熟練の職人が作り続けて36年 印鑑市場グループ ネット通販でも20周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑の価格について > 実印選びで「値段が安い」だけではダメ?品質と価格のバランスの重要性

印鑑市場 店長ブログ

実印選びで「値段が安い」だけではダメ?品質と価格のバランスの重要性

2022.7.15カテゴリー:印鑑の価格について

この記事をご覧の皆さんは
「印鑑を安く作成するにはどうすれば良いのだろう」「安い印鑑を使用しても大丈夫なのかな」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで今回は、印鑑を安く作成する方法や実印の選び方などについて解説します。

 

□安い印鑑を即日で作成する方法を解説!

 

「急に印鑑が必要になった」「できるだけ早く、安く手に入れたい」
このようなときのために、すぐに印鑑を作る方法を事前に知っておきましょう。
ここでは印鑑を即日で作成する方法などについて解説します。

 

印鑑を即日作成する方法としては実店舗で購入する方法があり、職場近くなどにある可能性が高いです。
しかし実店舗で安い印鑑を作成することには以下のような問題点があります。

 

・値段が高い可能性がある
・都心部に多く存在しており、地方にはない可能性がある
・夜遅くには作れない可能性がある
・当日作成に対応していない可能性がある

 

このような問題点があることを把握したうえで、即日作成を検討しましょう。

 

□印鑑は店舗より通販サイトをおすすめする理由とは?

 

上記でご紹介した理由から、印鑑は基本的に店舗よりも通販サイトで購入することをおすすめしています。
店舗と比べて通販サイトには以下のようなメリットがあります。

 

・値段が比較的安い
・注文してから手元に届くまでが早い
・書体やサイズ、デザインなどの種類が豊富にある

 

ここからは1つずつ詳しく解説していきます。

 

1つ目は店舗と違って値段が安いことです。
実際の通販サイトと店舗を印鑑の種類ごとに比較してみましょう。
薩摩本柘は店舗で購入すると5215円、通販サイトだと3280円です。
黒水牛は通販サイトは4280円、店舗は7490円、ブラストチタンは通販サイトは8800円、店舗は11000円です。

 

ここからも分かるように、どの素材でも店舗の印鑑よりも通販サイトの方が安いです。
加えて、通販サイトの場合は5000円以上の購入で送料が無料になることもあるので送料の心配をする必要はありません。

 

2つ目は即日発送が可能なことです。
通販サイトの印鑑は値段が安いだけでなく発送が早いことも特徴の1つです。
とある通販サイトでは、北海道から沖縄までの距離だとしても注文の翌々日中には印鑑が届くそうです。
急いで印鑑を購入したい場合に非常におすすめと言えるでしょう。

 

3つ目は書体やサイズ、デザインが可愛いものまで、商品の種類が豊富なことです。
たとえ安い印鑑だったとしても見た目や書体にはこだわりたいという方も多いでしょう。

 

通販サイトでは水牛やおしゃれな見た目の琥珀、ラピスラズリなど様々な素材のものが集まっています。
認印を購入するのならシャチハタも選択肢の中に含められるでしょう。

 

最近は女性向けのデザインや印材、また豊富なサイズや書体などもあるのでお好きなものから選べます。
通販サイトでお気に入りの印鑑を作成してみませんか。

 

□激安の安物はんこの実印は大丈夫なの?

 

ここまで安い印鑑のことや購入場所などについて解説してきましたが、本当に激安の印鑑でも大丈夫なのかと疑われる方もいらっしゃるでしょう。
ここで解説する内容を参考にして購入を検討してください。

 

安い印鑑の中で実印として使用できないもの、またはおすすめできないものはシャチハタと三文判です。
シャチハタとはスタンプ式の印鑑のことで、手軽で安く認印として便利に使えますが、印鑑登録には使えないことを念頭においてください。


また三文判という大量生産された100均などに置いている印鑑も印鑑登録できないようになっているので注意しましょう。

 

次に安いハンコを作成するコツについて解説します。


1つ目は小さいサイズの実印を作成することです。
印鑑はサイズが小さいほど値段が安いという傾向があります。
ただサイズにも指定の範囲があり、8mmから25mmの間で作成する必要があります。

男女別でみると、男性が15mmから18mm、女性が13.5mmから15mmのサイズがおすすめです。

 

2つ目は書体を確認することです。
書体は機械、または手彫りで作成します。
手彫りより機械彫りの方が値段は低いので、とにかく安価に購入したい場合は機械彫りがおすすめです。
安価に手彫りの印鑑を購入したい場合は手彫りの中でも手仕上げのものを選ぶと良いでしょう。

 

手仕上げとはデザインや仕上げに少し作業を加えるもので、完全手彫りとは異なります。
機械彫りと手仕上げの両方の良さを兼ね備えているというメリットがありますね。

 

3つ目はセットで購入することです。
印鑑はセットで作ると1つあたりの値段が安くなるという特徴があります。
もし銀行印や認印を持っていないなら、実印とセットで作成するという手もあります。


例えばとある販売店では、9300円の実印でも銀行印とセットで購入することで15230円と2000円近くお得に購入できます。

 

また実印と銀行印、認印3つをセットで購入する場合も19613円で単品で購入したよりも4000円近く安くなっています。
銀行印や認印が必要な方はぜひセットで作成してみてください。

 

□実印の選び方を解説!

 

次に印材から実印を選ぶ方法について解説します。

 

*角系

角系には4つの種類があり、耐久性が高く価格も高すぎないという特徴があります。
黒水牛やオランダ水牛、象牙、マンモスなどの種類があります。

 

1つ目は、黒水牛です。
黒水牛とは水牛の角から作られており、特有の艶が高級感を醸し出します。
その高級な雰囲気から会社で活躍する社会人の方におすすめです。

 

2つ目はオランダ水牛です。
透明感があり優しさを感じさせる天然の模様が特徴です。
エレガントで耐久性もあり、また同じ模様が存在しないので世界で1つだけの特別なはんこを作れます。

 

3つ目は象牙です。
これは希少性が高く最高級の印材です。
また朱肉が馴染みやすいという特徴があるので使えば使うほど味が出てきます。

 

4つ目はマンモスです。
乳白色の色をしており、希少性がかなり高い印材です。
マンモスは氷河時代に生きていた動物なので、9000年から3万年以上の壮大な歴史を感じさせてくれます。
目が細かいので捺印の性能も高いです。

 

*植物系

 

全体的に角系よりも安価に済ませられるという特徴があります。

 

1つ目は薩摩本柘です。
これは実印としてもかなり定番の物で、その美しさとナチュラル感から多くの方に利用いただいています。

 

2つ目は彩樺です。
これは真樺とフェノールレンジという素材を結合させて天然に近い素材にしたものです。
耐久性に優れているという特徴があります。

 

3つ目は黒檀です。
油分を含んでいない木材で、乾燥性があり虫に食われにくいという特徴があります。
半永久的な耐久性を有するので、長持ちさせたい方におすすめです。

 

*金属や樹脂系

 

これらの素材は見た目が美しいので、見た目のきれいさを重視したい方にお勧めします。
種類は有名なチタンや琥珀などがあり、お好みに応じて選べます。

 

*白檀

 

お香でも人気のある素材です。
押印するたびに良い香りがするので、香りにこだわりたい方におすすめです。

 

以上が印鑑の種類ごとの選び方についてでした。
選ぶ際は耐久性と印影の明確さ、縁起の良さなどを意識すると良いでしょう。

 

□実印の実際の購入価格は?口コミから学ぶ

 

実印の購入価格は、その重要性と個人の価値観によって大きく異なります。
多くの人にとって実印は、単なる印章以上の意味を持つ一生物です。
口コミから見ると、一般的な価格帯は1万円から3万円。
この範囲内で購入される方が多いことが分かります。

 

1:実印の価格の多様性

 

実印は個人のアイデンティティを象徴するものであり、価格には個々の価値観が反映されます。
たとえば、成人祝いや就職祝いとして1万円程度の印鑑を贈る家庭もあれば、3万円を超える高価な印鑑を選ぶ方もいます。
これは、実印が持つ「一生もの」という価値観に基づいていることが多いです。

 

2:価格と機能性のバランス

 

実印の価格帯は広く、安価なものから高価なものまでさまざまです。
学生時代に3,500円で購入した印鑑を使い続ける人もいれば、金運に影響すると考えて3万円以上の印鑑を選ぶ人もいます。
価格と機能性を考慮し、自分にとって最適な実印を選ぶことが重要です。

 

3:一生物としての実印

 

多くの人は実印を一生物と捉えています。
この視点からは、少し高価でも納得できる質の高い印鑑を選ぶ傾向にあります。
逆に、「あまり使わないから」という理由で5000円程度の印鑑を選ぶ人もいますが、実印は個人の印象を左右する重要なアイテムであることを忘れてはなりません。

 

実印の購入価格は、単に金額の問題ではなく、個人のライフスタイルや価値観を映し出すものです。
消費者の口コミを参考にしながら、自分に合った印鑑を選ぶことが大切です。
それは、自己表現の一環であり、長い間大切に使い続ける価値のある投資といえるでしょう。

 

□実印価格の決定要素とは?素材から購入先まで

 

実印の価格は、その素材、サイズ、彫り方、購入先によって大きく異なります。
ここでは、それぞれの要素が価格にどのように影響を及ぼすのかを詳しく解説し、適切な実印選びのためのポイントをご紹介します。

 

1:素材

 

実印を選ぶ際、最も影響を与えるのが印材の素材です。
例えば、木材である「柘」は耐久性が高く、朱肉のノリも良いため、約4,149円の値段相場で人気です。


一方で、象牙は最高級素材として知られ、耐久性や美しい印影で約21,736円という価格帯が設定されています。
素材によって価格が大きく異なるため、予算と好みに応じた選択が重要です。

 

2:サイズ

 

実印のサイズも価格に影響を与えます。
一般的に、男性用は15.0mm~18.0mm、女性用は13.5mm~15.0mmが推奨されています。


名前の文字数が多い場合、大きなサイズを選ぶ必要があり、それに伴い価格も上昇します。
サイズ選びは、手の大きさや彫る名前の長さを考慮して行うことが重要です。

 

3:彫り方

 

実印の彫り方には「機械彫り」と「手彫り」があり、この選択によっても価格は変動します。


機械彫りは手頃な価格で提供されることが多いですが、より独自性と質感を求める場合は、手彫りを選ぶのが良いでしょう。
手彫りは高価ですが、その分個性的な印影を得られます。

 

4:購入先

 

最後に、購入先によっても実印の価格は異なります。
店舗での購入は専門家のアドバイスを受けられるメリットがありますが、一般的にネット通販の方が価格は低めです。


ネット通販ではさまざまなオプションが提供され、価格競争も激しいため、よりお得に実印を手に入れられます。

 

実印選びは、単に価格だけではなく、素材やサイズ、彫り方、そして購入先といったさまざまな要素を総合的に考慮することが大切です。
自分にとって最適な実印を選ぶためには、これらのポイントを踏まえた上で、じっくりと検討することをお勧めします。

 

□値段が安いだけではダメ?実印選びの重要性と注意点

 

実印は、個人を証明する重要な道具です。
その価値と必要性を理解し、適切に選ぶことが不可欠です。
本文では、実印の役割と選択時の重要なポイントについて深く掘り下げます。

 

1:実印の法的な役割

 

実印は単なる印鑑ではありません。
法律上の手続きにおいて、本人確認の証明として機能します。


家や車のローン、不動産契約、遺産相続など、多岐にわたる場面で使用され、個人の意志を公式に示すための重要な役割を果たします。
そのため、実印を選ぶ際は、その法的重要性を十分に理解することが大切です。

 

2:実印の登録と法的効力

 

実印は、役場での登録が必須です。
この登録を通じて、実印は法的効力を持ちます。
この点が、認印や銀行印との大きな違いです。


登録された実印は、法的文書における本人の意思表示として認められ、重要な取引においてその信頼性が保証されます。

 

3:品質と価値を見極める

 

実印を選ぶ際には、単に価格の安さに惑わされることなく、品質や素材、サイズなどを総合的に考慮する必要があります。
実印は長期間にわたって使用されるものであり、耐久性や印影の鮮明さも重要な要素です。


また、実印は個人の象徴ともいえるため、自分にとって価値ある1本を選ぶことが推奨されます。

 

*個人の証明ツールとしての重要性

 

実印は、個人を代表する重要なツールです。
そのため、選択には慎重さが求められます。
適切な実印を選ぶことは、自己の責任を果たすと同時に、法的な手続きをスムーズに進めるためにも重要です。

 

*値段相場と質のバランス

 

実印の価格は、素材やデザイン、サイズなど多くの要素によって決まります。
高品質な実印はその価値に見合った価格が設定されています。
相場を理解し、質と価格のバランスを考慮した上で、適切な実印を選択することが肝心です。

 

実印選びは、単なる買い物以上の意味を持ちます。
個人の法的な立場を証明する重要な道具として、その選択には深い洞察と理解が必要です。


実印の重要性を理解し、適切な1本を選ぶことで、法的手続きの信頼性とスムーズさを保証しましょう。

 

□まとめ

この記事では、印鑑を安く作成する方法について解説しました。
安い印鑑を即日で作成したいときは通販サイトがおすすめです。
この記事を印鑑を作成する際の参考にしていただけると幸いです。

 

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。