熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑をなくしても慌てない!! 銀行印を紛失した時にするべき行動とは!!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑をなくしても慌てない!! 銀行印を紛失した時にするべき行動とは!!

2018.2.20カテゴリー:印鑑について

銀行印をなくしてしまう。
考えただけでも悪寒が走りますよね。
けれでも、何かが原因でそれが現実になってしまう場合もあります。
その際に、どうすれば良いのかわからずに慌ててしまうと、状況が悪化してしまう場合もあるでしょう。
まずは落ち着いてください。

 

その上で、この記事を参考に被害を少なくしていきましょう。
今回は、銀行印を無くした時にするべき行動をお伝えします。

 

【銀行印以外の紛失物を確認する】

冒頭にもお伝えしましたが、まずは落ち着きましょう。
慌てた所で状況が改善するわけではありませんよね。
心が落ち着かないと思いますが、頭だけでも冷静に判断できるようにしてください。

 

銀行印がなくなったことがわかったら、他の紛失物を探しましょう。
口座の通帳や証書、キャッシュカードはしっかりと手元にあるでしょうか。
もし、それらも紛失してしまっている場合は、それらを合わせて、銀行へ紛失の手続きを行ってください。

 

【銀行に連絡】

何が手元にないかわかったら、銀行の窓口や銀行の紛失専門の相談センターへスグに電話してください。
営業時間外であれば、それぞれの金融機関が設けている専門ダイヤルへ連絡しましょう。
銀行印を紛失したことを伝えられれば、その印鑑を使った入出金や取引が停止されます。

 

これによって、なりすましの取引を防げるようにできるのです。
口座を守れれば、一時でも気分が安らぐでしょう。
銀行へ自分の状況を適切に伝えてから、次の行動に移るようにして下さい。

 

【新しい印鑑を用意する】

銀行印を紛失したことを伝えた場合、その口座での取引が停止されます。
その口座を再び使えるようにするためには、再び印鑑登録をしなければなりません。
各金融機関によっても異なりますが、一般的には以下の3つを揃える必要があります。
・顔写真付きの本人確認書類
・通帳
・新しい銀行の印鑑
これらを用意して、銀行窓口で手続きを行いましょう。

 

金融機関によっては、紛失受付を郵送で行い住所確認を行う場合もあります。
その場合、郵送で受け取った手紙もあわせて提出する必要があるため、間違って捨ててしまうことが無いようにしてください。

 

また、顔写真付きの本人確認書類をスグに用意できない方もいらっしゃいますよね。
そのような方々は、その代わりとなる書類を用意してください。
具体的には、住民票や戸籍謄本などです。
顔写真付きの本人確認書類以外での身分証明では手続きが変わることがあります。
それらも前もって確認して、何度も窓口に足を運ぶことが無いようにしましょう。

 

【見つかったら連絡する】

手続きをしていくうちに、紛失したはずの銀行印が見つかることもあるでしょう。
見つかったからといって、口座が停止されていれば取引はできないのです。
どんなに本人である書類を用意しても、取引することはできません。

 

見つかった場合は、印鑑再登録の様に、本人確認の上で、紛失の設定を解除できるのです。
銀行印が見つかったからと言って、全ての問題が解決するわけではないことを覚えておいてください。

 

【キャッシュカードが使えるからといって放置しない】

皆さんの中には、「銀行印がなくなっても、キャッシュカードが使えるでしょ」と思われる人もいるかもしれませんね。
その考えは捨ててください。
キャッシュカードでも取引できますが、通帳と銀行印のセットでも出勤できますよね。

 

もし、銀行印が盗まれていて、同じ人に本人確認書類を盗まれてしまったら、あなたの口座を空にされてしまいます。
このような事態に陥る可能性は低いかもしれませんが、絶対に起きないわけではありません。
「まぁ、大丈夫でしょ」という慢心があなたの身を滅ぼすことだってあるのです。
銀行印、通帳、キャッシュカードのうち、どれか一つでも紛失してしまったら速やかに紛失の手続きを行ってください。

 

【住所の変更は速やかに連絡する】

銀行印を無くした連絡をした際に、住所を変更したことを金融機関に伝えてなかった事例は少なくありません。
「引越で忙しかったから…」
このように思われるかもしれませんが、銀行印の紛失、住所変更手続きが重なってしまうと、手続きに時間がかかってしまいます。

 

「印鑑変更を先にしてほしい!!」と思われるかもしれませんが、本人確認に誤った情報がある以上、変更することはできません。
もし、印鑑変更を先にしてしまえば、その銀行の信頼は地に落ちてしまうでしょう。

 

銀行もお客さんの大切な資産を守るために、必要な事をしているのです。
非常時に速やかな行動がとれるようにも、常に正しい情報を伝えておくようにしてください。

 

今回は、銀行印を無くした時にするべき行動を5つ、日頃から気を付けて欲しい事を1つご紹介しました。
銀行印がなければ、あなたの大切な資産が他の人に悪用されてしまいます。
それを防げるのは、あなたの意識と日頃の行動です。
紛失しないことが一番ですが、万が一の場合に備えて、紛失してしまった時の行動も覚えておいてください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。