熟練の職人が作り続けて36年 印鑑市場グループ ネット通販でも20周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑通販について > 印鑑を作成し即日入手する方法を解説!スピーディーで信頼性のある選択肢とは

印鑑市場 店長ブログ

印鑑を作成し即日入手する方法を解説!スピーディーで信頼性のある選択肢とは

2024.5.15カテゴリー:印鑑通販について

忙しいビジネスパーソンや新生活を始める大学生といった、急な印鑑の必要性に迅速に対応したい人々に向けて、信頼できる印鑑を即日で手に入れる方法と、選び方のポイントについて解説します。
印鑑は、契約書の認証や重要文書の証明など、日常生活で欠かせないアイテムの一つです。
しかし、印鑑を失くしたり、急に新しい印鑑が必要になったりすることも少なくありません。
そんな時、どのようにして迅速に、かつ確実に印鑑を入手できるのか、その方法と注意点をご紹介します。
 

□即日で印鑑を手に入れる方法

 
印鑑を即日で入手する手段は大きく分けて二つ存在します。
一つ目は地元の店舗に足を運び直接購入する方法、もう一つはオンラインショップを利用して即日発送を選択する方法です。
 
1:店舗での購入
 
印鑑が急に必要になった際は、地元の印鑑専門店や文具店を訪問するのが最も確実な選択肢です。
これらの店舗では、顧客の要望に応じて即日で印鑑を彫刻し、提供するサービスがあります。
 
一部の文具店や100円ショップ、書籍店、ホームセンターでも即日対応可能な既製品の印鑑が手に入りますが、これらは一般的なものが多く、特別な材質やデザインを求める場合は専門店が適しています。
 
2:オンライン通販の利用
 
インターネットの普及により、オンラインで即日発送を謳う印鑑ショップが増加しています。
オンラインショップの場合、商品ページに表示された注文締め切り時間内に注文を完了させることが求められます。
速達オプションを選択すれば、最短で翌日には商品が手元に届くこともあります。
 
一方で、即日で印鑑を手に入れようとする際には、いくつかの注意点があります。
オンラインショップを利用する場合、各ショップが設定している注文締切時間に注意が必要です。
また、即日発送を選ぶと、通常の配送料よりも高額になるケースが一般的です。
 
即日で手に入る印鑑は、ほとんどが機械彫りのものです。
もし手彫りの印鑑や特殊な材質を選ぶ場合、即日対応が難しいこともあります。
また、100円ショップやホームセンターなどで販売されている安価な印鑑は質が劣ることがあるため、実印や銀行印としての使用には適していません。
悪用のリスクも高く、重要な文書での利用は避けた方が良いでしょう。
 
このように、印鑑を即日で手に入れる方法は多様ですが、どの方法を選ぶにしても事前の準備と迅速な行動が重要となります。
 

□実印や銀行印を即日作成する際のポイント

 
実印や銀行印は、その重要性から選び方には特に注意が必要です。
即日でこれらの印鑑を作成する際は、以下のポイントを押さえましょう。
 
1:素材の選定
 
実印や銀行印に適した素材を選ぶことが重要です。
象牙や高級木材をはじめとする耐久性と印影の美しさを兼ね備えた素材が推奨されますが、これらの素材は即日での入手が難しい場合があります。
そのため、チタンやアクリルといった即日対応可能な素材も検討すると良いでしょう。
 
2:印鑑のサイズと形状
 
実印や銀行印は、印面のサイズが法律で定められています。
一般的には、実印は直径12mmから15mm、銀行印は10mmから13.5mmが選ばれます。
形状についても、円形が一般的ですが、角印を選ぶ場合は角の処理に注意が必要です。
 
3:彫刻の方法
 
即日対応の印鑑は多くが機械彫りですが、手彫りに比べて印影の品質が劣る場合があります。
しかし、最近の機械彫り技術も進歩しており、高品質な印影を実現している場合もあるため、サンプルの印影を確認することが大切です。
 
これらのポイントを踏まえて実印や銀行印を即日で作成する際の適切な選び方と注意点を理解し、信頼性と速さを兼ね備えた印鑑選びを行えます。
 

□即日出荷の実印作成における注意点

 
即日出荷で実印を作成する際、以下のポイントに注意してください。
 
1:即日出荷対応商品の選定
 
すべての実印が即日出荷に対応しているわけではありません。
実印の即日出荷には、機械彫りが基本となるため、素材やデザインに制限があることが多いです。
使用する素材や書体が即日出荷に対応しているか、詳細を事前に確認することが重要です。
 
2:印影確認サービスの利用
 
多くの印鑑店では、制作前にデザインの確認が可能ですが、即日出荷の場合、このプロセスが省略されることがあります。
印影確認を希望する場合は、追加時間が必要になることも理解しておくべきです。
 
3:追加料金の有無
 
即日出荷を希望する場合、通常の配送よりも追加料金がかかることが一般的です。
料金体系を確認し、コストパフォーマンスを考慮した上で、サービスを利用するか決めましょう。
 
即日出荷で実印を手に入れることの最大の利点は、急ぎで必要な場合に迅速に対応できることです。
しかし、以下のようなリスクも考慮する必要があります。
 

*品質のばらつき

 
急いで制作するため、細部の仕上がりにばらつきが出ることがあります。
特に、機械彫りの場合、手彫りに比べて細かなディテールが劣る可能性があります。
 

*後悔のリスク

 
即日で制作を急ぐと、後で気に入らない部分が見つかることもあります。
特に実印は一生ものと考えられるため、十分な検討が必要です。
 
実印は法的な効力を持ち、重要な契約に使用されるため、品質と信頼性に妥協せず、慎重に選ぶことが大切です。
 

□ネット通販での即日発送の詳細

 
ネット通販を利用して印鑑を即日発送する際は、以下のポイントを押さえておくことが重要です。
 
1:注文の締切時間
 
各通販サイトには即日発送のための締切時間が設定されています。
この時間内に注文を完了させないと、即日発送の対象外となるため、購入を検討しているサイトの締切時間を事前に確認しましょう。
 
2:追加料金
 
即日発送サービスを利用する際には、通常の送料に加えて追加料金が発生する場合が多いです。
この追加料金の詳細を確認し、予算内での購入が可能かどうかを検討することが大切です。
 
3:配送エリアの確認
 
即日発送サービスが利用できる地域は限られていることがあります。
特に都市部に近い地域ではサービスが利用しやすい一方、地方では翌日以降の配送になることも考慮する必要があります。
 
4:手彫り印鑑の対応外
 
手彫りで作成される印鑑は、その特性上、即日発送が難しい場合が多いです。
即日必要な場合は、機械彫りの印鑑を選ぶか、事前に手彫り印鑑の納期を確認しましょう。
 
即日発送を利用する場合、以下のような注意点も押さえておくと安心です。
 

*信頼できるサイトの選定

 
多くのオンラインショップが存在する中で、信頼できるサイトから購入することが重要です。
ショップの評判やレビューを事前にチェックし、安心して購入できるサイトを選びましょう。
 

*キャンセルポリシーの確認

即日発送の商品は、注文後のキャンセルが不可能な場合があります。
キャンセルポリシーを確認し、購入前に十分な検討を行うことが必要です。
 
 
即日で印鑑を手に入れる方法は多岐にわたり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
店舗での直接購入やオンライン通販を利用する際は、それぞれの注意点を理解し、自分の状況に合った最適な選択をすることが大切です。
特に、実印や銀行印など重要な用途で使用する印鑑は、信頼性と品質を確保するために、慎重に選びましょう。
 
当社は、印鑑・はんこの通販専門店です。
当店の印鑑は、熟練彫刻職人が手仕上げで作成していますので、量販店のハンコ屋では扱えない上質・安心の手書き文字で作成可能です。
個人用印鑑から会社用印鑑まで、幅広い種類の印鑑を取り扱っており、印鑑2本セットや3本セットなど、お得なセット販売も行っていますので、はじめての方でも安心してお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。