熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑の種類について > 実印を作りたい方必見!業者が女性向けの実印サイズを解説します

印鑑市場 店長ブログ

実印を作りたい方必見!業者が女性向けの実印サイズを解説します

2020.4.10カテゴリー:印鑑の種類について

「実印が必要になったけど、サイズの決め方がわからない。」
と悩んでいる方はいませんか。
「そもそも実印って何?」
という方もいるかもしれません。
実印の作成を検討している女性に知ってほしい、実印の大きさ選びのポイントを紹介します。

 

□男女の実印の大きさ

実印は住民登録をしている市区町村の役所に届けでて、証明を受けた判子のことです。
そのため、見た目は実印でも自身が住民として登録している各市町村の役所で登録するまで実印としての効力を持ちません。
実印は他の判子と違い、社会上、法律上の権利と義務の発生を伴う判子です。
実印はいわゆる「自分の分身」であると考えるとよいでしょう。

重要な印鑑であるにも関わらずひと昔前は、女性は実印を作らなくてもよい時代もありました。
しかし、今では独身女性でも車や家を購入します。
それに伴い、女の人も実印の必要性が高くなっています。
いざ、必要となってから実印を作ると時間がかかるため、将来に備えて実印を作ることをおすすめします。

基本的に女性の印鑑は男の人よりも一回り小さいのが主流です。
男性は円周の大きな実印を作成する傾向にあり、女の人は上品に少し小さいサイズを使うというのが昔ながらの習慣でした。
男性は実印をフルネームで作ることが多いのも男性の実印が大きい理由です。
一方で女性は、結婚して苗字が変わる可能性が高いため、下の名前のみで作成する傾向にあるため女の人の実印が小さい理由です。
しかし、近年では女性の社会進出進んだことに伴い、大きめの判子を好む女性も増えています。

知ってる方も多いとは思いますが、判子は欧米など他の国にはありません。
判子は日本独自の文化です。
中国と韓国には判子は存在しますが、意外にも中国と韓国でも判子よりサインが主流です。
判子は日本の文化に根付いているため、古くからの習慣と深く結びついています。
サイズの大きな実印を作りたいというのがなければ、小さめのものを使う方が良いでしょう。
さらに、小さい実印は控えめで美しい印象も与えれます。

 

□実印おすすめサイズ

私たちが日常で使用する判子には主に認印、銀行印、実印の3種類があります。
サイズは認印<銀行印<実印で作るのが普通です。

認印、銀行印、実印の中でもっともサイズが大きいのが、実印だと言えるでしょう。
一般的に女性が使用している認印は10.5ミリメートル~12.0ミリメートル、女性用の銀行印が12.0ミリメートル~13.5ミリメートルです。
そして女性用の実印が13.5ミリメートル~15.0ミリメートルです。
女性の過半数である約51%が13.5ミリメートルで、40%が15.0ミリメートル、5%が16.5ミリメートル、3%が18.0ミリメートル、1%がその他のサイズで実印を作成しています。
迷ったら13.5ミリメートルか15.0ミリメートルを選んでおけば困ることはないでしょう。

 

□実印のサイズを選ぶポイント

実印を作る際、守らなければならないのが既定のサイズ内で実印を作成することです。
自身の地域のルールを確認して、その規定に則った範囲内で選びましょう。
それでは実印サイズの選ぶさいのポイントを紹介します。

 

*縁起

女性の実印にとってサイズは開運に大きくつながります。
一般的に実印が大きいほどが縁起が良いとされています。
実印で開運を目指す方は大きい実印を作ってみてはいかがでしょうか。

ただ、注意しなければならないのが、実印を仕事場で使用する人です。
上司よりも大きな実印を使うと生意気な印象を持たれるかもしれません。
縁起がいいからと実印を大きくする場合でも、男性の実印サイズを越えないサイズのほうが無難ではあります。

 

*バランス

実印に掘る文字数によって大きさを考えるのも良い方法です。
文字数が少ないのにも関わらず、大きい実印を作成してしまうと印鑑のおさまりが悪くなります。
反対に、文字数が多いのに小さいものを作るのも収まりが悪くなります。
実印サイズを選ぶ際に大事なのはバランスなので、文字数を考慮すると良いでしょう。
4文字~6文字が13.5ミリメートルで6文字掘る場合は15.0ミリメートルが綺麗なバランスで仕上がります。

 

*好みで選ぶ

ファッションと同じで実印も自分の好みで選ぶのも一つの方法です。
あえて小さいサイズの服を着るのと同じで、文字数が少なくても小さい実印を作るのも個性がありいいのではないでしょうか。
実印は生涯使うものなので、好みに沿ったものを選ぶのが良いです。

 

*夫婦でそろえる

夫の実印サイズにそろえるという選び方もあります。
夫婦で実印のサイズをそろえると「夫婦同大印」といい家庭運や夫婦仲がよくなるとされています。
すでに結婚しているかたで実印の作成を検討していましたら夫婦でサイズをそろえた実印を作るのもおすすめです。

 

□まとめ

今回は初めて実印を作る女性向けに実印のサイズについて紹介し、女性に最も人気の実印サイズは15.0ミリメートルだということがわかりました。
実印のオーダーを検討中の方はこの参考にしてみてください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑