熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 失敗しない銀行印の選び方

印鑑市場 店長ブログ

失敗しない銀行印の選び方

2017.3.22カテゴリー:印鑑について

実印と同じくらい重要なのが、銀行印であることはみなさんご存知のことかと思います。

ですが、銀行印を選ぶ際にも意識しておきたいポイントがいくつかあることはご存知でしたでしょうか?

今回は「失敗しない銀行印の選び方」ということで、実際に銀行印を作る際に意識しておきたいポイントについてまとめてご紹介していきたいと思います。

 

銀行印は兼用しないほうが良い

 

印鑑は銀行印も実印も同じものを兼用して使えばいいんじゃないのと思っている方もいるかもしれません。

実際のところ印鑑そのものに対して銀行印と実印などに明確な定義はないので、同じものを使い回すことは可能なんです。

 

ですが、偽造されるリスクを考えると兼用はやめておいたほうが良いでしょう。

同じ印鑑を兼用して使うということは、それだけ印鑑が外に出る機会を増やすことになりますので、偽造されやすくなってしまいます。

 

また、兼用していた印鑑を万が一紛失や盗難に遭ってしまった場合には、市町村役場と金融機関の両方に届出をして改印の手続きをふむ必要が出てくるのでとても手間がかかってしまいます。

これらのリスクを考えた上で、これから銀行印を作るという方はめんどくさがらずに、銀行印専用の印鑑を作るようにしてくださいね。

 

銀行印はフルネームや苗字じゃないといけない?

 

銀行印は実際のところフルネームでなければいけないとか、苗字だけでなければいけないのようにこれといった決まりはありません。

なので、選ぶ基準としては、偽造されにくいものを作るのがベストだといえるでしょう。

オススメとしては男性はフルネーム、女性は名前で作っておくことです。

男性であればやはり偽造されにくくしておくという意味で、フルネームで作っておくのが無難でしょう。

 

女性ももちろんフルネームのほうが偽造されにくいのですが、結婚前の女性の場合、フルネームで作っていると結婚した際に印鑑をつくりかえる手間が出てくるのです。

なので、結婚がまだだという方はフルネームではない上で、苗字よりも名前のほうが他の人とかぶる可能性が低く偽造されにくいので、名前での銀行印の作成がオススメと言えます。

 

 

書体やサイズはどうしたらいいの?

 

印鑑に用いられる書体はいくつか種類がありますが、銀行印としてよくおすすめされるのが「篆書体(てんしょたい)」と「印相体」の2つです。

これらの特徴として、字体が複雑で判別が難しく偽造されにくいという特徴があります。

持ち主の資産を守る重要な印鑑ですので、これらのような可読性の低い書体が好まれます。

詳しくは印鑑の書体について記した記事がありますので、そちらを参考にしていただいた上で、デザインなどの気に入った書体を選ばれるのがベストと言えます。

 

またサイズに関しては一般的には、認印よりも少し大きめのサイズが良いとされています。

男性であれば、13.5mm~15.0mm、女性であれば、12.0mm~15.0mmくらいのサイズで作っておくと無難で失敗はないでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は銀行印を作る際に失敗しないために意識しておきたいポイントについてご紹介しました。

これらのポイントを意識して作っておけば失敗はないかと思います。

 

ですが、もうひとつ大切なこととして、必要になった時に焦って作らないということです。

印鑑は一生ものであり、自分を証明する大切なものです。

焦って作って失敗してしまうことを防ぐためにも、余裕がある時に銀行印を作る準備をして納得のいく印鑑を作るようにすることも、失敗を防ぐ上でとても大切になってきますので意識してみてくださいね。

 

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。