熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 絵を描かれる方必見!! 作品の魅力を高める落款印とは!!

印鑑市場 店長ブログ

絵を描かれる方必見!! 作品の魅力を高める落款印とは!!

2017.9.15カテゴリー:印鑑について

皆さんは落款印についてご存知ですか?
きっと誰もが一度は見たことがあるでしょう。
落款印とは、書道や日本画の作品に捺される朱色の印鑑の事です。
「作品を完成させたこと」、「落款印を捺した人の作品であること」の2つの意味が落款印で示すことができます。
それだけでなく、落款印を捺すことで作風が引き締まり、趣のある風雅が生み出されるのです。

「絵は描くけど、日本画とかは描かないかなぁ」
このような方もいらっしゃいますよね。
落款印は日本画などにしか使えないわけではありません。

最近では絵葉書や年賀状などに使われることもあるそうです。
それらは遊印と呼ばれ、自由に楽しめる印鑑として使われています。
このように落款印は、その人の性格や品格を示すのに最適な印鑑です。
これを読んで、落款印に興味が出てきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、その方々に向けて、落款印の始め方をお伝えします。
落款印であなたの世界を広げませんか?

落款印の種類について


先程、趣味の印鑑とお伝えしましたが、落款印には決まりがあります。
捺す場所によってその呼び方なども変わる為、間違った使い方をしないようにしましょう。
落款印は捺す場所によって、その名前が変わります。

・引首印
・姓名印
・雅号印
・遊印
それぞれを詳しく説明していきます。

引首印


引首印とは、作品の右上に捺した落款印の事です。
引首印は、作品の「初めのしるし」として捺され、官房印とも呼ばれることもあります。

形としては、縦に長い長方形や楕円が用いられることが多いです。
彫る文字としては、座右の銘や祝い言葉など、好きな言葉を彫って構いません。
そのような言葉を彫った落款印の事を「成語印」というそうです。
成語としては、以下のような言葉があります。

・閑雅
・従心
・高志
・自在天
・心如水
・行雲流水
・風化雪月

それぞれの意味は以下の通りです。

・閑雅
静かでおしとやかなこと
・従心
心のままに行動すること
・高志
志を敬う心のこと
・自在天
何にも縛られない心境のこと
・心如水
心が清らかで固執しないこと
・行雲流水
雲や水の様に、時の流れなどに従って行動すること
・風化雪月
四季の美しい風景のこと

これらの他にも様々な成語があります。
自分の心境にふさわしい成語を見つけてみたり、作ってみたりしてはいかがでしょうか。
作品に引首印を捺すことで、その言葉を強く胸に刻むことができます。

落款印を捺すことで、作品の雰囲気だけでなく、自分の気持ちをも引き締めることができるでしょう。
自分の好きな言葉で、引首印を作ってみてはいかがでしょうか。

姓名印


作品の最後に捺す落款印のことです。
姓名印は「指名印」とも呼ばれることがあります。
その名の通り、姓名印には作者の本名を彫るのです。
そうすることで、この作品を書いた作者を示すことができます。
姓名印を作って、親しい間柄の人と絵葉書などを送りあってみてはいかがでしょうか。

雅号印


雅号印も作品の最後に捺す落款印の事です。
雅号印は誰でも使うわけでなく、雅号を持っている作家さんが使います。

姓名印と同じ場所に捺すように思えますが、捺す場所はしっかりと決められているのです。
上に姓名印、下に雅号印を捺すのが決まりになっています。
一般の方は雅号を持っていませんが、これを機に雅号を作ってみてはいかがでしょうか。
青春時代の感性で落款印を作ってみれば、新鮮な気分を味わえるかもしれませんよ。

遊印


遊印は今までの3つと違って、捺す場所は決まっていません。
作品を飾る程度に自由に捺すことができるのです。
引首印と同様、好きな言葉を彫ることができます。

冒頭にもお伝えしたように、このような特徴を持つ印鑑は、作品の魅力を引き上げますよ。
遊印が一つでもあれば、今までの生活に新しい楽しみが増えることでしょう。
遊印を作って、絵葉書などを始めてみてはいかがですか。

印影の色について


印影の色には、2種類あります。
それぞれ印影に移す文字の色が名前に成っているため、混合することが無いようにしましょう。

1つ目、白文印


赤のベースに文字が深く掘られる印面が白文とされます。
文字を周りよりも深く掘ることで白文印ができるのです。
姓名印は基本的に白文で作られます。
手間をあまりかけずに作れるため、一度試されてみてはいかがでしょうか。

2つ目、朱文印


白のベースに赤い文字が捺される印面が朱文とされます。
文字の周りを深く掘ることで朱文印ができるのです。
姓名印に対し、雅号印は白文印が作られます。
手間はかかりますが、その分心地良い達成感を味わえるでしょう。
時間がある時に作ってみませんか。

まとめ


今回は、落款印についてご説明しました。
落款印の中にも多くの種類がありますが、一番手軽に始められるのは引首印と遊印でしょう。
どちらも印面の色に決まりはないため、手軽な白文印で作ることができます。
今回の記事を機に落款印を作ってみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。