熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 実印のおすすめサイズは15ミリ!男性のための実印作り方まとめ

印鑑市場 店長ブログ

実印のおすすめサイズは15ミリ!男性のための実印作り方まとめ

2018.10.20カテゴリー:印鑑について

男性のライフイベントにおいて、実印は必須とも言えるアイテムです。
女性であれば名字が変わって実印を作り直す機会もありますが、男性にとって、実印は一生に一本と言っても過言ではありません。
そのため、実印をこれから持とうととお考えの方の中で、「実印作りは失敗したくない!」とお思いの方は多いはずです。

しかしいざ作ろうと思っても、何をどう気をつければ良いのかがわからないのではないでしょうか。
今回は、男性に向けた実印作りの重要ポイントを解説いたします。

□そもそも実印はいつ使うものか?


実印は車の売買や不動産取引、遺産相続などに使われる、印鑑の中で最も大きな法的効力を持つ印鑑です。
「自らの意思決定です」ということを示すため、大切に保管することはもちろん、悪用されないように防犯面も考慮してデザインすることが大切です。
そのため、大量生産された既製品を自分の実印として登録するのは避けてください。

「車を買う時に印鑑証明が必要と言われた!」
など、その時になって焦って適当に作ることがないように、今から用意しておくのが良いのではないでしょうか。
ライフプランを想定して、いつ使うのかを早めに見定めておきましょう。

□実印のサイズは?


細かいルールは市町村ごとに違うため、住民票がある役所できちんと確認する必要性があります。
しかし、多くの市町村では8mmから25mm以内のものと定められており、その範囲内であれば登録できないということはありません。

しかしながら、実印はその人の立場を表すもので、男女や自分の社会的な地位によって見合ったサイズがあります。
一般的に男性の実印は女性よりも大きめのサイズで、16.5mmから18mmのサイズがおすすめです。
これは、手の大きな男性の手にぴったりとフィットするサイズです。
また、このサイズであれば各市町村の規定のサイズを超えてしまう心配はありません。

そしてパートナーがいる・またはできる予定がある男性も相手よりも小さくなることはないと思われます。
「別にパートナーより大きくなくても大丈夫じゃないか?」と思われた方もいるかもしれません。
しかし夫婦間で実印の大きさを変えることによって家庭内でどちらの実印かが見分けやすくなります。
また、「後家相」と呼ばれる慣習があり、女性が男性よりも大きい実印を持つと女性の運が男性の運を圧倒してしまい夫婦に災いが訪れると言われています。
あくまでもこれは言い伝えなので知識として知っておく程度で良いかもしれません。

「50代になったことだし、堂々としたサイズにしよう」
「縁起を担いで大きめのサイズで」
などと自分の好みのサイズを見つけてみましょう。

□書体


書体は誰でも模倣できるものにしてしまうと、悪用されてしまう可能性が高くなるため、できるだけ注意して選ぶ必要があります。
例えば、習字を習っていた方ならわかると思いますが、現代私たちが使っている楷書体やそれを少し崩した行書体は偽造されやすいので、実印におすすめはできません。

また、防犯面以外の点からいうと、男性の方はフルネームを彫刻することが多いため全体のバランスも考慮して選びましょう。

「そうは言われてもどの書体がいいかわからない」という方には、篆書体と印相体をおすすめします。
次に、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

・篆書体
楷書や行書とは違い、一見して篆書体は書いてある漢字が分かりにくい書体です。
そのため実印に適しており、お札に使われているハンコをはじめとして、現在でも広く使われています。

・印相体
印相体も篆書体と同じく読みにくいため、偽造されて悪用される可能性が低いと言えます。
またしっかりとした重厚感があり、みた人に男らしい印象を与えられます。
それに加えて印相体は他の事態に比べて文字が欠けにくく、一つの実印を長く持ちたい方にぴったりです。
印面の文字が欠けてしまうと、新しい実印を作り、再登録してそれまで使っていた印鑑を破棄しなければなりません。

□縦書きと横書きはどちらが良いの?


「どちらでも書いてあることは一緒でしょ?」と思うかもしれませんが、それぞれの書き方に意味があります。
縦書きは繁栄や成長を表し、横書きは安定を表します。
そのため、昔から一家の長である男性は縦書き、家庭を守る女性は横書きの実印を作ることが一般的です。
しかし、男女で家庭の役割が決まっていたのは昔のことですし、現代では男女ともに家庭を支えていると考える方も多くおられます。
男性だから縦、女性だから横書きと決めるのではなく、それぞれの書き方に込められた意味や、お名前とのバランスを理解して、お好きな書き方を選びましょう。


以上、参考になりましたでしょうか。

・実印は最も大事な印鑑
・男性は篆書体と印相体がおすすめ
・縦書きは「繁栄」横書きは「安定」を表す
これらの3点が、男性が実印を作る際の主要なポイントでした。

印鑑は伝統的なアイテムなので、知っておくべき情報がたくさんあります。
実印作りに失敗しないようにたくさんの知識をつけてから、世界にひとつだけの実印作りに臨みましょう。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑