熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 女性必見!! 誰も知らない可愛い印鑑ケースとは!!

印鑑市場 店長ブログ

女性必見!! 誰も知らない可愛い印鑑ケースとは!!

2017.8.20カテゴリー:印鑑について

皆さんはどのような印鑑ケースを使われていますか?
きっとシンプルなデザインのモノを使われている人がほとんどでしょう。
男性であればシンプルな印鑑ケースでも魅力的に見えることもありますが。女性の場合はどうでしょうか。
せっかく身の回りの小物を可愛い物で揃えているのに、印鑑ケースだけシンプルなデザインだと、他の人から以下のようなことを思われてしまうかもしれません。
「あ、印鑑ケースは普通なんだ」
そんな事態は避けたいですよね。
そのためにも、印鑑ケースも可愛いいモノにしましょう。

何故、印鑑ケースが必要になるかご存知ですか?


印鑑は毎日使うようなものではありませんよね。
だからと言って、無くても良いものでは決してありません。
そのため、使える時にしっかり使えるように保管しなければならないのです。
「でも、印鑑って結構丈夫でしょ?」
確かに耐久性の高い素材が用いられた印鑑もあります。

けれども、乾燥したり、負荷が蓄積したりすると、印面が割れたり、ヒビが入ってしまうこともあるのです。
そうなると、本当に必要な時に印鑑が使えなくなってしまいます。
それによって、手続きが遅れてしまい、貴方の人生に支障が及んでしまうかもしれません。
それを避けるためにも、印鑑ケースが必要なのです。

「確かに保存しなくちゃいけないのはわかるけれど、デザインがなぁ…」
このような思いを抱えられた方も、いらっしゃるかもしれませんね。
皆さんがお持ちのモノには、機能性よりもデザインを重視して購入された印鑑もあるでしょう。
だからと言って、デザインが自分に合わないとスグに買い替えてしまうこともあるため、無視はできませんよね。

実は、印鑑ケースもオシャレなデザインのモノが増えてきているのです。
「印鑑ケース」と聞くと、外側はレザー貼り、内側は赤のベルベットが用いられたものを思い浮かべてしまいがちですが、それも覆りつつあります。
人生に欠かせない印鑑を大切に保管するためにも、ケースも可愛い物にしませんか。
今回は、最近増えつつある、女性向けの可愛い印鑑ケースについてお伝えします。

形状について


皆さんは印鑑ケースの形状が一つだけだと思っていませんか?
女性向けの印鑑ケースの形状は非常に揃っています。
その中でも、お伝えしたいのが、がま口の印鑑ケースです。
可愛いとは方向性が違うこともありますが、和風な小物を好まれる方もいらっしゃいますよね。
絵柄だけでなく、その形状にも注目されてみてはいかがでしょうか。

オススメの形状について


実印、銀行印など、用途によって印鑑ケースを分けるのも良い工夫ですが、分けすぎて何処にしまったか忘れてしまうこともありますよね。
それを避けるためにも、一か所に集めてしまう方法が挙げられます。
それができるのは、化粧ケースの形をした印鑑ケースです。
化粧品に交じっても違和感がないようなデザインというだけでも、関心を持たれる方は居らっしゃるでしょう。
可愛い印鑑ケースを無くさないためにも、化粧ケースを使って、一括で保管してしまいませんか。

内側の素材にも注目


印鑑ケースは、印鑑を外の衝撃から守るために、外は固く、内側は柔らかくできていますよね。
その内側の素材にも数多くの種類があることをご存知でしょうか。
女性向けの印鑑ケースでは、外側のデザインに合わせて、内側の素材にも工夫がされています。
ただ良い素材を用いるのではなく、デザインに合わせた着色などが特徴的です。
良い素材の例としては、「ベロア」や「ベルベット」が挙げられます。
服飾に詳しい方であれば、それらの特徴もご存知ですよね。

わからない人もいらっしゃるでしょうから、改めてご紹介しますので、ぜひ自分の知識と照らし合わせてみてください。
・ベロア:コートなどに用いられる厚地の柔らかい毛織物。
・ベルベット:上質な光沢感や触りたくなってしまう質感などが特徴で、様々な衣類に使われている。

いかがでしょうか。
印鑑ケースを選ばれる際は、内側の素材にも注目してみてください。

人気のデザインについて


現在、女性に人気のあるデザインは以下のモノです。
・和柄
・桜柄
・ハート柄
・ラインストーン
・ラメ模様
・パールピンク
・ゴールド

これらの他にも様々なデザインがあります。
デザインの好みは人によって違いますよね。
それに備えて、多くの企業が様々なデザインの印鑑ケースを揃えているのです。
自分の好みに合ったデザインが見つかるよう、様々な店舗に足を運んでみてください。

まとめ


今回は、女性に向けたオススメの印鑑ケースをご説明しました。
印鑑ケースは印鑑を購入したときに付属してくることもありますが、デザインまで選べることはほとんどありません。
自分の好きな印鑑ケースが見つかるまでは、それを使いましょう。
印鑑ケースは印鑑を守る重要な存在です。
自分の好みに合ったものを購入し、一生使い続けられるようにしませんか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。