熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑をデジタルで作る!! Excelを用いた印鑑の作り方とは!!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑をデジタルで作る!! Excelを用いた印鑑の作り方とは!!

2017.10.15カテゴリー:印鑑について

「PCで印鑑を捺せたらなぁ…」
このような思いを抱えている人、意外と多いのではないでしょうか
それが実現出来たら、プリントを印刷してから印鑑を捺す時間を削減できますよね。
これを聞いて、PCで印鑑を捺してしまいたい方も居るのではないでしょうか。
これから、そのような方々に向けて、PCで使える印鑑の作り方をお伝えします。

 

Excelを用いた作り方

まずは、印鑑の画像を作っていきましょう。
使い慣れている画像編集ソフトがあれば、それを用いて、印影を作成しても構いません。
しかし、誰もが使えるわけではありませんよね。
そのためにも、Excelで1から作っていきましょう。

今回用いるExcelは、Excel2013です。

 

Excelは、Excel2013の操作方法

リボンにある「挿入」ボタンを押してください。
そしたら、様々な色の「A」が出てきましたよね。
その中から、一番左上にある「A」をクリックしてください。

 

点線に囲まれて、「ここに文字を入力」という言葉が出てきませんでしたか?
そこに。印影にしたい一文字目を入力してください。
フォントやサイズは好みで設定することができます。

 

しかし、印鑑として使うのであれば、フォントくらいは実物のモノと同じようにしたいですよね。
ここで、実際の印鑑で使われているフォントをご紹介します。

 

この中から、お持ちの印鑑に近いフォントを選んでください。
・篆書体
・印相体
・隷書体
・古印体
・楷書体
・行書体
簡単にそれぞれの書体の特徴をご説明します。

 

・篆書体:重厚で風格が漂う書体。実印によく使われる。
・印相体:比較的柔らかい印象を受ける書体。吉相体とも呼ばれ、開運が期待できる。
・隷書体:バランスのとれた美しい文字が特徴の書体。日本銀行券に使われている。
・古印体:親しみやすい印影が特徴の書体。個人の銀行印などにも使われる。
・楷書体:漢字の最も基本的な書体。可読性が高いため、認め印として使われる。
・行書体:筆で書いたような滑らかな印影の書体。少し癖がある。
フォントを選べたら、文字を赤くしましょう。

 

リボンにある「ホーム」を押して、Aと下に赤い線が引かれたボタンを押してください。
それを押すことで、文字を赤くすることができますよ。
それができたら、それをコピーして、印影に書く文字数が揃うまで。コピー&ペーストを行いましょう。
ペーストが終了したら、文字を変えていってください。

 

印影にしたい文字が揃いましたか?
そしたら、文字を縦に揃えましょう。
ある程度揃えられたら、リボンの「挿入」を押してください。

 

次に、その中から「図形」を選びましょう。
たくさんの図形が出てきましたね。
そこから、楕円を選んでください。
楕円で文字を囲んだら、右クリックをして、図形の設定を変えましょう。

 

枠を赤くして、塗りつぶしは透明にします。
それが終わったら、楕円と文字を選択してください。
数ある項目の中から、「グループ化」にカーソルを合わせましょう。
そしたら、右に3つくらい項目が出てきましたよね。

 

その中から、また「グループ化」を選んでください。
楕円と文字をグループ化できたら、それをコピーしましょう。
コピーしたものは、空いている所に貼り付けてください。

 

貼り付けるオプションは、「図として貼り付け」を選択しましょう。
その画像をダブルクリックすると、リボン欄に「図ツール」というものが表れます。
そしたら、トリミングを押して、周りの余白を小さくしていきましょう。
そこまで終わったら、今の楕円と文字をコピーしてください。

 

ここで、Excelを用いた作業は終了です。
ここからは、ほとんどのPCに導入されているペイントソフトを使って、印鑑を仕上げていきましょう。

今回は、windowsのペイントを例に説明してきます。

 

印刷の仕上げ方

ペイントソフトを起動できたら、Excelで作成した印影を貼り付けてください。
ペイントのキャンパスは、印影に対してかなり大きいと思います。
貼り付けたら、無駄な部分は縮めてしまいましょう。
これで印影を作る作業は終了しました。

 

後は、作成した印影を保存しましょう。
作成した画像を、「名前を付けて保存」してください。
拡張子は何でも構いません。
ある程度のソフトで対応できるような、メジャーな拡張子を選ぶことをオススメします。

 

では、実際に使えるかどうかを確認してください。
せっかくですから、Excelに作成した印影を写しましょう。
Excelのリボン欄から挿入を押してください。
その中にある「画像」をクリックしましょう。
そしたら、画像ファイルが開かれましたよね。

その中から、先程の印影を選んでください。

 

想像通りの印影を作成できましたか?
きっと、多少の修正をしたいと思います。
その場合は、もう一度始めから作るか、ペイントが開かれたままならペイントで修正してしまいしょう。
作った画像を活かして、仕事の効率を上げませんか。

 

今回は、Excelを用いた印鑑の作り方をご説明しました。
デジタルの印鑑の登場で、あなたの会社が大きく変わるかもしれません。
手元にある印鑑とPCにある印鑑を駆使して、仕事をどんどん進めませんか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。