熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 実印は変更するときはいつ?変更するための方法もご紹介します。

印鑑市場 店長ブログ

実印は変更するときはいつ?変更するための方法もご紹介します。

2019.7.15カテゴリー:印鑑について 印鑑登録について

「実印を紛失してしまったけど新しく作るのが面倒臭い。」
「実印の変更は面倒くさそうで、変更するか迷う。」
実印の変更に関して悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
実印は、印鑑の中でも特に大切なものです。
紛失した場合は、早急に変更しなければなりません。
では、なぜそんなに大切なのでしょうか?
今回は、実印の大切さや実印を変更するための方法をご紹介していきます。

 

□実印について

実印は、なぜ私たちにとって必要なのでしょうか?
そもそも、実印とは、私たちが法律上・社会上の責任や義務を持っていることを証明する印鑑です。
印鑑をお住いの市町村の役所で登録することで、実印として使うことができます。
登録した時には、一緒に印鑑登録証明書というものが渡されます。
もし、実印と印鑑登録証明書は紛失すると、赤の他人がなりすましで使用することが可能になってしまいます。
実印は、公的な書類、遺産相続、車の購入時のときなどに使われ、個人のプライバシーや財産を守る役割を果たしています。
実印は、私たちのことを守る、とても大切な印鑑だとご理解いただけたでしょうか?
続いて、実印の変更が必要な場合を説明していきます。

 

□実印を変更する場合

 

*紛失した場合

実印を無くした場合、実印の変更が必要になります。
他人の手元にわたっている場合が考えられます。
その場合、本人になりすまして、犯罪や高額な契約をすることができます。
そのようなトラブルを避けるためにも、早急に変更しましょう。

 

*苗字が変わった場合

結婚した女性の中には、苗字が変わった方が多いのではないでしょうか。
結婚前に旧姓で登録していた場合、変更が必要になります。
もし、結婚後の変更が嫌だという方がいらっしゃいましたら、名前で登録することをおすすめします。

 

□実印を変更するためには

実印を変更するには、実印を登録した役所の窓口で手続きをとります。
印鑑登録の廃止から、新しい実印を作るまでの方法を説明していきます。

 

*印鑑登録の廃止

まず実印を変更するには、「印鑑登録の廃止届」を窓口に提出して、今まで使用していた実印の効力を無くすことが必要になります。
印鑑登録を廃止する手続きには以下のものが必要になるので、市役所や役所に行く前に確認しましょう。

・本人確認書類(顔写真付きの運転免許証など)
・印鑑登録証明証
・今まで使用していた実印

実印を紛失している場合は、実印を持ってくる必要はありません。
しかし、紛失した場合は、他人による悪用の可能性がかなり高いので、早急に廃止届を提出しましょう。
廃止届によって、実印の効力は失うので悪用の心配はなくなります。

また、結婚して、違う土地へ引っ越した場合、「転出届」を提出することで、自動的に実印として使えなくなります。
しかし念のためですが、引っ越す場合も印鑑登録の廃止届を出すことをおすすめします。

 

*新しい実印の作成

実印を作成する場合は、印鑑のサイズが一辺8mmから25mmの正方形に収まるものと制限されています。
必ず作成前に確認するようにしましょう。
また、実印は一人一個までと決められていますが、印鑑の形は丸いもの以外でも作成することが可能です。

ここで注意していただきたいことは、実印として登録できない印鑑があることです。
以下の条件が当てはまる印鑑は、実印として登録することができません。
登録前に必ず確認しましょう。

・ゴム印など変形してしまう印鑑
・印鑑の大きさが規格外のもの
・文字がローマ字の印鑑
・文字が切れているもの
・本人の氏名を図案化することで認識しづらいもの
・氏名以外の芸名、ペンネーム、雅号、屋号が印刷したもの

 

*実印の登録

実印登録は、現在住んでいる役所の窓口で行います。
登録の場合は、実印登録をする印鑑、本人確認書類(顔写真付きのもの)、登録費用を忘れないようにしましょう。
登録費用は、市町村によって異なるので、自分が住む地域の市役所や役所のウェブサイトを確認することが大切です。
窓口で、申請書提出すると登録完了します。
また、申請と同時に、「印鑑登録証明書」が渡されます。
これは、自分が所有していることを証明する、とても大切な証明書なので、必ず自分で管理をして無くさないようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、実印のことや、実印の変更方法についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?
特に実印を紛失した場合は、他人にわたり悪用されないようにもすぐに変更するようにしましょう。

当社では、印鑑作成のお手伝いをさせていただいています。
豊富な種類の書体や印材、サイズまで、お好きなように選び、自分のオリジナルの実印を選ぶことができます。
もし、印鑑を購入して受け取った後、刻印名の間違いや欠けなどがあった場合、交換・返金は可能です。
印鑑ネット通販専門点シェアNo.1に選ばれた当社で、印鑑を作成してみませんか?
ご不明な点、疑問点がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。