熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 未分類 > これらを知らないと社会人失格!? ビジネスに用いる8つの印鑑!!

印鑑市場 店長ブログ

これらを知らないと社会人失格!? ビジネスに用いる8つの印鑑!!

2017.5.24カテゴリー:未分類

皆さんは日常の業務で何種類の印鑑を用いていますか。
役職や業種によって、扱う印鑑の種類が増えることでしょう。
では、それらの印鑑を正しい用途で使えていますか。
その書類にふさわしい印鑑を用いなければ、その書類を作り直す必要が生じ、自社だけでなく、相手にも迷惑が及んでしまうことがあるのです。
そのような事態は誰もが避けたいですよね。
ビジネスで用いられる印鑑はこれら8つです。

・契印
・消印
・割印
・訂正印
・捨て印
・止め印
・角印
・丸印

目にしたことがある印鑑もあれば、初めて見る印鑑もあることでしょう。
しかし、会社に勤めていく上でこれら8つの印鑑は必須です。
「自分はまだ使わないから」
このような考えだと、いつの日か大きな問題が起きてしまうかも知れませんよ。
そのことを防ぐためにも、今回は8つの印鑑とその役割についてお伝えします。

印鑑の種類について



・契印
契約書が2枚以上になる場合、袋とじにしますよね。
袋とじにした契約書に後から手を加えることを防ぐ役割を担う印鑑です。
押す場所は全ての綴じ目で、押す人は契約を結ぶ甲と乙の両者です。

・消印
契約書に収入印紙を貼ることもありますよね。
その収入印紙を再利用されてしまうのを防ぐ役割を担う印鑑です。
押す場所は収入印紙に半分かかるよう押し、押すのは契約書を作成した側とされています。

・割印
契約書は甲と乙の両者が保管するために2通作成しますよね。
作成した2通が同じ内容であることを表す役割を担う印鑑です。
契約書を重ねて、上の契約書を上下左右にずらして、契約書の重ね合わせた部分をまたぐように押します。
押す人は、甲と乙の両者です。

・訂正印
一度作成した契約書を訂正することもありますよね。
契約書を訂正したことを示す役割を担ってくれます。
訂正する場合は、訂正する箇所に二重線を引き、訂正した語句を余白に記入しましょう。
欄外に何処を訂正したかを表す文章を欠かさず描くようにしてください。
訂正が終わったら、訂正した場所のそばに、甲と乙の両者の印鑑を押します。
そこでは、署名捺印に使用した印鑑を用いるようにしてください。

・捨て印
訂正印と同じように、契約書を訂正する際に用いられる印鑑です。
あらかじめ印影をつけておいて、相手の印鑑をもらう手間を省く役割を担っています。
基本的に訂正する場合は、訂正印で説明したやり方で行うのが最も望ましいですが、このような方法もあることを知識に入れておきましょう。

・止め印
契約する内容によっては、余白ができる契約書もありますよね。
その余白を悪用されるのを防ぐのが止め印の役割です。
契約書を作成した後に、「以下余白」と記述することが多いかと思われます。
その記述をする代わりに、書類を作成した人の署名捺印で文章の終わりに押印する事を言うのです。

・角印
領収書や請求書など、頻繁に用いる書類がありますよね。
それらの書類に押印して、その会社がこの書類を発行したことを表すのが各印です。
領収書や請求書の場合、自分の会社名にかかるように押しましょう。
契約書の場合、捺印署名を行っているため、会社名に角印を押す必要はありません。

・丸印
丸印が無ければ、企業活動が何一つとして円滑に行えません。
丸印は自分の企業を法人に認めてもらうための印鑑で、設立登記の際に法務局に登記する必要があります。
法務局に登録する印鑑のため、用いられる場面も企業の存続に関わる重要な取引に用いられるのです。
丸印を用いる際には、その印鑑に会社の命運が宿っていることを自覚しましょう。

まとめ



今回は、ビジネスで頻繁に用いる8つの印鑑の役割と使い方についてご説明しました。
これらの他にもビジネスで用いる印鑑は多数存在します。
それぞれの印鑑の役割と使い方、名前を覚えてスムーズな取引ができるようにしましょう。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。