熟練の職人が作り続けて37年 印鑑市場グループ ネット通販でも21周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 履歴書に印鑑は必要?必要な場合の正しい押し方やポイントも解説!

印鑑市場 店長ブログ

履歴書に印鑑は必要?必要な場合の正しい押し方やポイントも解説!

2023.7.15カテゴリー:印鑑について

履歴書に印鑑は必要?必要な場合の正しい押し方やポイントも解説!

アルバイトの面接の際や就職活動、転職活動の採用選考時には、履歴書が必要です。
履歴書を提出するとき、印鑑は必要か、また印鑑を押すときのマナーについて悩む方も多いでしょう。
書類に書き漏らしがあったり、マナーに欠けていると判断されたりすると、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。
自分の履歴書に不備がないかを必ず確かめましょう。

今回は履歴書に印鑑は必要か、印鑑の選び方や押し方、間違えたときはどうすれば良いのかについて解説します。

 

□履歴書に印鑑は必要なの?

ほとんどの場合、履歴書に印鑑を押す必要はありません。
1997年に国民の行政手続きへの負担を軽減するため、押印の必要性が見直され、印鑑がなくても問題のない書類は記名のみでよくなりました。

履歴書のような事実確認が目的のものは、その対象に含まれています。
そのため履歴書には、印鑑を押す場所があるものとないものの両方があるのです。
どちらを使っても問題はありません。

ただし、次の2つの場合は、印鑑を押さなければなりません。
1つ目は、使用する履歴書に押印のためのスペースがある場合です。
履歴書は、必須項目のすべてを埋めていないと書類が不完全であると見なされる可能性があります。
押印欄がある履歴書を使用する場合は、印鑑を押さなければなりません。

2つ目は、履歴書の提出先の企業から印鑑を押すよう求められた場合です。
企業の応募要項に印鑑を押すことが記載されている場合や、企業の担当者から印鑑を押すよう頼まれた場合は、履歴書の押印欄がないものを選んでいても印鑑を押す必要があります。

 

□履歴書に使う印鑑の選び方はある?

履歴書には、認印を使いましょう。

また、印鑑は大きく分けて実印、認印、銀行印の3種類に分けられます。
実印とは、市町村の役所に印鑑の申請登録をし、受理された印鑑のことです。
銀行印とは、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関で登録された印鑑のことです。
認印は、実印にも銀行印にも当てはまらない印鑑のことをいいます。

実印や銀行印を履歴書に使うことはマナー違反になりませんが、個人情報や財産に関する大切な印鑑です。
むやみに多くの場所で使ってしまうと、個人のプライバシーに関わる情報が流出する危険性があります。
そのため、実印や銀行印は必要な場合のときのみの使用とし、履歴書での使用は避けましょう。

インクが内蔵されたスタンプ型の浸透印も認印の一種ですが、履歴書には適していません。
なぜなら、時間が経つと色あせてしまうケースや、書類がぬれてしまうとにじんでしまうケースがあるからです。
履歴書に押す印鑑は、朱肉を使用する認印を使いましょう。

また履歴書に押す印鑑は、文字がきちんと認識でき、大きすぎない直径約1.5センチメートルの印鑑がおすすめです。
大きすぎると、威圧的な印象を与えてしまう可能性があります。
逆に小さすぎると文字の判別が難しくなり、適していません。

 

□履歴書に押印する際の正しい押し方とは?ポイントを解説!

履歴書では、書かれている内容だけでなく、書類の丁寧さも重要です。
そのためにも印鑑をきれいに押すコツを知り、役立てましょう。
印鑑をきれいに押すためには、以下の手順を踏みましょう。

 

*印鑑を押すときに必要なものを準備

捺印(なついん)マットと印鑑と朱肉を用意します。
捺印マットとは、印鑑マット、押印マットとも呼ばれます。
捺印マットは弾力性があるため、書類の下に敷くことで、印影がずれてしまったりやぼやけたりするのを防止でき、きれいに印鑑を押せます。
なお、捺印マットは、分厚い本や辞書のような弾力性がある平らなものであれば代用が可能です。

印鑑に汚れがないか、欠けているところがないかを確かめます。
汚れがついていた場合は、ティッシュで拭ったり、爪楊枝のような先の細いもので掃除をしたりしましょう。
朱肉は、最後に使ってから時間がたっているものだと、乾燥している場合があります。
ティッシュで押さえてみて、朱肉が付くか確かめましょう。

 

*印鑑に朱肉を付ける段階

朱肉の付ける量が少なすぎるとかすれてしまい、反対に付けすぎてしまうとにじんでしまいます。
印鑑に朱肉を付けるときは、2、3回程度印鑑を朱肉に優しくたたくように付けると全体に均等にインクが付けられます。
このとき、印鑑を朱肉に強い力で押さないことが大切です。

 

*履歴書に印鑑を押す段階

平らな机の上で、捺印マットを敷き、書類に対して印鑑を垂直にして履歴書に押します。
一番気をつけるべきポイントは、印鑑の上下の向きが合っているかです。
押印する前に必ず確かめてください。
垂直に押した後は、「の」の字を書くように印鑑の周りを一周回しながら押すとインクがはっきり付きます。

 

*履歴書に印鑑を押した後

押した後は、すぐに触らずインクが乾くのを待ちます。
履歴書に印鑑を押した後、乾かさずに折りたたんだり封筒に入れたりすると、きれいに押された押印がかすれてしまいます。
乾くまでの間、なるべく触らないようにしましょう。

これらの4つのポイントを意識して、履歴書に印鑑を押しましょう。

 

□押印が必要なのに押印欄がない場合はどうしたらいいの?

応募先の企業から押印を求められたものの、印鑑を押す欄のない履歴書を選んでしまっているときは、新しく押印欄がある履歴書を買い直さなくても大丈夫です。
氏名の右側に押印しましょう。
その時、自分の名前と印鑑の押す位置が被らないように注意してください。

 

□万が一印鑑を押し忘れたり押し間違えたりした場合は?

うっかり、履歴書に印鑑を押すのを忘れたまま提出してしまったときは、すぐに採用担当者に謝罪の連絡をしてください。
その後は、採用担当者の指示に従ってください。

また押印した後、やり直した方が良い5つの印影の特徴があります。

1つ目は、にじみがあることです。
これは、印鑑に朱肉を付けすぎていることが原因の1つとして挙げられます。

2つ目は、かすれがあることです。
朱肉が乾燥していたこと、印鑑が朱肉にあまり付いていなかったこと、捺印マットを使用せずに印鑑を押したことが原因として考えられます。

3つ目は、印影の上下が反対になっていることです。
押すときに上下の向きが合っているかを確かめましょう。

4つ目は、印影の一部が欠けていることです。
印鑑に朱肉がまんべんなく付いていないこと、垂直に押せていないこと、印鑑自体が欠けていたことが原因として考えられます。
印影に欠けているところがあると、文字の判断ができません。

5つ目は、二重になっていることです。
印鑑を押すときに垂直に押せていなかったり、押し方がうまくいかなかったりすると二重になってしまいます。

この5つの特徴に当てはまる場合は、初めから履歴書を書き直す方が良いと言えます。
少し斜めになってしまった程度であれば、必ずしも書き直す必要はありませんが、提出の際にそのことを言っておくと担当者に好印象に受け取ってもらえるでしょう。

履歴書を書く前に押印して、きれいに押せたものを利用するのも一つの手です。

 

□まとめ

今回は、履歴書に印鑑が必要なときと必要でないときはどのようなときか、印鑑の選び方、印鑑をきれいに押すポイント、そしてやり直した方が良い押印はどのようなものかをお伝えしました。

履歴書に印鑑を押す前には、別の紙で押印の練習をすることをおすすめします。

履歴書は、あなたの印象を左右する大切な書類の一つです。
履歴書に不備があると、あなたの信用に関わるだけでなく、採用担当者の手間を増やしてしまいます。
履歴書を提出する前には、記入漏れや間違いがないか、印鑑のマナーは大丈夫かどうかを確かめることを心がけてください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。