、キャッシュカードのうちのどれか1つでも紛失した場合は必ず手続きを行うようにしてください。

 

このように銀行印がなければあなたの資産が悪用される可能性もあるのです。

紛失しないことが一番大事ですが、万が一紛失してしまった場合は上記のことを意識して対策するようにしてください。

 

□まとめ

今回は、実印を紛失したときのリスクと対処法を解説しました。

実印を紛失してしまうことは、一大事になりかねません。

実印を紛失してしまった際には、紹介した手続きを速やかに行っていただくことをおすすめします。

当印鑑市場サイトでは、十年以上の経験をつんだ熟練彫刻職人だけが手仕上げで印鑑を作成しておりますので、新しい印鑑が必要な場合は、ぜひ当印鑑市場サイトをご利用ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑