熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑を作成される方必見!かわいい印鑑の作成方法を解説いたします

印鑑市場 店長ブログ

印鑑を作成される方必見!かわいい印鑑の作成方法を解説いたします

2021.9.19カテゴリー:印鑑について

印鑑の作成をお考えの方で、
「かわいい印鑑を作りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
こだわりを持って作成をすると愛着がわき、より長く愛用できるでしょう。

今回は、印鑑作成をお考えの方に向け、かわいい印鑑の作り方をご紹介します。
また、印鑑の素材や字体についてもご紹介します。

 

□かわいい印鑑の作り方をご紹介します!

かわいい印鑑に作成とは、具体的にどのように行ったら良いのでしょうか。
ここでは、印鑑作成で押さえおくべき2つのポイントについてご紹介します。

 

*字体こだわると個性が出せます

1点目にご紹介するポイントは、「字体」です。
字体にこだわることで、自分だけの特別なものに仕上がります。
銀行印の書体として、篆書体や印相体などが使用されることが一般的ですが、この2種類以外に、もっとかわいい字体も使用できます。

最近では、オリジナルのかわいい字体があるお店もあるため、字体こだわりたい方は、その点が反映できると良いでしょう。
また、銀行の条件によっては銀行印に絵柄を登録できることがあるため、各条件を把握しておきましょう。

 

*素材選びもこだわれます

銀行印に選びの際に、字体に加え、素材選びも楽しみの1つです。
数ある素材の中から選べるため、自分好みのこだわりの印鑑が作れます。
素材の種類に関しては、次の項目で詳しくご紹介します。

 

□印鑑の素材をご紹介します!

印鑑の素材は何から選んだらいいかわからないという方も少なくないでしょう。
そこで、ここでは、女性に人気のかわいい印鑑素材を3種類ご紹介します。

まず1つ目にご紹介するのは、オランダ水牛です。
オランダ水牛は、天然の素材が使われており、素材そのものが作り出す模様が特徴です。

使用される部位によって素材のランク付けが行われており、茶色の模様が少ないものほど高額です。
しかし、茶色の模様が入っている方を好まれる方もいるため、価格ではなく、好みの模様で選んでも良いでしょう。

また、見た目だけではなく、耐久性が高い点も魅力的です。
一度作成すれば、長期間使用できるため、耐久性も重視したい方におすすめの素材です。

2つ目にご紹介するのは、琥珀です。
琥珀は木の樹脂を使用していて、宝石のように透き通っている見た目が特徴です。
琥珀は華やかな印象を与える素材なため、特に女性に人気があります。

そのため、透明感やあたたかいイメージを好む方におすすめの素材です。

3つ目にご紹介するのは、水晶や天然石などのパワーストーンです。
パワーストーンは、開運効果が期待できることで知られていますが、印鑑の素材としても使用されています。
金運アップや恋愛運アップなど、好みに合わせて選ぶのも楽しめそうですね。

印鑑は大事な場面で使用することも多いため、パワーストーンの素材にすることで、運気上昇が期待できるかもしれません。

他にも、トレンドの素材などたくさんの種類があるので、チェックしてみるのも良いでしょう。

 

□印鑑の字体をご紹介します!

素材と同様、字体にもさまざまな種類があります。
種類が多くてなかなか選びづらいですよね。
ここでは、印鑑に使われている字体のタイプとおすすめの字体をいくつかご紹介します。

 

*印鑑に使われる字体について

印鑑に使われる字体には、大きく2つあるということをご存じでしょうか。
1つ目の字体は、中国で生まれた篆書体、行書体、楷書体などです。
これらの書体は、明治以降に制作された書体で、長い歴史があります。

2つ目の字体は、比較的新しく作られた、印相体、古印体などです。
これらは、印鑑用に制作された字体で、最も人気のある字体です。

 

*おすすめの字体について

いくつか字体の種類がありますが、ここではおすすめのものをいくつかご紹介します。
用途や好みに合わせて選んでいただけると良いでしょう。

まず、篆書体についてご紹介します。
篆書体は、印鑑の字体の中で最も歴史のある古い字体です。
左右対称で、馴染みのある現代の字体とは違った特徴的な印象です。

偽造されにくいなどという点から、法人印として使用されることも多く、日本のお札の字体にも使用されています。

つぎに、印相体についてご紹介します。
印相体は、篆書体をもとに印章用に作られた字体です。
印面いっぱいに文字が並ぶのが特徴的な字体です。
こちらも篆書体と同じく偽造しにくいという点から、実印の作成をする際などにおすすめの字体です。

さいごに、古印体についてご紹介します。
古印体は、隷書体をもとに作られた書体です。
太く丸みがある文字が特徴的で、かわいらしい雰囲気もあります。
特に女性に人気で、個人や法人用におすすめの字体です。

 

□まとめ

今回は、印鑑作成をお考えの方に向け、かわいい印鑑の作り方をご紹介しました。
また、印鑑の素材や字体についてもご紹介しました。

印鑑作成の際に、今回後紹介した内容の中から参考にしていただけると幸いです。
その他ご質問や不明な点などあれば、お気軽に当社までお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑