熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑登録について > 実印を作り直したい方必見!実印の変更方法を業者が解説します!

印鑑市場 店長ブログ

実印を作り直したい方必見!実印の変更方法を業者が解説します!

2020.4.15カテゴリー:印鑑登録について

「実印を紛失してしまった。」
「昔、慌てて三文判で印鑑登録をしてしまった。」
「結婚して苗字が変わったから作り直したい」
といった理由で実印を変更したいと考えている人は多いのではないでしょうか。
今回は実印を作り直す方法を紹介します。

 

□まずは廃止申請をしましょう

新しい実印を作る前に、現在使っている実印の印鑑の登録を廃止しなければなりません。
クレジットカードを紛失した時と同じですね。
廃止申請は各市町村の区役所で行います。
必要なものは顔写真付きの本人確認書類、現在登録している実印、判子の証明書の3点です。
上記の3点を役所に持っていき、各所にある「印鑑登録廃止申請書」に記入して窓口に提出すれば印鑑登録を廃止できます。

やむを得ず自身で役所にいくことができない場合は委任状を渡して申請を代理で依頼可能です。
また、登録を廃止した判子は実印をしての効力を失い、以後は通常の「認印」として使用できます。

 

□新たに実印の登録を行う

実印の印鑑登録を廃止したら次は、新しい判子の印鑑登録を行いましょう。

 

*印鑑登録の方法

・本人が窓口に行ける・身分証があるケース
身分証明書を持って役所に行き、窓口で申請書を記入するだけで手続きは完了します。
申請日当日中に登録が完了するので簡単です。

必要なのは、身分証明書と新たに登録する判子の2つだけです。
ただし、印鑑登録には登録費に数百円かかります。
登録費は地域によって異なりまので気になる方は事前に調べておくとよいでしょう。

・自分で窓口に行けるが身分証明書がないケース
身分証明書がない場合でも役所の窓口まで出向けるのなら登録手続きを行うことは可能です。
この場合大きく分けて2つの方法があります。

家族などの保証人がいる場合と保証人がいないケースです。
保証人がいる場合、申請書に保証人の署名と押印をすれば、身分証明書がある場合と同じ手順を行えば完了です。
保証人と一緒に役所に行く、もしくは事前に役所のホームページでダウンロードした申請書に署名と押印をしてもらっておけば、即日手続きが完了します。

保証人になってくれる人がいないケースでは、窓口に2回行かなければなりません。
窓口にて申請書を提出すると、後日役所から照会書が送られてきます。
照会書を書いて窓口に提出すれば手続きが済みます。

・本人が窓口へ行けない場合
実印は社会上・法律上の権利と義務の発生を伴う重要な判子です。
特別な事情がない限り本人が印鑑登録に行くことをおすすめします。
しかし、どうしても本人が役所に行けない場合は代理の人に手続きを代行してもらうことができます。

本人が委任状を記入して、代理人が委任状を持って役所の窓口に提出します。
その後、照会書が後日本人の自宅に届きます。
必要事項を記入した照会書と本人確認書を再び、代理人が窓口に提出して手続きが済みます。
複数の手順が必要になるため、当日中に手続きを完了できません。

 

*印鑑登録用の判子サイズ

一般的に一辺が8ミリメートル~25ミリメートルの正方形に収まる範囲内の大きさの判子であれば実印として印鑑登録ができます。
ただし、地域によって実印の規定サイズが異なる可能性もあるため、各市町村のルールを調べておきましょう。
男の人であれば、16.5ミリメートル~18.0ミリメートル、女の人は13.5ミリメートル~15.0ミリメートルで作る人が大半です。
男性はフルネームで実印を作成し、女性は下の名前で作成する方が多いです。
そのため、男の人の実印の方が女の人の実印よりも大きい傾向にあります。

 

□法人の実印を作り直す場合

法人の実印の変更を行う際は、個人の実印を変更する時よりも多くの注意点があります。

 

*実印を紛失したら

実印を紛失したら、気づいた時点で登録廃止申請を行いましょう。
法人の実印は悪用されると被害が大きくなる危険性が高いです。
実印の登録を抹消するのが遅くなればなるほど、悪用される可能性が高まります。
実印を無くした場合は、実印が盗難されたと想定して行動することが必要です。
紛失届と登録廃止手続きを迅速に行ってください。

 

*個人も法人も実印は複数登録できません

複数の実印を登録できると、「なりすまし」やなどの犯罪のリスクが高くなります。
そのため、個人であっても法人であっても登録できる実印は1つです。

 

*個人実印と異なる点

法人実印を作り直す場合は、個人の登録手続きと違うことが2つあります。
実印は法人実印と、代表取締役個人の個人実印の2本が必要です。
また、登録は役所ではなく、会社の所在地を管轄している法務局の窓口で手続きを行わなければなりません。

 

□まとめ

今回は実印を変更する方法を紹介しました。
実印の登録申請は特殊な必要書類がないので、実印を作り直すことは比較的簡単です。
実印を変更したいと考えている方はこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
この他にも実印や印鑑に関する疑問や質問がありましたらお気軽に当社までお問合せください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑