熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 銀行印ってどうやって作ればいいの? 必要なポイントを知りましょう!!

印鑑市場 店長ブログ

銀行印ってどうやって作ればいいの? 必要なポイントを知りましょう!!

2018.6.5カテゴリー:印鑑について

「銀行印ってどうやって作ればいいんだろう…」
このような思いを抱かれている人もいるのではないでしょうか?

 

印鑑を作る機会は少なく、作り方を教えてくれる機会もそうありません。
だからといって、自分の独断で作成するのも不安ですよね。

 

そこで今回は、銀行印の作り方をご説明します。
この記事を参考に、安心して使用できる印鑑を手にしましょう。

 

【実印と併用しちゃダメなの?】

 

皆さんの中には、このように思われている方もいらっしゃるでしょう。
確かに、実印と銀行印で違うのは用途だけです。
法律などで区別されているわけではありません。

 

そのため、あなたが望むのであれば実印と銀行印を併用することもできるのです。
その場合、偽造されないための工夫が必要となります。
1つの印鑑を複数の用途に扱ってしまえば、その印影を目にする人が増えてしまうのです。

 

場合によっては、偽造されてしまう事もあるでしょう。
自分の知らないところで銀行と取引されていたり、人生に大きな影響を与えるような契約が交わされたりするのは怖いですよね。

 

それに加えて、1つの印鑑で様々な使い方をしていると、盗難、紛失してしまった際に、手続きをする回数が増えてしまいます。
実印と併用している場合、実印の廃止申請をしなければなりません。

 

こうなってしまえば、長い間取引をすることができなくなってしまうでしょう。
用途が違う印鑑を併用することには、このようなリスクがあるのです。

 

だからといって、1つ1つの用途で印鑑を分ければ管理が大変になってしまいます。
印鑑店での分け方を参考に、印鑑を作成するようにして下さい。

 

【銀行員を作る時に気を付けることって何?】

 

皆さんは銀行印をどのような時に使うかご存知ですか?
多くの方は口座の開設時を想像されたでしょう。

 

しかし、それだけではありません。
銀行印があれば、お金を引き出すことができるのです。

 

現在ではカードや通帳さえあればATMからお金を引き出せますよね。
実は、銀行印と口座情報があれば、窓口からお金を引き出すことができるのです。

 

つまり、銀行印は本人の確認のために用いられる重要な物といえます。

想像以上に大切な役割があることに驚かれた方もいるのではないでしょうか。

 

そのため、銀行員を作成する際は、他の人に真似されにくい工夫をすることが必要なのです。
具体的には複雑な書体にしたり、手彫りの印鑑を購入したりしましょう。

 

少し費用はかかってしまいますが、それで自分のお金を守れるのです。
万が一の事態は起きてからでは遅いですよね。
大量のお金を失わないためにも、必要な費用はしっかりと払うようにしてください。

 

【銀行印に掘る文字】

 

私達は、銀行印とする印鑑の印面には名前を掘ることをオススメしています。
その理由は偽造防止です。

 

先ほどにも述べたように、銀行印が偽造されてしまえば、あなたのお金が他の人に使われてしまいます。
苗字の銀行印だと、家まで尾行されたり、他の人との話を盗み聞ぎされたりしてしまえば、簡単に偽造されてしまうでしょう。

 

名前であれば、そのような心配をせずに済みます。
また、女性の場合は結婚する可能性も高いです。
結婚をする忙しい時期に減らせる手間は1つでも減らしたいですよね。

 

名前の印鑑にすれば、それが叶えられるのです。

苗字の印鑑、フルネームの印鑑でも問題はありません。

 

ただ、名前の銀行印にすれば、偽造防止ができるだけでなく、他の印鑑との区別がしやすくなります。
これから銀行印を作成される方は、名前の銀行印を作成されてみてはいかがでしょうか。

 

【銀行印の書体】

 

銀行印の書体としてよく用いられるのは、「古印体」、「篆書体」、「印相体(吉相体)」の3つです。
古印体はシンプルで、印影が認識しやすい特徴があります。
昔から人気がありましたが、防犯の観点から篆書体や印相体を選ぶ人も増えてきているのです。

 

篆書体は、お札に捺されている印鑑の書体です。
お札を見ればわかるように、読みにくいですよね。

 

そのため、防犯の観点では非常に優れています。

防犯面が気になる方は篆書体を選んでみてはいかがでしょうか。

 

印相体(吉相体)は、篆書体を基にして作られた書体です。
文字の読みにくさは篆書体よりも上がっています。

 

防犯面以外で印相体が人気を集めているもう1つの理由として、開運が挙げられます。
印相体は吉相体とも呼ばれ、印面が八方向に広がっているのです。

 

そのような文字は縁起が良いとされています。
お金にまつわる印鑑ですから、少しでも縁起を良くしたいですよね。
風水が好きだったり、げんを担いだりするのが好きな方は、印相体(吉相体)を選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

今回は、銀行印の作り方をご紹介しました。
実印に比べると、銀行員の重要度は少し下がります。
しかし、あなたの人生を支えてくれる印鑑であることには変わりません。

 

防犯の面などを考慮して、安心して使える銀行印にしましょう。
不安は行動に移ります。
自信をもって銀行印を作りましょう。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑