熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 実印を作るときに必要なものって

印鑑市場 店長ブログ

実印を作るときに必要なものって

2017.3.15カテゴリー:印鑑について

就職した際、結婚した際などのタイミングで実印を作るという方が多いのではないかと思いますが、ハンコって普段の生活になじみのないものなので、実際にどのようにして手続きをしていったら良いのかってなかなか分かり辛いものがありますよね。

 

そこで今回は、実印を作る際に必要になるものや、印鑑登録の際の手順などについてご説明していきたいなと思います。

 

まずは実印を作成しましょう

 

従来はハンコ屋さんに頼むのが主流だったのですが、近年はネット通販でハンコを購入する人がとても増えています。

どの業者に頼むのが良いかは人それぞれで異なりますので、その業者ごとにどんな特徴があるのか見て回るのが良いでしょう。

 

そして、依頼する会社を決めたら、実印の素材と書体を決める必要があります。

素材に関しては、実印は一生使うものですので、なるべく劣化しにくいものを選んでおくことがオススメです。

例えば、チタンであれば見た目を重視しつつも耐久性に優れており、近年その実用性の高さから注目が集まっている素材になります。

最近では、女性用に、印鑑の天地確認のアタリ部分に貴石を埋め込んだ「ジュエルチタン」なども出てきているのでオススメです。

 

書体に関しては、基本的には、自身が気に入る書体であれば構わないのですが、一般定的なところでいうと、印相体、篆書体、古印体、隷書体などが主流となって選ばれている書体です。 

書体が複雑なため、偽造印鑑を作りにくいという点で、実印には印相体を選んでおくことが最も無難と言えるかもしれません。

 

実印ができたら印鑑登録をしましょう

 

実印が完成したら、次に印鑑登録をすませておく必要があります。実印はただハンコを作っただけでは、法的な効力を全く持たないので、印鑑登録はしっかり行うようにしてくださいね。

ちなみに下記のようなものは印鑑登録ができないので、実印を作る際には注意してください。

量産品(他のすでに登録されている可能性があるため) 
スタンプ形式、(シャチハタのようなもの) 
直径が8mm~25mmの範囲にないもの。 

 

ここからは実際に登録する際の手順についてご紹介していきます。

まず準備するものとして

・実印として登録する印鑑

・本人確認書類(官公署発行の顔写真付身分証明書:パスポートや免許書など)

・登録費用(およそ100円〜300円程度)

これらのものが印鑑登録には必要になります。

 

これらを用意して、市区町村役場窓口の備え付けの申請書に必要事項を記入し提出することで印鑑登録は完了します。

ですが、本人が登録に向かうか、代理の人が登録に行くかで登録にかかってくる日数に違いが出てきます。

また、本人確認書類の種類によっても登録にかかる日数が変化してきます。(主に健康保険証などの本人確認書類である場合は、即日登録は厳しくなってきます)

即日印鑑登録を済ませたい場合であれば、本人確認書類は運転免許証やパスポート、そして代理人ではなく本人が登録に向かうようにすれば、早く登録を済ませることができるでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は実印をつくる際に必要なものについてご紹介してきました。

実印のハンコ自体を作るのには、特に必要なものはないのですが、作ったハンコを法的効力のあるものにするための印鑑登録で本人確認書類などが必要になってくるんですね。

この辺りに注意を払って、実印を作成する準備を整えていただければ、スムーズに実印の作成ができるかと思います。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。