熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑の種類について > 印鑑はどんな種類があるの?印鑑登録の方法についても紹介します!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑はどんな種類があるの?印鑑登録の方法についても紹介します!

2022.4.15カテゴリー:印鑑の種類について

印鑑は、大事な契約や書類の承認の際に使われることもあり、生活には欠かせないとても重要なものです。
しかし、残念ではありますが印鑑の乱用によるトラブルも起きています。

印鑑の種類をちゃんと把握し使い分けることで、これらのトラブルを未然に防げます。
このような理由からも印鑑について改めて考えることはとても大切です。
今回は、その種類から登録方法までをお話させて頂きます。

 

□銀行印と認印についてのご紹介!

印鑑には主に、実印、認・仕事印、銀行印、の3つがあります。
まず始めに、それぞれの印鑑についてご紹介します。

1つ目は、実印です。
実印とは、市区町村役所へ印鑑登録を済ませた印鑑のことです。
印鑑証明は、市区町村役場に印鑑を届けて登録することで発行されます。

印鑑登録をおこなった実印は、1人につき1本のみ認められます。
同じ印鑑を2人又は複数の人が登録することは禁止されています。

実印は、借り入れの契約、金融機関とのローン、その他公文書作成などに使われるとても重要な印鑑です。
一般的なサイズとしては、女性用の場合13.5ミリ以上でしょう。

2つ目は、認・仕事印です。
お仕事での一般事務全般、家庭での単純なご契約書などに使う印鑑が認印・仕事印です。
実印や銀行印とは違い、公的な証明の無い印鑑ですが、書類や契約の内容を「承認した」という証明となるので、印を押す際には、実印同様に内容をしっかり理解するようにしましょう。

日常生活での使用頻度が高く、人目によく付くことから、自分の好みに作り、気分を上げるのも良いでしょう。
女性用の認・仕事印は、10.5ミリ以上のサイズが一般的です。
大きすぎると使いにくい場合があるので、10.5ミリもしくは12ミリで作ることをお勧めします。

3つ目は、銀行印です。
金融機関との契約など、金銭に関わること全般に使うのが銀行印です。
銀行などの金融機関で登録したものが当てはまります。

一般的には苗字もしくは名前を入れます。
特に金融機関の印鑑として使用する銀行印の場合は、横書きで彫ると良いでしょう。
これには、「お金がたてに流れないように。」という縁のある意味が込められています。
また、横書きの場合は右から左にちゃんと読めるようにしましょう。

女性用の銀行印は、12ミリ以上が一般的で、事業を起こす、独立する、などの目的がある場合は大きめの印鑑が好まれます。
12ミリもしくは13.5ミリで作ると良いでしょう。

 

□印鑑を使うシーンについてのご紹介!

次はそれぞれの印鑑をどのような場面で使うのか紹介します。
種類によって、使う場面をしっかりと分けることはトラブルの防止にも繋がります。

 

*実印

まずは実印です。
実印は、主に大きなお金が動く契約に使われる印鑑です。

家や車などの大きな買い物、銀行融資や生命保険への加入などが例に挙げられます。
多くの場合、契約の際には実印と印鑑証明書の2つの提出が必要です。
印鑑証明書は、役所に印鑑登録をするとすぐに発行することができます。

実印と印鑑証明書は財産や権利を守る役割を果たすとても重要なものなので、厳重に管理することを心がけましょう。

 

*認印

認印は、宅配などの荷物受け取りや、会社の書類の確認、役所へ書類を提出するときなど日常的な場面で多く使われます。
印鑑登録の必要もないので、そのまま気軽に使用することが可能です。

 

*銀行印

銀行印は金融機関の口座開設時などに使う印鑑です。
ATMが普及する前にはお金の入出金をするのに必要でしたが、今ではATMでのキャッシュカードによる入出金が一般化したことにより、使う機会が減ってきています。
しかし、今でも銀行の窓口で直接やり取りをする際には銀行印が必要な場合が多いので、銀行に行く際には持っていくようにしましょう。

 

□実印・印鑑登録とは?

印鑑登録とは自分だけの印鑑を市町村役場に登録することで、個人または法人を証明することです。
先程も述べたように、登録した印鑑のことを「実印」といいます。
実印を捺印することは、社会的または法律的な権利・義務を認める効果を持ちますので、乱用されることは絶対に避けなければなりません。
特に認め印などのような日常的に使用する印鑑との兼用は大変危険です。

また、実印は公正証書の作成や、契約書などの重要な書類の権利を明確にするものとして使われる印鑑です。
印鑑が欠けたりしないよう耐久性の高い品質の良い印材で作りましょう。

 

□印鑑登録の流れ

次に印鑑登録の流れです。
登録の手順は、住民登録をしている市町村役場やその出張所に、登録する印鑑を持っていき、備え付けの申請書に必要事項を記載して、窓口に提出します。
申請が済むと『印鑑登録証』というカードが発行されます。
このカードさえ持参すれば、実印を持参しなくても、印鑑証明書を発行してもらえます。

また、この印鑑登録証で代理人であっても委任状なしに印鑑証明書を発行してもらえます。
その場合は、登録者の住所、氏名、生年月日が必要となるので注意しましょう。
登録の際は、印鑑登録するハンコ、本人確認書類(パスポートや免許証)、登録費用(100〜300円くらい)を持っていくようにしましょう。

 

□印鑑を作る際のルールや特徴とは?

この項では、印鑑や印鑑証明書を作る際の注意点を解説します。

 

*実印

まずは実印です。
実印は姓のみや名前のみで作成しても問題はありませんが、コピーなどの偽造を防ぐためにフルネームで作る場合が多いです。
各市町村区によっては印影の大きさが指定されている場合や、絵柄が入っていると印鑑登録ができないこともあるためデザインには注意しましょう。
複製防止などの観点から「篆書体」や「印相体」などのコピーしづらい、複雑な書体が人気です。

実印は使う場面がそこまで多くないため、買い換える必要があまりありません。
したがって、少しお値段はしますが、印材では耐久性の高い「オランダ水牛」「つげ」などを素材に選ぶことをお勧めします。

 

*認印

認印は実印と違い、特にサイズの規定はないので、絵柄が入っていたり印面の縁が欠けていても使えます。
先程も述べたように、実印は1人1本しか登録できませんが、認印は1人でいくつでも所有できます。
文字内容にも特に規定はないので、実印がフルネームの場合はそれと区別をつけるために、認印は姓のみで作成される方が多いです。

認印は日常で使う印鑑のため、書体は判別しやすい「古印体」が人気です。
認印は役所などの届け出を出す必要なく、利用頻度も高いため、お手頃なプラスチック製のものや可愛いデザインのものなどが多く出回っています。

 

*銀行印

銀行印は姓、名、フルネーム、のいずれで作成しても大丈夫です。
書体は複製防止目的で、真似することの難しい「篆書体」や「印相体」などの複雑なものが多く使われています。
また、長い間使用できるようにするため、頑丈な印材を選ぶのがいいでしょう。
耐久性の高い「黒水牛」「オランダ水牛」などが人気です。

 

□まとめ

紹介したように印鑑には様々な種類があります。
それらを理解し使い分けることは、乱用や契約時のトラブルなどを未然に防ぐことに繋がります。
また、大きさや絵柄など、その用途に合わせたデザインも様々です。
そんな重要な印鑑だからこそ、こだわりのある素敵なものを作られるのはいかがでしょうか。
その際は是非、プロである当社にお任せ下さい。

34年の歴史と共に、熟練の職人達が真心込めて世界に1つだけの印鑑を作らせて頂きます。
オンラインショッピングも展開しておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑