熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑をプレゼントして就職を祝う!! 新社会人に贈る印鑑の選び方とは!!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑をプレゼントして就職を祝う!! 新社会人に贈る印鑑の選び方とは!!

2018.1.15カテゴリー:印鑑について

お子さんが就職先を決定された人も居るでしょう。
「就職祝いとして何か贈ってあげたいけど何が良いんだろう?」
このように思われている方もいらっしゃるでしょう。

 

新社会人として活躍していってもらうためにも、実用的な物を贈りたいですよね。
そのような方にオススメするのは印鑑です。
この記事を参考に、贈り物としての印鑑について考えてみませんか。

 

今回は、新社会人へのプレゼントとしてふさわしい印鑑の選び方をお伝えします。

 

【新社会人へ印鑑を贈るのをオススメする理由】

就職先が決まった後は、新生活への準備やスーツなどの社会人として必要な身だしなみを揃えるのに精一杯になってしまいます。
そのため、後からでも用意できるような印鑑は後回しにされてしまいがちです。

 

しかし、印鑑を持っていない人を世間は社会人と認めてくれるでしょうか。
銀行口座の開設、住民票の届出など、印鑑がなければ生活に必要な行動を満足にできませんよね。
「印鑑を自分で管理できる」と認めてもらえないと、いつまでも親に頼りながら生活する事態に陥ってしまいます。
その上、印鑑は使う人のプライベートや人生に大きく関わりますよね。

 

親族のように、親しい間柄でなければ、プレゼントとして選ぶことができない物でしょう。
急に印鑑が必要になって、慌てて購入してしまい、後悔する事態に陥ってしまう方は少なくありません。
新社会人となったお子様に、人生を自分で歩んでいってもらうためにも、印鑑を贈っていかがでしょうか。

 

【新社会人に印鑑を贈るなら3本セットの印鑑を】

印鑑には、様々な種類があります。
用いる役割によって、種類も異なりますよね。
「どういう印鑑を贈れば良いんだろう?」と悩まれる方も少なくないでしょう。
新社会人の方へ印鑑を贈る場合は、3本セットの印鑑をオススメします。

 

3本セットには、以下の印鑑が揃えられているのです。
・契約書、申請書に用いる「認印」
・銀行口座の開設などに必要な「銀行印」
・自分名義で自動車や不動産を購入する際に必要となる「実印」
どの印鑑も社会で生活していくのに役立ちます。

 

ちなみに、それぞれの印鑑には次のような意味が含まれています。
・認印:自覚
・銀行印:自立
・実印:責任
皆さんの中には、「まだ実印はいらないんじゃない?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

確かに、実印は新社会人が使う印鑑ではありませんし、必要に成る機会もそう多くはありません。
しかし、人生になくてはならない印鑑です。
社会人としての責任を自覚してもらうためにも、この機会に贈ってみてはいかがでしょうか。
親だからこそ、社会での活躍を期待して、これらの印鑑を用意してあげましょう。

 

【新社会人となる男性へ贈るのをオススメする印鑑】

新社会人になるお子様が男性の場合、以下のように印鑑を用意するのをオススメします。

 

・認印

男性の認印は苗字を縦彫りにしましょう。
認印を捺す書類は、色々な人が確認しますよね。
そのため、誰が捺印したのかを把握できるようにする必要があるのです。
書体などにもこだわって、読みやすい認印を作りましょう。

 

・銀行印

男性の銀行印は苗字を横書きにしましょう。
印面を見た時に、右から読めるようにするのが一般的です。
横書きの銀行印には、「お金が縦に流れないようにする」という意味が含まれます。
充実した人生を過ごしてもらうにはお金が欠かせません。
印鑑の種類とその印鑑に含まれる意味を確認されてみてはいかがでしょうか。

 

・実印

男性の実印はフルネームを縦に彫りましょう。
実印は個人を証明する、人生に欠かせない印鑑です。
偽造防止のためにも、フルネームにしましょう。

 

【新社会人となる女性へ贈るのをオススメする印鑑】

新社会人になるお子様が男性の場合、以下のように印鑑を用意するのをオススメします。

 

・認印

女性の認印は男性同様、苗字を縦書きで彫ってください。
理由も男性と同じです。
しかし、大きさに注意してください。

 

女性の認印の大きさは10.5cmが一般的です。
小さい印鑑は女性の手に合いますし、印面からも女性らしさを感じます。
女性の印鑑は、男性より一回り小さいサイズだということを意識して用意してください。

 

・銀行印

女性の銀行印は名前を横書きに彫ってください。
男性の銀行印が苗字なのに対し、女性の銀行印が横書きなのは、結婚が控えているからです。
将来に期待を込めて、名前を彫りましょう。

 

・実印

女性の実印は名前だけを横書きで彫ってください。
銀行印同様、女性は結婚による改姓が控えていることも理由の一つです。
結婚した後、実印を使うのは男性が多い事も理由になるでしょう。
だからといって、使わないわけではありません。
実印を使う機会が突然訪れても、問題ないように実印も用意しておきましょう。

 

今回は、新社会人へのプレゼントとしてふさわしい印鑑の選び方をご説明しました。
印鑑の重要性は、親としての時間を長く過ごされた皆さんが一番ご存知だと思います。
お子様の一生を支える最後の機会として、社会人にふさわしい印鑑を贈りませんか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。