熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 学生の方必見!意外と知らない印鑑の種類と用途ごとの違い~認印編~

印鑑市場 店長ブログ

学生の方必見!意外と知らない印鑑の種類と用途ごとの違い~認印編~

2017.4.26カテゴリー:印鑑について

学生の皆さん、こんにちは!

前回は、意外と知らない印鑑の種類として、

「銀行印」についてお伝えしました。

今回は、印鑑の中でも最も皆さんに馴染みのある、

「認印」についてお話しします。

前回までに紹介した、

他の種類との違いにも触れながら説明していきますので

これが初めてだという方もご安心ください。



「認印」とは?




市町村への登録が必要であった「実印」や、

銀行への届によってできる「銀行印」と違って、

「認印」は何の登録も行っていない印鑑になります。

何の登録も行わなくていいがゆえの使いやすさはあるのですが、

その分印鑑としての信頼性が下がってくるのです。

どのように信頼性の面で他の印鑑と変わってくるのか、

「認印」の役割について見ていきましょう。



簡易的な印鑑




市町村等への登録を行わない「認印」は、

宅配や郵便などの受け取りで簡単に使うことができます。

その人の確認や承認の印としてサインのように使うことができる、

言わば簡易的な印鑑と言ったところです。

もともと欧米では印鑑と言ったものはなく、

全てがサインで済まされてしまうため、

印鑑はサインを表すものと言っていいでしょう。

それを場面毎に分類して、重要性を区別しているのです。



「認印」の証明能力




それでは「認印」の証明能力がどの程度のものかというと、

「認印」で可能とされている書類や契約に関しては、

もちろん本人承認済みの証拠として使うことができます。

それを「認印」では、他の人がなりすませる可能性があるということで、

「実印」や「銀行印」の使用を要求していることがあるのです。



たとえば、資金貸借の契約を「認印」だけで可能だとしてしまうと、

100均に売っている印鑑を持っていくだけで、

その人になりすませるということになります。

もちろんその他にも本人を証明するものが必要となるでしょうが、

少なくとも印鑑に関してはそれで本人と認められてしまうのです。

本人を証明するものとして、顔写真付きの身分証明書などが求められず、

印鑑とその証明だけでいいという場合もあります。

その場合には、もちろん「認印」ではなく、

「実印」の持参が求められると思いますが、

それは「実印」とその証明書が、本人を照合するのに、

十分な証拠能力を持っているということを表しており、

それは「認印」にとってかわることはできないですよね。

そういった意味で、「認印」の証明能力は低くなります。



「認印」としての「シャチハタ」




「認印」とは、印鑑登録がなされていない印鑑のことを指しますが、

そもそも「実印」になる基準をみたしていない「シャチハタ」も、

必然的に「認印」ということになります。

しかし、「シャチハタ」を「認印」とみなす場合には、

少し注意が必要です。



重要な場面での「認印」




契約の締結や文書内容の承認などの意味で、

書類の最後に印鑑を求められるケースというのはあると思います。

そのような場合、契約が大そうなものでなければ、

「シャチハタ」での押印が可能とされる場合が多いでしょう。

たとえば、アルバイトの雇用契約書などは、

学生の皆さんも書いたことがある方もいらっしゃると思いますが、

その際、印鑑に朱肉を用いるようにといった指摘はなく、

ほぼ100%「シャチハタ」での押印が可能だったと思います。

つまり、アルバイトの契約程度の内容であれば、

インクを使った「シャチハタ」でも問題ないのですが、

それよりも大きな契約や文書内容になった際は、

防犯性の面から朱肉を使った「認印」を使うのがおすすめです。



まとめ




いかがでしたでしょうか。

今回は、学生の皆さんが意外と知らない印鑑の種類として、

「認印」についてお伝えしてきました。

皆さんが良く持っておられる、もしくは普段お使いになられる、

「シャチハタ」も「認印」の一つですが、

ケースに入っていて朱肉をつけるタイプの「認印」とは、

また違ったものであるという認識を持っておくのがよいでしょう。

正しい知識を持って、適切な場面で適切な印鑑を使えるようにしたいですね。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。