熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑はプレゼントとしてあり?理由と選び方のポイントをご紹介

印鑑市場 店長ブログ

印鑑はプレゼントとしてあり?理由と選び方のポイントをご紹介

2019.1.20カテゴリー:印鑑について

「家族にプレゼントを贈りたいけど、なにがいいかわからない・・・」
このように、親しい人に贈るプレゼント選びで悩んでいる方は、多いのではないでしょうか。
そんなみなさんにおすすめしたいものが印鑑です。
しかし、印鑑をプレゼントとして贈っていいのか不安に感じる方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、印鑑がプレゼントとしておすすめな理由と、選び方のポイント、注意点についてご紹介していきます。

□印鑑がプレゼントとしておすすめな理由


*実用性がある
みなさんの中には、あまり使えそうにないものをプレゼントとしてもらい、処理に悩んだ経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
印鑑を使う頻度はそう多くはないかもしれません。
例えば、使う必要がある時になって「あ!印鑑を買っておくのを忘れた!」と気がついた経験はありませんか?
使う頻度は少ないけれど、確実にあると使うものが印鑑です。
このように、プレゼントとして印鑑を贈ることは実用性があるためおすすめです。
また、日本に住み始めて間もない外国の方に贈ることもおすすめです。
欧米では印鑑ではなくサインが主流ですが、日本で生活するにあたって印鑑は必ず必要になります。
実用的であるだけでなく、日本文化の興味深い品物であるため、喜ばれるのではないでしょうか。

*節目を飾る際に最適
印鑑は、人生の大きな節目にあたる時に渡すプレゼントとして最適で、とても人気があります。
特に結婚する際は、女性は苗字が変わることがほとんどで、実印を作り直す必要があります。
そのため、結婚祝いで印鑑を贈ると喜ばれるかもしれません。
結婚は印鑑をプレゼントとして贈るとてもいいタイミングであると言えるでしょう。
また、友人や家族からだけでなく、夫から奥さんに贈ることもおすすめです。
中には結婚に対し嬉しいと感じるものの、今までずっと使ってきたなじみのある苗字を変えることに対し、少なからず不安に感じられる方もいらっしゃいます。
そのため、不安を和らげさせるため、また一緒の苗字になることへの感謝や幸せの気持ちを伝えるためにも、実印をプレゼントしてみてはどうでしょうか。
就職で地元を離れる、成人を迎えるなど、人生の中で大切な節目となる場面で親御さんからお子さんへ実印の印鑑が贈られるケースも多いです。

*世界に一つの贈り物
印鑑を贈るとなると、既製品のものではなくオーダーメイドで作ったものを贈るため、「世界に一つだけのものだ」という特別な気分を感じることができます。
印鑑を作る際には、種類、サイズ、素材、文字の彫り方といったように、細かくデザインを選んで作ることができます。
贈る相手のことを想像しながら、ひとつひとつ選んでみてはいかがでしょか。
サプライズで贈るなら、贈る予定の日に間に合うように、余裕を持って作るようにしましょう。

このようにプレゼントとしてぴったりな印鑑ですが、事前に知っていただきたい選び方のポイントがあります。
以下の点に注意して印鑑を選ぶことをおすすめします。

□選び方のポイント、注意点


*印鑑を贈る意味を知っておく
印鑑を贈るなら、「印鑑を贈る意味」を知っておく必要があります。
印鑑を贈ることは、社会的な自立を促すことにつながります。
そのため、あまり親しくない人や、目上の人に贈ることは失礼になる可能性があるため、注意が必要です。

*贈る相手、使用目的を考えて選ぶ
贈る相手との関係性や、どういった時に使うのかをふまえて選ぶようにしましょう。
就職や転職祝いで男性へ贈るなら、仕事場で使用する可能性もあるため、高いステータスが感じられるような素材を選んでみてはどうでしょうか。
象牙は、高級な雰囲気が感じられる美しい見た目が特徴的で、とても人気があります。
また、低価格でありながら、耐久性が高い黒水牛や、スタイリッシュなデザインで腐食や衝撃に強いチタンもおすすめです。

*デザインにもこだわる
印材の素材だけでなく、デザインにもこだわってみてはどうでしょうか。
メッセージの刻印を入れたり、誕生月の天然石をつけられる印鑑もあります。
よりデザインにこだわることで、贈る人により合ったものが作れると思います。

*お店選び
印鑑を通販サイトで作成する場合、通販サイトにはさまざまなものがあります。
中にはサービスの悪いサイトもあるため、どのサイトがいいのか見極める必要があります。
そのため、公式サイトへ訪問し、料金だけでなくどれだけの商品が取り扱われており、保証を含めたアフターサービスが充実しているのかを確認することをおすすめします。
また、通販サイトでは実物を店頭で見ることができないため、口コミもしっかりと確認し、どのようなサービスが提供されているかもチェックすることをおすすめします。
さらに、実際にメールや電話で商品やサービスに関する質問をしてみて、どのくらい丁寧な対応をしてくれるのかを確認してみることもおすすめです。

□まとめ


今回は、印鑑がプレゼントとしておすすめな理由と、選び方のポイント、注意点についてご紹介しました。
印鑑は一生もののプレゼントになると思います。
この記事を参考にして、ぜひ贈る人に合った印鑑選びを行っていただけたら幸いです。
弊社ではご購入から20年以内であれば、、魔耗などで捺印・押印ができなくなった場合に対して無料で彫り直しをさせていただく「20年保証」を行っております。
お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。