熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑販売について > 印鑑が売っている場所を知りたい方へ!詳しく解説!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑が売っている場所を知りたい方へ!詳しく解説!

2022.6.15カテゴリー:印鑑販売について

この記事をご覧の皆さんは
「印鑑ってどこに売っているのだろう」「印鑑を購入する際の注意点について詳しく知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は印鑑の売っている場所と、購入時の注意点について解説します。

 

□印鑑を売ってる場所をご紹介!

認印に使うような三文判やシャチハタなら色々な場所で売っているので、急に必要になった際にも安心です。
ここではハンコ屋さん以外で印鑑を売っている場所をいくつかご紹介します。

1つ目は100円ショップです。
身近な100円ショップにも印鑑は売っています。
簡易版だけでなく、朱肉を付けて押すタイプのものもあるのでどちらか必要になった場合に便利です。

ただ比較的小規模の100円ショップには売っていない可能性もあります。
購入するなら大規模の100円ショップから探しましょう。

2つ目はスーパーや百貨店です。
スーパーや百貨店の文具コーナーで印鑑を見かけた方も多いのではないでしょうか。
大型のスーパーだけでなく小規模の所でも印鑑を置いている場合が多いです。
コンビニでは販売されていない点に注意してください。

3つ目はホームセンターです。
色々な商品が売られているホームセンターですが、ここでも印鑑は販売されています。
レジやサービスカウンターの近くに置いている可能性が高いです。

4つ目は文房具店です。
文房具店だけでなく、書店の文具コーナーにも置いている場合があります。
本を買うついでに印鑑も購入できるので便利ですね。

以上が印鑑を売っている場所についてでした。
どの店にもあるわけではないので、事前に問い合わせてみるのも良いかもしれません。

 

□印鑑を購入する前に考えるべき内容をご紹介!

次に印鑑を購入するときにこだわるポイントについて解説します。

1つ目は素材です。
印鑑はどの素材から作られているかによって耐久性が全然違います。
耐久性の高い素材で作られたものだと高価かもしれませんが、長く使えるでしょう。

認印の場合は実印や銀行印と違って使用頻度がかなり高いです。
できれば上質な素材のものを購入した方が、費用対効果の面でもメリットがあります。
いつまで認印を使うかよく考えてから購入することをおすすめします。

2つ目は手彫りか機械彫りかです。
素材が決まったら手彫りのものか機械彫りのものかを決めましょう。
手彫りのものは人の手で1つ1つ彫刻されており、機械彫りのものはコンピューターがデザインを読み取った後に、そのデザインに沿ってレーザーなどで彫刻されています。
機械だと悪用されやすいという心配もあると思いますが、自分だけのデザインのものを選べばあまり心配しなくても大丈夫です。

また、手彫りには完全手彫りと手彫り仕上げの2種類があります。
完全手彫りの場合は最初から最後まで全て手で彫られており、手彫り仕上げは機械で大まかに削り、仕上げに手彫りします。
もちろん、完全手彫りの方は人の手のみで作業されるので時間がかかり、その分価格も高額になりやすいです。
手彫り仕上げの場合は完全手彫りほど高額にならないようです。

3つ目は印面の内容です。
印面に刻む文字は名前のみ、名字のみ、フルネームの3種類があります。
ご存知の通り、最も一般的なのは名字のみです。
フルネームや名前のみのものは実印や銀行印などに用いられることが多く、認印の場合はそれらと区別するためにあえて名字のみの場合が多いのです。

4つ目は印面のサイズです。
こちらは好みに応じて選んでいただいても良いですが、手のサイズによって持ちやすい大きさのものを選ぶことをおすすめします。
男性と女性では持ちやすい大きさのサイズが異なるので、事前に確認しておきましょう。

5つ目は書体です。
こちらもお好みですが、おすすめは古印体や隷書体です。
というのも、認印を押すシーンを考えると、可読性が高く文字の崩れる心配が少ないシンプルな書体の方が適切だからです。
色々な種類があるので、好みに応じてお選びくださいね。

 

□銀行印はどこに売ってるの?

次に銀行印が売っている場所について解説します。
上記でご紹介した認印と似通っていますが、銀行印も今では色々な場所で購入できます。
具体的にはハンコ屋さんや通販サイト、カタログ販売、大きめのスーパー、ホームセンター、文具店、100円ショップなどです。

最近はATMやネットバンキングなどで済ませるので、銀行印の使用頻度は低くなっています。
安価なものでも十分という方は手軽に購入できる場所で買っても良いでしょう。

銀行印は使用頻度が少ないということで認印と兼用で使用している方も多いようです。
もちろん認印と銀行印を一緒の印鑑にすることは禁止されてはいませんが、危険性を考えると分けて使用した方が良いでしょう。
例えば銀行印を紛失した際に届け出に印鑑を押す必要がありますが、兼用だとその時に使う印鑑がなくなってしまいます。
盗難や災害など、もしもの場合に備えて、銀行印と認印は別で用意することをおすすめします。

 

□はんこを使用する際の注意点を解説!

押印には許可や承諾という意味合いを含んでいるので、押印しただけでトラブルになることも少なくありません。
ここでは、はんこを使用する際に注意するべきことについて解説します。
押印が日常的になっていますが、今一度注意点をしっかり確認しておきましょう。

1つ目ははんこを貸し借りしないことです。
悪用防止のため、家族や親しい友達間でも貸し借りするのは避けましょう。
身内であれば信用できると思うかもしれませんが、預けた相手がだまされたり盗まれたりするケースも起こり得ます。

大切な人だからこそ、自分が預けたせいでトラブルに巻き込まれたという事態は避けたいですよね。
たとえ信頼できる相手であっても、はんこを貸し借りするのは避けましょう。

2つ目は捨印を押さないことです。
捨印とは契約書や重要な文書を作成する際に内容を訂正するときの証明としてあらかじめ押しておくものです。
間違えたところを修正するときに証明できる役割となり、文書の欄外に押しておくことで「間違えた場合はこのはんこを訂正印として使用する」と意思表示できます。

しかしこの捨印は押す場所が明確に決められていないので、悪用される可能性があります。
もし自分が知らない修正が書き込まれたら、法的に認めたということになるので不利な条件でも認めなくてはならないのです。
このような事態にならないよう、捨印そのものを押すことはおすすめしていません。

3つ目は中身をしっかり読んでから押印することです。
当たり前のことですが、納得してから押すということをできていない人も多いです。
例えば、白紙委任状という契約書の作成をする際に、第三者の代理人にゆだねることを証明する公式文書に押印するときは特に注意してください。
この文書は一部が未完成なので、安易に押印してしまうと、後から書き換えられたとしても認めたと証明することになります。

また、保証人が押印するときも慎重に行いましょう。
連帯保証人を依頼された場合、押印1つで責任者となってしまうので、もしその依頼者がいなくなった場合は全て責任を負うことになります。
信頼できる相手だとしても後々のことをよく考えて押印してください。

 

□まとめ

この記事では、印鑑を売っている場所について解説しました。
印鑑は100円ショップやスーパー、百貨店にて販売されていることが多いです。
この記事を印鑑を購入する際の参考にしていただけると幸いです。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑