熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 実印は女性だって使います!! 貴女にふさわしい実印を作りましょう!!

印鑑市場 店長ブログ

実印は女性だって使います!! 貴女にふさわしい実印を作りましょう!!

2018.2.15カテゴリー:印鑑について

女性の方々にお聞きします。
ご自身の実印をお持ちですか?
結婚することも考えて、実印を作っていない人もいるのではないでしょうか。
確かに、結婚すれば印鑑を作り直す方もいらっしゃいます。

 

しかし、実印がなければ、作り直す以上のデメリットあるのです。
この記事を参考に、一生使える実印を手にしませんか?
今回は、女性の方に向けて、一生使える実印の作り方をお伝えします。

 

・タイミング

実印を作る時期は人それぞれです。
今後に備えて作る人もいれば、急に実印が必要になる人もいるでしょう。
その上、実印は使う機会がそう多くありません。

 

実印を作るタイミングが明確把握できない人も少なくないと思います。
特に、女性が実印を作るタイミングはより難しいです。
せっかく実印を作っても、結婚によって姓が変わってしまえば、もう一度印鑑を作り直さなくてはならないのです。

 

そして、新しく作った印鑑も離婚や再婚によって、破棄しなければなりません。
何度も作り直すのは大変ですよね。
そのため、必要になった時に実印を作る人がほとんどです。

 

もしくは、名前のみの実印を作ってみてはいかがでしょうか。
女性は結婚によって、人生に様々な影響が生じてしまいます。
両親から、どのような苦労があったかを聞いて、実印づくりに反映してみましょう。

 

・印面

実印を作成する場合、苗字だけでなく、フルネームでも作成することができます。
名前だけでも構いません。
先程も申し上げましたが、女性は結婚によって、苗字が変わります。

 

それらを考慮するのであれば、名前だけの印鑑を作っておいて方が望ましいかもしれませんね。
実際に、名前のみの実印を持っている女性は多いです。
その理由は大きく2つあります。

 

1つ目は、先程にもお伝えしたように、結婚によって苗字が変わることがあるから。
2つ目は、女性が「家」を背負うのは良くないとされているからです。
女性が「苗字」を背負って生活していくのは、とても苦労が多いといわれてきました。
そのため、女性がフルネームで作成した印鑑は後家相と呼ばれます。

後家相とは、女性の運が男性の運を奪ってしまい、お互いに様々な苦労を掛けてしまうことです。

 

ただ、これは縁起のようなもの。
必ず起きるというわけではありません。
ぜひ、あなたの意志で印面をどうするか決めてください。

 

実印は基本的に一生に一度だけ作る物です。
そのため、値段も認印などと比べれば高価となっています。
それらを考慮すると、名前だけの印鑑を作るのが望ましいかもしれませんね。

 

・サイズ

実印は基本的に認印や銀行印よりも大きいサイズの物を選びましょう。
ここで指すサイズとは、印面の事を指します。
実印のサイズには、13.5mm~18.0mmが一般的で、25.0mmの大きいサイズもあります。

 

女性にオススメなのは、13.5mmや15.0mmの小さめなサイズです。
小さいサイズの実印は見た人に控えめな印象を与えるため、あなたの女性らしさを引き出してくれるのではないでしょうか。

 

しかし、会社で役職に就いていたり、強い上昇志向を抱かれていたりする方はその想いを印鑑に乗せることをオススメします。
長さにも注目してください。
女性にオススメなのは60mmです。
この大きさが捺しやすいサイズとされています。
微調整も必要ですが、45mm付近だと、寸足らずになってしまうのです。
自分にふさわしいサイズの実印にしましょう。

 

・書体

女性の実印は男性の物に比べてサイズが一回り小さいです。
そのため、書体も印面が小さくても映える物が求められます。
そこでオススメするのが、細篆書体です。

 

通常の篆書体よりも字が細く、柔らかい印面となります。
その上、枠を太くしているため、スッキリした見た目からは想像できない強度が特徴でもあります。
この他にも様々な書体があるため、自分に合った書体を見つけてください。

 

・素材

女性の実印にオススメの素材は琥珀です。
琥珀と言っても、天然の琥珀に硬度の高い人工樹脂が用いられています。
しかし、それでも宝石に退けを取らない美しさを持っているのです。

 

一目見れば、その理由も自然とわかるでしょう。
琥珀は見た目だけでなく、機能性も優れています。
軽くて手になじみやすい捺印性は、他の素材では味わえないでしょう。

 

ただ、衝撃には弱いため、管理には気を付けてください。
他にも多種多様な素材があります。
自分が良いと思った素材を選んで、人生を共に過ごしませんか?

 

今回は、女性が一生使える実印の作り方をご説明しました。
実印は人生に欠かせない印鑑です。
「急いでいるから」、「また作り直せばいいから」などの理由で購入してしまっても、後悔する結果になってしまうでしょう。

 

時間に余裕がある時にしっかりと作っておいてください。
そうすることで、満足できる実印を手にすることができるようになりますよ。
この記事を読んでも実印の作成に関する、不安を拭えない方は、女性専門の印鑑を販売しているお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。
じっくりと時間をかけて、自分だけの一本を見つけてください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。