通常 10:00~
(土日祝日除く)

電話お問い合わせは、
以下のような場合におすすめです。

  • ・注文方法がわかりにくい。
  • ・書体や大きさの選び方が
    わからない。
  • ・納期についての確認。

※時間帯によって電話が繋がりにくい場合がございます。
その場合、メールもしくは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > 印鑑の相場について

印鑑の相場について よくわからない印鑑の価格、値段が不明な印鑑の「相場」についてご説明をさせていただきます。

印鑑の相場とは
印鑑の相場は2000年前後に第一次変動、2010年前後に第二次変動が起こったといえるでしょう。
第一次変動では、それまで実店舗(いわゆる昔ながらの印鑑店)で販売されていたものが、インターネットを通じて通販で多く売られるようになってきました。それにより競争が激化し価格は下がりました。
そして、第二次変動では、印鑑ネット通販の競争が熾烈になったことから、ネット通販店の中でも激安店が大量に出現しました。
その中には海外の業者も含まれ、印鑑作成の知識や経験もほとんどないのに、パソコンと彫刻機があれば、職人の手をほとんどかけずに、一見、印鑑として成り立ってしまうのが現状で、それを知らずにお客様が買ってしまっています。
そのような印鑑の何が悪いかと言うと、文字の作成から手をかけずに簡易に作り、仕上げもほとんどしないため、同じような印鑑が大量にできてしまうのです。偽造されやすい粗悪な印鑑とも言えるでしょう。
印鑑業界の近況
販売されている印鑑の品質が下がらずに、ネット販売というチャンネルが増えたことで競争が生まれ、自然の原理で価格が安くなった第一次変動は良いことだと思いますが、第二次変動は、印鑑の品質が下がって、価格も下がっているという変動です。
そして一番の問題は、その印鑑を購入されるお客様がその品質の違いに気づかずに買ってしまうということです。激安店では文字の作成はコンピューター任せ、彫刻はほぼ完全機械彫りと、同じ印鑑が何本もできる可能性のある危険な作成方式の印鑑店が多いです。
しかもそれを行うのは熟練職人ではありません。当店、印鑑市場ではそのような流れに一石を投じるという願いも込めて、文字はオプションで完全オリジナルとなる手書き文字で作成も可能とし、彫刻仕上げは10年以上の彫刻経験のある職人のみが行います。

印鑑の相場について

印鑑の価格相場

知らずに買ってしまっても印鑑は何本も作るものではないので、知るのが遅かった・・・・・そんなことにならないように印鑑の価格相場についてご説明をさせていただきます。

印鑑の価格相場詳細

良質印鑑の見極め方

印鑑は同品質と保証されているようなブランドの電化製品のようなものではありません。
同品質の製品であれば、当然価格で比較し安いお店で買うのが賢明ですが、印鑑は安ければ良いというものではりません。良質な印鑑の見極め方をご説明させていただきます。

良質印鑑の見極め方詳細

近年の流行

2000年以降くらいから印鑑の素材、印材もどんどん新しい商品が販売されておりますが、未だ定番といわれる黒水牛や象牙などを脅かす存在ではありません。
そのような印材の流行の観点と近年粗悪になりつつある印鑑の作成方式の流行の観点から印鑑の流行りを解説します。

近年の流行詳細

ご注意ください

印鑑の相場はその他の商品の価格相場と同じく、時代の経過に伴い変化する性質のものです。記載内容はあくまで記載当時の私見となります。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場では少々価格は高くなりますが、文字の作成からオプションで手書き文字でも作成可能で、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

2016年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031