熟練の職人が作り続けて36年 印鑑市場グループ ネット通販でも20周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 会社の印鑑作成に役立つ!おすすめ素材から選び方までの全知識を解説します

印鑑市場 店長ブログ

会社の印鑑作成に役立つ!おすすめ素材から選び方までの全知識を解説します

2024.5.5カテゴリー:印鑑について

会社の印鑑作成に役立つ!おすすめ素材から選び方までの全知識を解説します
会社用の印鑑を選ぶ際には、どのようなポイントを重視すべきでしょうか。
多くの中小企業の経営者や事務担当者は、コスト効率と信頼性を最も重視することが多いです。
会社用印鑑は、契約書や公的書類に使用される非常に重要なアイテムです。
そのため、購入先の選択や素材、価格について、信頼できる情報をもとに悔いのない選択をしたいものです。
この記事では、会社用印鑑の選び方、おすすめの素材、通販サイトを利用するメリットについて解説します。
正しい選択が、企業活動の効率化と信頼性の向上につながります。
 

□印鑑とはんこの違いとは?基礎知識から理解しよう

 
印鑑とはんこの違いを理解することは、会社用印鑑を選ぶ上で非常に重要です。
以下にそれぞれの違いを解説しますので、ぜひ参考にしてください。
 

*印鑑とはんこの基礎知識

 
一般的に「印鑑」とは、役所や銀行に登録される実印や銀行印のことを指します。
これに対して、「はんこ」はより広い範囲で使われる言葉で、印鑑もはんこも、本来は「印章(いんしょう)」という名前です。
日本では慣習として、公的な文書に使うものを「印鑑」とし、その他一般的な用途に使われるものを「はんこ」と区別することが多いです。
 
1:役割の違い
 
実は役割が大きく3つありますので以下に挙げます。
 
・実印
 
契約書や不動産の登記に用いられ、法的な効力を持つ印鑑。
市区町村に登録が必要です。
 
・銀行印
 
銀行の口座開設や郵便貯金などで使用。
銀行に登録する必要があります。
 
・認印
 
日常的に使用される印鑑で、役所や銀行には登録されていません。
 
2:選び方のポイント
 
会社用印鑑を選ぶ際は、その用途に合わせて適切な種類を選ぶことが大切です。
特に実印や銀行印は、その会社の公的な契約に関わる重要な印鑑であるため、素材やデザイン、サイズにこだわり、信頼できるものを選ぶ必要があります。
 
3:素材の選択
 
会社用印鑑の素材には、天然木材、角材、象牙、チタンなどさまざまなものがあります。
耐久性や印影の美しさ、コストなどを考慮して、最適な素材を選びましょう。
天然素材は温かみがあり、チタンは現代的な印象を与えます。
 
会社用印鑑を選ぶ際には、上記のポイントを押さえることで、より適切な選択が可能となります。
次に、ネットで印鑑を作成するメリットについて見ていきましょう。
 

□ネットで印鑑を作成するメリット

 
ネット通販サイトを利用しての印鑑作成は、時代の変化とともに選ばれる理由が増えています。
ここではその具体的なメリットを見ていきましょう。
 
1:コストパフォーマンスの向上
 
ネット通販サイトでの印鑑作成は、実店舗に比べてコストを抑えられる傾向にあります。
実店舗が抱える家賃や人件費などの固定費を節約できる分、よりリーズナブルな価格設定が可能です。
特に、印材の卸売りを手掛けるショップでは、高品質ながらも手頃な価格で印鑑を提供しています。
 
2:利便性の高さ
 
ネット通販を利用すれば、場所を選ばず、時間を問わずに注文が可能です。
急なニーズにも対応できる即日出荷サービスを提供するショップもあり、緊急時にも頼れる存在です。
また、自宅や職場でじっくり選べるため、納得のいく印鑑選びが可能です。
 
3:種類の豊富さ
 
ネット上では、さまざまな素材やデザイン、サイズの印鑑が豊富に取り扱われています。
実印から認印、角印など、用途に応じた選択肢が幅広く展開されており、自分や会社のイメージに合った印鑑を見つけられます。
 
4:カスタマイズ性の高さ
 
印鑑通販サイトでは、名前やサイズ、書体を自分で選び、オーダーメイドで作成できます。
印影プレビュー機能を提供するサイトも多く、実際に印影を確認しながら自分好みの印鑑を作る楽しさを味わえます。
 
5:安心のサポート体制
 
多くのネット通販サイトでは、商品到着後のサポートや返品・交換ポリシーを設けており、初めて利用する人でも安心して印鑑作成を任せられます。
また、購入前の疑問点や不安について、メールや電話で相談できる体制が整っている点も大きなメリットです。
 
会社用印鑑を選ぶ際、ネット通販を活用することで、コストパフォーマンス、利便性、豊富な選択肢という大きなメリットを享受できます。
次に、個人向け印鑑作成のおすすめポイントを見ていきましょう。
 

□個人向け印鑑作成のおすすめポイント

 
個人用印鑑の作成にあたり、何を重視すべきかはその使用目的や個人の好みによります。
しかし、いくつかのポイントを押さえることで、より満足度の高い選択が可能です。
 
1:サイズの選定
 
個人印鑑では、「実印>銀行印>認印」というサイズの基本ルールがあります。
公的な場ではより大きめの印鑑が求められることが多いですが、日常使いでは小さめで携帯しやすいものが便利です。
用途に合わせて最適なサイズを選びましょう。
 
2:書体の選択
 
印鑑の書体には、読みやすいものからデザイン性の高いものまで幅広く存在します。
実印や銀行印には個性を出しつつも公的な印象を損なわない書体を、認印には日常使いしやすいシンプルな書体を選ぶのが一般的です。
また、最近ではオリジナルデザインの書体で個性を表現する人も増えています。
 
3:素材の選び方
 
印鑑の素材には、木材、水牛、チタン、プラスチックなど多岐にわたります。
使用頻度や耐久性、見た目の好みに応じて選びましょう。
例えば、水牛は耐久性が高く、美しい印影が特徴ですが、チタンはモダンな印象と耐久性を兼ね備えています。
 
4:彫り方について
 
印面には「名字のみ」「名前のみ」「フルネーム」の3パターンがあります。
用途やライフスタイルの変化に対応しやすいように、彫り方を選ぶことが重要です。
例えば、将来の姓の変更を考慮して「名前のみ」を選ぶ人もいます。
 
5:特殊な機能の有無
 
最近では、防犯機能がついた印鑑や、デジタル印鑑など、特殊な機能を持つ製品も登場しています。
セキュリティ面を重視する場合や、デジタル化が進む現代において、こうした機能を備えた印鑑が適している場合もあります。
 
個人用印鑑の作成では、これらのポイントを踏まえつつ、自分にとって最適な選択をすることが大切です。
続いて、会社用印鑑作成時の重要ポイントについて解説します。
 

□会社用印鑑作成時の重要ポイント

 
会社用印鑑は、企業の重要な決定や契約に使用されるため、選定には特に注意が必要です。
会社用印鑑を作成する際の重要ポイントを把握し、適切な選択を行いましょう。
 
1:サイズと形状の選定
 
会社用印鑑には、角印、丸印、代表者印といった種類があり、それぞれ使用する場面や目的が異なります。
角印は会社の正式な印鑑として使用されることが多く、社名のみが刻まれます。
代表者印は、代表者の権限を示す印鑑として、契約書といった重要な文書に使用されます。
サイズや形状を選ぶ際は、その使用目的を明確にし、適切なものを選びましょう。
 
2:書体の選択
 
会社用印鑑に使用される書体には、篆書体や印相体が一般的です。
これらの書体は格式高く、正式な文書にふさわしい印象を与えます。
書体を選ぶ際は、会社のイメージや業種に合ったものを選び、一貫性を持たせることが大切です。
 
3:素材の選び方
 
会社用印鑑の素材には、天然木材、水牛、象牙、チタンなどがあります。
耐久性や印影の美しさ、コストなどを考慮して最適な素材を選びましょう。
特に、代表者印や角印には、耐久性に優れた素材を選ぶことが推奨されます。
 
4:信頼性の確保
 
会社用印鑑は法的な効力を持つため、作成する際には信頼できる会社を選ぶことが非常に重要です。
印鑑登録を行う場合は、登録に適した品質の印鑑であるかどうかを確認し、偽造防止のセキュリティ面も考慮しましょう。
 
5:将来の変更を見越した選択
 
会社の成長や変化に伴い、印鑑の変更が必要になることもあります。
将来のことを見越して、変更や追加が容易なシステムを選ぶ、または追加注文が可能な会社を選ぶといった、柔軟に対応できる選択を心がけましょう。
 
会社用印鑑は、企業活動における信頼性や正式性を象徴する重要なアイテムです。
適切な選択を行うことで、企業のブランドイメージを高め、スムーズなビジネス展開に貢献します。
 

□まとめ

 
会社用印鑑を選ぶ際には、用途に応じたサイズや形状、書体の選択が重要となります。
また、素材選びにおいては、耐久性や印影の美しさ、コストパフォーマンスを考慮する必要があります。
信頼できる会社から購入することで、法的な効力を持つ印鑑の信頼性を確保しましょう。
ネット通販を利用することで、コストパフォーマンスの高い印鑑を手に入れることが可能です。
最適な会社用印鑑の選択により、企業活動の信頼性向上と効率化に貢献できます。
当社では皆さまのご希望に沿った印鑑づくりを手掛けておりますので、ぜひ気になった方はお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。