通常 10:00~
(土日祝日除く)

電話お問い合わせは、
以下のような場合におすすめです。

  • ・注文方法がわかりにくい。
  • ・書体や大きさの選び方が
    わからない。
  • ・納期についての確認。

※時間帯によって電話が繋がりにくい場合がございます。
その場合、メールもしくは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

熟年の職人が作り続けて27年

近年の流行印鑑に関する最近のトレンドについて

全体的なトレンド

新素材の登場

琥珀や彩樺、楓、智頭杉等が新素材となりますが、ほとんどの新素材が元々は印鑑の材料としては、不向きでしたが、樹脂などを用いての加工技術の発達により、印鑑に適した素材となりました。これからも純粋な自然の材料は環境保護の観点からも出現しにくいでしょうし、このような加工印材が増えると思います。

お客様からの人気トレンド

人気の素材

琥珀やパールグラスなどのカラフルな印鑑は女性の方に人気です。
男性の方ではやはり印鑑の王様である象牙が定番で人気ですが、彩樺のブラックも見た目も漆黒でクールなイメージなので、人気の印材です。
しかしながら、当店が本格的な印鑑店であるからか、新素材よりもやはり水牛、象牙等の昔からの印鑑らしい定番商品も非常に人気です。

人気のサイズ

一昔前は女性は小さめ、男性は大きめと、実印でいえば女性は13.5mm、男性は18.0mm等のサイズが主流でした。しかし近年の益々進む男女のあらゆる差がなくなってくるに従い、印鑑も同じようにサイズを大きく分けるという傾向は少なくなってきました。

今後の注目

新印材について
素材では、チタン印鑑が人気です。
しかし印鑑市場ではチタン印鑑は現在のところ販売しておりません。
その理由はチタンは素材として硬すぎるため、彫刻刀が入らず、手彫り仕上げができないからです。
彫刻方法では激安大量販売店のほぼ完全機械彫りが主流ですが、そのような同じ印鑑ばかり出来上がる方法は近い将来、大問題となると思います。
印鑑市場ではその風潮を止めたい思いから、更なるオリジナル文字、お客様にとって唯一無二の印鑑となるように、文字の作成から手書き文字で行うオプションもございます。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場では少々価格は高くなりますが、文字の作成からオプションで手書き文字でも作成可能で、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

2016年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031