熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑が母の想いを娘に伝える!! 嫁入り道具として印鑑を贈りませんか?

印鑑市場 店長ブログ

印鑑が母の想いを娘に伝える!! 嫁入り道具として印鑑を贈りませんか?

2017.11.20カテゴリー:印鑑について

自分の子供が夫婦となって、親の手を離れる結納。
娘さんが結婚すると聞いて、様々な準備をされている方もいらっしゃるでしょう。
新居を見に行ったり、新生活に必要な物を揃えたりして、駆け回っているご家庭があるかもしれませんね。

 

ところで、嫁入り道具の準備をしていますか?
新生活の事で頭が一杯に成ってしまうのはわかりますが、それだけが親から子へ贈れる物ではありません。
ある程度落ち着いてきたら、母から娘への想いを伝える嫁入り道具を用意しましょう。

 

しかし、どのような物を買えばいいのかわからない人もいらっしゃいますよね。
今回は、そのような方々に向けて、印鑑が嫁入り道具としてオススメな理由をお伝えします。

 

・そもそも、嫁入り道具って?

嫁入り道具は婚姻儀礼の一つです。
家を出る娘のために、生活で苦労しないように持たせる荷物一式の事を、嫁入り道具と呼んできました。
結納の際、男性から贈られる結納金に対して、女性側は持参金として嫁入り道具を持たせたそうです。
嫁入り道具として、家具や寝具、着物、食器など、調度品が贈られていたとされています。
豪華にすればするほど、良いとされていたそうです。

 

昔は「嫁入り」そのものがイベントだったため、きらびやかで見栄えの良い嫁入り道具が幸せの証となっていたのでしょう。
貴女の想いを形にして、愛する娘に贈ってみませんか。

 

・現代の嫁入り道具

現状、伝統的な嫁入り道具は敬遠されてしまうことが多いそうです。
ライフスタイルの変化によって、豪華な家具よりも家電の方が重宝されている傾向があります。
マンションやアパートに、豪華な家具や寝具が合わないのもわかりますよね。
「じゃあ、嫁入り道具は家電で良いのかな?」
このように思われた方もいらっしゃるでしょうが、そうでもないようです。

 

夫婦のどちらかが1人暮らしで使っていた製品で十分だったり、自分達だけで選びたい場合もあったりするため、家電も避けた方が良いかもしれませんね。
では、嫁入り道具は、もう不要なのでしょうか?
そんなことはありません。
確かに、時代の変化によって、伝統的な嫁入り道具は合わなくなってきてしまっています。
だからといって、親の手から離れる娘に嫁入り道具を持たせてあげたい母親の気持ちを、無碍にできませんよね。

 

嫁入り道具を選ぶ際に必要なのは、母から娘に対する気持ちと新生活への備えです。
それらを踏まえると、印鑑が嫁入り道具として適しているのではないでしょうか。

 

・印鑑が嫁入り道具として適している理由

その理由は2つあります。
1つ目は、実用性です。
結婚した場合、女性は夫の苗字に変更する場合が多いですよね。
それに伴って、身分証明書や様々な契約の名前を変更しなければなりません。
その時に必要と成るのが、新しい苗字の印鑑です。
婚姻届けを提出した後も、印鑑が備えてあればスムーズに変更できますよ。

 

2つ目は、必要性です。
社会生活を過ごして行くには、大人として「きちんとした」物を持っていなければなりません。
印鑑は、「ただ押せばいい」というものではありませんよね。
契約などに対して、自分の意思を表示する証です。
それらを考えると、上質な印鑑は社会において必需品と言えるのではないでしょうか。

 

・どのような印鑑を贈るか

最近では、手軽に印鑑を購入できますし、三文判でも押印できることはありますよね。
しかし、結婚という人生の節目だからこそ、印鑑を備える意味があるのです。
印鑑は親だからこそ贈れる物ではないでしょうか。

 

どのような印鑑を贈るかに関してですが、印材と印面に注目してください。
印材には様々な種類がある為、縁起を担げたり、娘さんの好みに合った印鑑を選んだりしてみてはいかがでしょうか。

 

印面に関しては、苗字を彫るか名前を彫るかに注目してください。
そのどちらかによって、嫁入り道具として用意された印鑑の意味が変わります。
それぞれを参考に、どちらが好ましいか考えてみましょう。

 

【苗字】

2人で歩んで行く新しい人生の証。
愛し合いながら一生を共にする大切な人との誓いが込められています。
親の幸せな人生を歩んで欲しい想いと、自分の手から離れてしまう寂しい想いを伝えることができますよ。

【名前】

両親の願いと想いが入った一番の贈り物。
結婚しても変わらない名前が刻まれた印鑑は、娘自身のしるしです。
「どんな人生を歩んでいても、その人らしさを失うことがないよう」にという願いが込められた嫁入り道具になりますよ。

 

まとめ

今回は、嫁入り道具として印鑑が最適な理由をご説明しました。
時代の変化によって、嫁入り道具の形が変わることがあっても、娘を想う母の気持ちは変わりません。
嫁入りを控えた娘さんを想う母親の気持ちは複雑だと思います。
しかし、それはどの母親が経験してきたことです。

 

これを機に、あなたのお母様にどんな気持ちだったかを聞いてみてはいかがでしょうか。
嫁入り道具選びの参考に成る話を聞けるかもしれませんよ。
自分の想いを余すことなく嫁入り道具に乗せて、娘に贈りませんか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。