熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 実印を作るときにおすすめの書体は?印相体の特徴について解説

印鑑市場 店長ブログ

実印を作るときにおすすめの書体は?印相体の特徴について解説

2018.12.5カテゴリー:印鑑について

「初めて実印を作るけれど、どんなことに気をつければよいのか分からない」
「実印にふさわしい、使うべき書体ってあるんだろうか」

実印を今から作ろうとしている方の中には、どのようなことを自分で決めて、実印を作るべきなのかが分からない方も多いと思います。
実印を作る際には、主に印鑑の材質や、書体を自分自身で決めて実印の作成を依頼します。

とはいえ、実際に実印を作るとなると、どのようなことに気をつけて作成手続きを進めればよいか分からないですよね。
この記事では、主に実印にふさわしい書体に関して、他の書体と比較しながら解説していきたいと思います。

□実印の用途


実印に適した書体の説明に入る前に、実印がどのような用途で用いられるのかについて軽く説明しておきたいと思います。
実印とは、自分が戸籍に登録してある名前を刻印し、役所にて登録された印鑑のことを言います。
印鑑には、他にも色々な種類がありますが、実印はこれらの中で最も重要性が高く、個人の契約や権利義務の発生に関わることが多い印鑑です。

一方で、例えば認印であれば、実印とは異なり印鑑の登録は必要なく、宅配便の受け取りの際など、日常生活において手軽に利用することができる印鑑となっています。
また、銀行印であれば金融機関での口座開設時や、保険の契約を行う時に捺印するものです。
銀行印も、実印と同様に登録が必要であるという点に注意しましょう。

しかし、実印はむやみやたらと使用することは避け、本当に大事な書類にのみ捺印するべき印鑑です。
ここからは、実印を用いるべき具体的なタイミングについて以下に列挙します。

*公正証書を作成するとき
公正証書とは、公証人が役場で作成した、法律行為についての証書です。
遺言書を作る時、お金の貸し借りを行った時など、当事者が公証役場に行って作成します。
ある権利関係について、当事者の間で合意を結び、文書を公的に記録しておきたい場合に利用されます。
この公正証書を作成する際に実印が必要となります。

*高額の取引を行うとき
大きなお金のやりとりを行う際には、実印を用いて契約をすることが多いです。
具体的には、マンションや一戸建て住宅などの不動産取引をするとき、住宅ローンの契約を結ぶときや、自動車を購入・売却するときなどが挙げられます。

□実印におすすめの書体


ここからは、実印に用いるべき書体について解説します。
結論から述べると、実印に使用するべき書体は印相体です。
印相体とは、吉相体という呼び名もあり、文字の形が複雑なものになっており、非常に読みにくくなっています。
以下で紹介する篆書体から派生した書体で、文字と文字、もしくは文字と印鑑の外側の円をくっつけることで、縁起の良さを示す書体となっています。
上記のように、個人が生活の中で行う取引のうち、非常に重要なものに実印は用いられることがほとんどです。
そのため、実印が簡単に偽造されてしまうと、すぐに自分になりすまして取引が行われ、自分や取引相手に多大な損害をもたらすことも考えられます。
社会における取引の信用や、個人の財産を守るためにも、実印は簡単に偽造されてはなりません。

したがって、実印を作成するとき、その書体には読みにくく、可読性が低いものが用いられることが多くなっています。
このような理由から、実印は印相体で作ることを弊社ではおすすめしています。

□他の印鑑の書体


ここからは、吉相体以外の書体についても説明したいと思います。

*篆書体
印相体と同じように、可読性の低さが特徴で、銀行員や個人の実印として用いられることが多いです。
歴史が古く、日本最古の印鑑といわれている国宝の文字にもこの書体が使用されています。
他にも、パスポートの日本国旅券の文字もこの書体で印刷されています。
また、印鑑だけでなく、書道でもこの書体が使われることもあります。

*隷書体
篆書体を簡略化し、読みやすくしたものがこの書体です。
実印よりも、認印として作成する際に用いることが多くなっています。
印相体や隷書体には曲線が多く入っている傍ら、隷書体は直線的な形状が特徴で、非常に読みやすいものとなっています。

*古印体
隷書体から派生し、日本で独自に生まれた書体が古印体です。
この書体も、隷書体と同じように、読みやすさが特徴であるため、認印を作る際に頻繁に用いられます。
線と線が交わる部分が太くなっていることや、線の太さに強弱があることが大きな特徴です。

□まとめ


様々な用途に用いるためのバラエティーに富んだ印鑑が存在しており、それぞれの用途に合わせて、印鑑の書体が使い分けられていることが分かっていただけたと思います。
弊社では、実印はもちろん、認印や銀行印など、様々な種類の印鑑の作成を承っております。
また、Web上でのお申し込みも受け付けておりますので、お気軽にご利用いただけます。
印鑑の作成に関して、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑