熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 放っておくと危険!印鑑を紛失してしまった時の対処法をご紹介します。

印鑑市場 店長ブログ

放っておくと危険!印鑑を紛失してしまった時の対処法をご紹介します。

2019.6.10カテゴリー:印鑑について

印鑑を紛失してしまった時、あなたはどう対応しますか?
この記事では、印鑑を紛失してしまったときの対処法を、実印と銀行印の場合に分けて解説していきます。
印鑑を紛失しまったのにそのまま放置していると、思わぬ被害を受けてしまう可能性があります。
また、新しい印鑑を作りたいけれど、作り方が分からず困る方は多いと思われます。
この記事は、そんな不安を解消する手助けになると思います。

 

□「実印」「銀行印」とは

この記事では「実印」と「銀行印」を紛失した時の対処法について解説していきますが、そもそも「実印」とは何だ、「銀行印」とは何だという疑問があると困るので、まずは「実印」「銀行印」の定義から押さえていきましょう。
「実印」とは、自分が住民として登録をしている各市区町村の役所に、戸籍上の名前で作られた印鑑を登録申請し、受理されたものです。
法律上、社会の権利。義務の発生を伴う重要な印鑑で、遺産相続や、不動産売買、自動車購入などの際に用います。
「銀行印」とは、金融機関に登録する印鑑のことです。
預金口座の開設や、預金取引の際に用います。
他にも、日常的に使用する印鑑で「認印」という印鑑があります。
「実印」や「銀行印」とは異なり、登録は不要で、書類に目を通した、書類を認めた、という事を表すための印鑑です。
日常的に使うことが多く、宅急便の受取りや、回覧板の閲覧時などの際に用います。
「実印」は1本のみ所有でき、「銀行印」は講座ごとに所持が可能で、「認印」は複数所持できます。
「実印」と「銀行印」は日常的に使用しないので、1本の印鑑で兼用する人が多くいます。
しかし、紛失してしまった時のリスクが大きくなってしまうため、「実印」と「印鑑」を使い分ける事をおすすめします。

 

□実印を紛失してしまったときの対処法

*紛失届を提出する

実印を紛失してしまうと、知らない間にローンを組まされていたり、借金の連帯保証人にされていたり、車や不動産の取引を組まされたりしていたりする危険性があります。
よって、紛失してしまったら直ちに行動する必要があります。
まずは、紛失してしまった実印を登録した市町村区の窓口で紛失届を書きます。
そうすることで、印鑑登録証明書の発行ができなくなります。
印鑑登録証明書とは、契約書類に押印された印鑑が、自治体で本人が登録済みの実印であるという事を証明するための証明書です。
そのため、印鑑登録証明書の発行ができなくなると、紛失してしまった実印を悪用しようとする人がいても利用できないです。
紛失してしまった実印の悪用を防ぐためにも、すぐに紛失届を提出することが大事です。
また、さらなる被害を防ぐためにも、家族や友人などの身の回りの人に実印を紛失してしまった事を伝えておきましょう。

*改印手続き

新しい印鑑を持っていき、実印として登録します。
そのとき、「本人確認のための書類のコピー(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、身体障害者手帳など)」、「印鑑登録カード(紛失してしまった印鑑を登録した時に発行された)」、「委任状や委任者の本人確認書類(本人以外が会員手続きをする場合)」「再登録手数料(500~1000円)」が必要です。
再登録手数料や必要な書類は市町村によって異なるので、各自治体の公式サイトをチェックしましょう。
これらの手続きによって、今までの契約が無効になる心配はありません。
同じ実印を持っていなくても、有効な印鑑証明書で本人確認ができれば問題も起こりません。
警察に届け出を出していて、実印が戻ってくる場合がありますが、悪用しようとする人が印鑑をコピーしている危険性があるため、処分してしまった方が良いですね。

 

□銀行印を紛失してしまった場合

*銀行の印鑑以外に紛失しているものがないか確認する

銀行印を紛失してしまうと、預貯金を勝手に引き出されてしまう危険性があり、また、改印するまで高額な取引ができなくなるといったリスクがあります。
よって実印の場合と同様に即座に行動しましょう。
まずは、銀行の印鑑以外に紛失しているものがないか確認し、リスクを最小限に抑えることが大事です。

*改印手続き

自分の口座を開設している銀行の店舗に連絡し、銀行印を紛失してしまった旨を伝えましょう。
そうすることで、銀行取引や手形取引を停止でき、なりすましの取引を防ぐことが可能です。
その後、銀行の窓口に行って会員の手続きをすると良いでしょう。
必要な書類などは銀行のホームページで確認できますが、一般的に、本人を確認できるもの、新しく利用する印鑑、通帳が必要です。

 

□まとめ

印鑑を紛失してしまった時の対処法を実印、銀行印の場合に分けて解説しました。
印鑑を紛失してしまうということは、思ったより深刻なことだと理解していただけたと思います。
印鑑を紛失しないように、日頃から注意しておきましょう。
当社では、十年以上の経験を積んだ熟練彫刻職人だけが手仕上げで印鑑を作成しているため、偽造される心配が少ないです。
もし新しい印鑑が必要であれば、ぜひ当社をご利用ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。