熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑とシャチハタの違いについて詳しく解説します!

印鑑市場 店長ブログ

印鑑とシャチハタの違いについて詳しく解説します!

2021.8.10カテゴリー:印鑑について

皆さまは、印鑑とシャチハタの違いについてご存知でしょうか。
具体的にどのような違いがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。
これらは、場合によっては使用できるものが決められている時もあるので、違いについてよく理解しておくことは大切です。
そこで今回は、印鑑とシャチハタの違いについて解説します。

 

□シャチハタと印鑑の違いについて

まずは、シャチハタと印鑑の違いについて解説します。

シャチハタとは、インク浸透印という種類の印鑑であり、愛知県名古屋市の会社であるシャチハタ株式会社という会社が広めたことからそう呼ばれています。

シャチハタと印鑑の違いは、大きく3つのポイントがあります。
ここからは、その3つのポイントを具体的に解説します。

1つ目のポイントは、朱肉とインクのどちらを使用するかです。
自分が持っているハンコがどちらの種類なのかを知るためには、朱肉かインクのどちらを使用しているかで判断できます。
朱肉を使用しないと印を押せないのが印鑑で、インクが内蔵されているため朱肉を使用しなくても良いのがシャチハタです。

また、印鑑には以下のような特徴があります。
・乾きにくい
・色味が濃い
・変色しにくい
・適度に粘り気がある
・印鑑を傷めない原料で作られている

 

対するシャチハタの特徴は、以下の通りです。
・乾きやすい
・色味によっては変色する可能性がある
・サラサラしている
・ゴム材が変質しにくい材料で作られている

このように、それぞれで異なる特徴を持っているので、覚えておきましょう。

2つ目のポイントは、印面の作成方法の違いです。
一般的に印鑑は手彫りか機械彫りで作成されるのに対して、シャチハタはプレス加工かレーザー加工で作成されます。
このように、制作方法にも相違点があるのです。

3つ目のポイントは、印鑑の素材の違いです。
印鑑は、木材や角、金属材や樹脂材、ゴム材などの素材から作られるのに対して、シャチハタはゴム印で作られています。
使われている素材に着目すると、判別しやすいのではないでしょうか。

 

□シャチハタを使う際の注意点について

ここからは、シャチハタの使用方法と使う際の注意点について紹介します。

シャチハタは、使える場面と使えない場面があります。
なぜなら、これはあくまでも印鑑の代用品であり、実印や銀行印の代用はできないのです。
そのため、役所や銀行の窓口でシャチハタを使用して印を押そうとすると、弾かれる可能性があります。
一方で、宅配便の受け取りや認印としての用途であればシャチハタが使用できるので、場面に応じて使い分けるようにしましょう。

 

□印鑑が必要な場合について

ハンコを購入する上で、シャチハタだけでいいやと考えてしまう方は多いと思います。
しかし、今の日本では不便になる場合も多いので、印鑑を用意しておくことが重要です。
では、印鑑が必要になる場面とは、具体的にどのような状況なのでしょうか。
ここからは、印鑑が必要になる代表的な場面をいくつか紹介します。

 

*役所への届け出をする際

印鑑を使用する機会が多い場所として挙げられるのは、役所への届け出をする際です。
なんらかの申請が必要で役所に訪れる機会は、年に数回程度はありますよね。
その際に、シャチハタしか持っていなければ届け出を断られてしまう場合があります。
円滑に届け出を受理してもらうためには、印鑑の所持が必要になるので覚えておきましょう。

 

*銀行で手続きを行う際

銀行で手続きを行う際には、印鑑は必要となる場合があります。
最近では、インターネットバンキングの認証方式によって本人確認や意思確認が容易にできるので、印鑑を使わなくても契約ができるケースも増えてきています。
しかし、定期預金で途中で契約を解除する際などには、印鑑を使った手続きを行う必要性が生じるケースもあります。
その他にも、ATMでは一回で引き出せるお金の上限が決められているので、大金を窓口で引き出そうとした時に印鑑が必要になる場合もあります。

お金を預けるなどの比較的簡単な手続きでは印鑑がいらない場合がほとんどですが、まとまったお金を引き出す際などでは本人確認をしっかりとしておかないとなりすましの被害などのトラブルにつながる可能性があるので、印鑑を使った念入りな本人確認が必要になるのです。

このように、日常生活を送る上で印鑑を持っていなければ困ってしまう場面はたくさんあるので、持っていない方は早めに手に入れるのが良いでしょう。
紹介した場面以外でも印鑑が必要になる場面はあるので、気になる方はぜひ一度ご自身で調べてみてください。

 

□まとめ

今回は、印鑑とシャチハタの違いや印鑑が必要となる場面について紹介しました。
紹介したようにこの2つが使用できる場面は異なるので、注意しておきましょう。
この記事で紹介した内容を参考にして、正しく使い分けられるようにしてください。
印鑑の購入を検討している方は、当社までお問い合わせください。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑