熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑の種類について > 女性が印鑑を作るときの注意点は?印鑑の種類ごとに解説します。

印鑑市場 店長ブログ

女性が印鑑を作るときの注意点は?印鑑の種類ごとに解説します。

2020.5.10カテゴリー:印鑑の種類について

自分の印鑑を作ろうと考えている女性の方はいらっしゃいませんか?
印鑑は実印、銀行印、認印といった種類がありますが、それぞれ女性が作るときのポイントがあります。
それぞれのポイントを解説していきます。

 

□実印について

実印とは、印鑑登録を必要とし、社会、法律上なくてはならない自身の分身となる重要な印鑑で、1人につき1つを市役所に登録します。
土地や建物の売買、自動車の売買、保険金の受取、起業時の登記といった、主に大きなお金が動くときの契約で必要になります。
それでは、女性が実印を作るときのポイントを見ていきましょう。

 

*名前表記に関して

 

実印は本人確認のためのものなので、基本的にはフルネームで作ります。
なぜなら、ハンコと同じように名字だけにした場合、簡単に偽造されてしまうからです。
実印は原則としてフルネーム、右に名字左に名前が映るように縦書きに作ります。

原則として名字だけ、名前だけの印鑑を実印にすることは認められていますが、一部の役所では受け入れられないため、注意してください。
そして、特に若い女性の場合、結婚の際に名字が変わる可能性が高いので、名前だけを彫ることが多いです。
ただし、戸籍と違う名字や名前は実印登録できないので、名前が漢字なのに実印でひらがな表記にすることはできません。

既婚で名字はもう変わらないという場合でも、フルネームの実印は一家の主である男性を立てるものだという考えから名前だけを彫る方もいます。
一方、社長などの肩書を持つ女性はその立場からフルネームを選択することが多いようです。

 

*サイズに関して

 

女性の実印のサイズは13. 5ミリメートルと15.0ミリメートルが人気で、男性のものより少し小さめです。
これは名前だけ彫る方が多いのが大きな要因ですが、小さく控えめなものを好む女性が多いのも事実です。
会社の要職に就いておりビジネスで用いる場合なら、フルネームで大きめの実印を用いるのが良いでしょう。

 

*書体の決め方

 

実印の書体はセキュリティ上の観点から読みにくいものになっています。
その中でも女性の実印に最も使われているのが細篆書体です。
他の書体よりも線が細く柔らかい印象を与えるのが、女性人気の要因のようです。
なお、書体は指定されているわけではないので、読みにくい書体でなくても好きなものを選んでも問題ありません。

 

□銀行印について

続いては銀行印について見ていきます。
銀行印は、銀行や金融機関で預貯金口座開設、預金の引き出しの際に使用する印鑑で、金融機関に印影を登録します。
実印とは分けて使われることをおすすめします。

 

*名前表記に関して

 

名前表記は男性の場合名字が一般的ですが、女性の場合名前のみが良いでしょう。
理由は実印と同じで、結婚後に名字が変わっても対応できるようにするためです。
また夫婦そろって名字のみを彫った場合、混同してしまう恐れもあります。
向きは認印と区別しやすいように横書きで作ることが多いです。

 

*サイズに関して

 

銀行印のサイズは実印より少し小さめに作るのが一般的です。
12.0ミリメートルや13.5ミリメートルが候補となるでしょう。

 

*書体の決め方

 

書体は実印と同様に読みにくい書体が使われます。
同じく細篆書体でも良いですが、実印と書体を変えている方が区別しやすいかもしれません。

 

□認印について

認印は、一般的によく使う印鑑で、宅配便の受け取りや社内文書の承認、回覧板の確認、種々の契約書など、あらゆる場面で使用します。
きちんと定義すると、役所や金融機関に印影を登録していない印鑑を指します。
つまり、実印と銀行印を除いたものです。

文具店や100円均一で売っている三文判も認印として使えますが、やはり法的な拘束力がある以上きちんとしたものを持っておくのが良いでしょう。

認印の名前表記は一般的に名字ですが、名前のみを彫ることもできます。
名字で作り、夫婦で同じものを使うのが良いでしょう。

サイズは銀行印よりさらに小さいものが一般的で、10.5ミリメートルや12.0ミリメートルです。

書体の決定ではセキュリティがそれほど重視されませんが、発注するなら細篆書体など銀行印と同じ書体を選ぶ方が多いです。

 

□素材について

最後に、どの種類の印鑑にも共通する素材について、女性からの人気が高いものを解説します。

1番人気は彩華です。
彩華は資源の枯渇を避けるために開発された、新樺と樹脂によって作られたエコな素材です。
安価でありながら耐久性が高く、高級感があることが人気の理由でしょう。

2番目に人気なのは琥珀です。
琥珀は何千年物時を経た化石で、高硬度の樹脂を合成したものが印鑑に使われます。
貴重で高価にもかかわらず人気が絶えないのは、その模様、透明感がとにかく美しいからでしょう。

3番目に人気なのはオランダ水牛です。
オランダ水牛と言ってもオランダ産の水牛ではなく、世界中に分布する陸牛の角を加工したものです。
飴色の美しい素材で、天然ものなので模様は1つ1つ異なるため、オリジナリティが欲しい人には良いですね。
耐久性とデザイン性のバランスに優れています。

 

□まとめ

女性向けの印鑑について解説しました。
本記事を参考に理想の印鑑を作っていただければ幸いです。
当社では10年以上の経験を積んだ熟練の彫刻職人が、世界に一つだけの印鑑を手仕上げで作成しております。
高品質な印鑑をお求めの際はぜひご依頼ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑