熟練の職人が作り続けて37年 印鑑市場グループ ネット通販でも21周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑の紛失でお困りの方はいませんか?悪用防止のための対策法について解説します

印鑑市場 店長ブログ

印鑑の紛失でお困りの方はいませんか?悪用防止のための対策法について解説します

2020.11.10カテゴリー:印鑑について

印鑑の紛失でお困りの方はいませんか?悪用防止のための対策法について解説します

「印鑑を紛失してしまった」
「どのように悪用されるのかを知っておきたい」
上記のようにお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。

今回は、印鑑証明書とは何か、実印を紛失した場合はどう対処するかを解説します。
また、紛失した実印の悪用例も併せて解説しますので、印鑑の紛失にお困りの方はこの記事を参考にしてください。

 

□印鑑証明書について解説します!

印鑑証明書と聞いて、即座にイメージできる方はいらっしゃいますか。
おそらく、明確にイメージできる方は少ないのではないでしょうか。
まずは印鑑証明書について解説するため、いかに重要なものであるかをご理解いただけると幸いです。

印鑑証明書とは、登録された印鑑が本物であることを証明するための書類のことを言います。
この印鑑証明書は、実印の登録を行なった際に役所から交付されます。
また、印鑑登録を行なった印鑑のことを実印といいますが、これは1人に付き1本のみ、そして15歳以上から所有することが認められています。

実印は、大きな契約をするときや、重要な取引が行われるときに必要です。
個人の場合は必ずしも実印を作成する必要はありませんが、個人でも住宅や車などを購入する際に必要ですので、作成しておくことをおすすめします。

加えて、実印を作成する際の注意点として、既製品は必ず避けましょう。
既製品は世の中に大量に出回っているものですので、1人につき1本所有する実印にはふさわしくありません。
そのため、オーダーメイドで作成した印鑑を登録するようにしましょう。

ここで、この印鑑証明書はどのようなときに使用するのか気になりますよね。
実を言えば、実印はそれ単体で使用するケースはほとんどありません。
実印のみだと他人が本人になりすまして使用できるためです。
そのため、印鑑証明書とセットで使うことが多いでしょう。

つまり、印鑑証明書は実印が本人のものであることを証明する重要書類であることがお分かりになるでしょう。

 

□印鑑は悪用される可能性があるのかを解説します!

印鑑だけでなく、自分のものを紛失してしまうと、様々なリスクが発生しますよね。
印鑑も例外ではありません。
紛失してしまった印鑑が悪用される可能性は、残念ながらゼロではないのです。

印鑑が盗まれた場合、いつの間にか誰かに連帯保証人にされたり、知らないうちに多額の借金を背負わされたりするリスクがあります。
例えば、実印と印鑑証明書の2つを悪用された場合、借金の連帯保証人にされる恐れがあります。
もし借り入れた人が借金を踏み倒した場合、その借金を肩代わりする必要があります。
また、印鑑証明書の印影から実印を偽造された場合も同様のことが起こりえるため、印鑑証明書の管理は厳重にしておきましょう。

そして、実印と印鑑証明書に加え、顔写真付きの身分証の3つを悪用された場合、本人になりすまして借金を作られる恐れがあります。
身分証も偽造される恐れがあるため、厳重な管理が必要です。
突然、自分に身の覚えのない借金の催促が来ることのないよう、保管場所には注意しましょう。

さらに、借金だけでなく、実印と印鑑証明書に加え、身分証がそろえば不動産の取引や車の売買が勝手に行われるリスクもあります。
知らぬ間に多額の負債を抱えさせられたり、自分の財産を失ったりすることがないよう気をつけましょう。
これらの悪用を防ぐためには、実印や印鑑証明書、身分証の管理をしっかりと行う必要があります。
万が一紛失や盗難をした場合は、速やかな対応が必要になります。

 

*実印の悪用例とは?

実印を紛失しないように心がけることが大前提ですが、どのように悪用されるのか知っておくことも重要です。
そこで、ここでは実印の悪用例を3つ解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

・借金の連帯保証人、家や車のローンを勝手に組まれる可能性がある
・印鑑証明書とともに使用されることで、悪用のリスクはさらに高まる
・会社や法人の場合は、さらに深刻になるケースがある

まず、実印が他人の手にわたってしまうことで、借金の連帯保証人、家や車のローンを勝手に組まれる可能性があります。
悪用例として借金の連帯保証人されてしまうことがありますが、実印だけではこの恐れはありません。
それは、実印のみであれば身分を証明するものにはならないためです。
しかし、印鑑証明書とセットで悪用された場合は、身分証明書として認められる可能性があり、偽造した委任状や紛失した身分証明書とともに、不動産や車の購入に使われるリスクがあるので、注意が必要です。

また、印鑑証明書とともに使用されることで、悪用のリスクはさらに高まります。
先ほども少し解説しましたが、実印と印鑑証明書をセットで紛失してしまうと悪用されるリスクは、いずれか一つを失くしてしまった際と比較して格段に高まります。
また、印鑑証明書を失くしてしまうと、印鑑証明書の印影から実印と同じ印鑑が偽造されることもあるので、注意が必要です。

そして、会社や法人の場合は、さらに深刻になるケースがあります。
悪用されて、全く関係のない契約を結ばれてしまうと大変なことになります。
法人の実印だと多額な損害が生じる恐れがあるため、より厳重な管理が必要です。

 

□印鑑を紛失した時の対処法を解説します!

実印や銀行印など、大事な印鑑を失くしたら焦ってしまいますよね。
印鑑の紛失は、その後に想定外の大きなトラブルを招く可能性があるため、気を付ける必要があります。
ここでは、印鑑を紛失した時の対処法を、実印と銀行印に分けて、それぞれについて解説します。

 

*実印を紛失した時の対処法を解説します!

第一に、実印を紛失した時の対処法についてです。

実印は、売買契約など金銭的な契約が本人の意思で行われていることを証明するものだということをご存じでしょうか。
つまり、実印を不正利用され、第三者が買い物の際にあなたの実印を押した場合、あなたが購入したことになってしまうのです。
しかし、実印が効力を持つには、印鑑証明書や身分証明書が必要です。
それらの書類が実印と一緒に盗まれていると分かった時点で、すぐに対応する必要があります。

まず、盗難と分かった時点ですぐに市町村役場に行き、廃印手続きをしましょう。
廃印手続きとは、現在の印鑑証明書を使えなくするものです。
実印を不正利用するには実印の登録カードや免許証、パスポートなどが必要になるため、廃印手続きをしなくても、セキュリティ的には安心できると思われる方はいるでしょう。
しかし、そのような本人確認書類は複製される可能性があるため、できるだけ紛失に気付いた時点で廃印することをおすすめします。

また、役所での手続き後には警察への盗難届が必要です。
廃印手続きが完了しても、まだ法的な権利や義務を生じさせられます。
そのため、ただの紛失ではなく盗難の疑いがある場合は、盗難届を提出しましょう。
この際、警察から盗難届出証明書を発行してもらい、捜査を依頼することをおすすめします。
そして、不正利用によるトラブルを事前に防ぐためにも、紛失した実印で契約を交わした関係各所に連絡を入れておく必要があります。

紛失に関する手続きが終わっても安心してはいけません。
新しい実印を使うには、改印届の届け出が必要です。
身分証明書と一緒に新たに登録する実印を市町村役場に持っていきましょう。

紛失した実印が見つかった場合も、廃印であれば再登録が必要です。
手続きはそれほど複雑ではなく、申請書に記入して再登録する実印とともに印鑑登録申請書を提出して完了です。

 

*銀行印を紛失した時の対処法を解説します!

第二に、銀行印を紛失した時の対処法についてです。

銀行印の紛失に気付いた際には、慌てず冷静に対処しましょう。
まず、銀行印の他に無くなっているものはないか確認しましょう。
口座の通帳や証書、キャッシュカードが無くなっていないか確認し、もし見当たらない場合はそれらも合わせて銀行へ紛失手続きを行います。

何を紛失したか把握したら、銀行の窓口や相談センターへすぐに電話しましょう。
銀行印が紛失したことを伝えれば、その銀行印を使った入出金や取引を停止できます。
こうすることで、口座を守り、なりすましの被害を防止できるでしょう。

口座取引を停止した後、その口座を再度使用できるようにするためには再び印鑑登録が必要です。
一般的には顔写真付きの本人確認書類、通帳、新しい銀行印が必要になるため、用意して銀行窓口で手続きしましょう。
紛失受付を郵送で行う場合は、郵送で受け取った手紙を提出する必要があるため、捨てないよう注意しましょう。
もし紛失した銀行印が見つかった場合、そのまま口座取引ができるわけではなく、本人確認の上で紛失の設定を解除できます。

□まとめ

今回は、印鑑証明書とは何かを解説しました。
また、印鑑を悪用される可能性はあるのか、印鑑を紛失した時はどのように対処するのかも解説しました。
印鑑証明書と実印をセットで紛失してしまうと悪用されるリスクは高まるので、注意しましょう。
もし印鑑に関してお悩みがある方は、当社へお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。