熟練の職人が作り続けて36年 印鑑市場グループ ネット通販でも20周年

購入前に知っておきたい「手書き文字」について

閉じる ×

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字とコンピューター文字の違い

手書き文字は、バランスが良く文字の強弱がある「美しい文字」に仕上がります。
しかし最大の特徴は、
どこにでもある使い回しのコンピューター文字ではなく、
ご注文の度に一から書く文字なので、
完全にオリジナルのこの世に1本しかない
「偽造されにくい安全な文字」になるということです。

ほとんどの印鑑店は、手書き文字で作成することは技術的に困難なため、
同じような文字になりやすいコンピューター文字で作成しています。

昔の印鑑店はみんな手書き文字での作成でしたが、
PC等の発達により誰でも同じような文字を使い、
彫刻機さえあれば、簡単に安価で印鑑を作れるようになってしまいました。

実印や銀行印の重要印鑑ではほとんどの方が手書き文字での作成をご希望されますが、
認め印等でも日本の伝統文化とも言える、
「偽造されにくい手書き文字印鑑」での作成を強くお勧め致します。

20年保証の手書き文字印鑑を最安値で買うことができるのは、印鑑市場だけです。

ほとんどの方が、一生に1回しか実印などの重要印鑑は作りません。

「とりあえず、急ぐのでネットで買ったけど、
印鑑の仕上がりにこんなに違いがあるなんて知らなかった・・・・」

「もっとちゃんと選べば良かった・・・・」

というお声もたくさんいただき、当店で再作成されることも珍しくありません。

価格と品質に納得できる印鑑選びを!

閉じる ×

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 上司へのハンコ、斜めに押す?印鑑業界の常識とは?

印鑑市場 店長ブログ

上司へのハンコ、斜めに押す?印鑑業界の常識とは?

2015.11.19カテゴリー:印鑑について

ブログタイトル

 

印鑑の意外と知られていない常識?!として、印鑑を斜めに押すというのが、特に金融業界である、というニュースが世間を騒がせております。

 

 稟議書などでは、左に上司、右に部下の捺印する項目があるので、その左の上司の印鑑に対して、右の部下の印鑑が頭を垂れるように、

左に傾けて押す、というものです。

 

 

金融業界の方の意見としては、確かにそのような習慣もある会社も存在するようですが、「常識」というわけでもないようで、

終身雇用が当然であった厳しい年功序列の名残のようです。

しかし、薄れつつあるとはいえ、印鑑という昔から使われる文化に根付く面白い慣習ですね。

 

 

このように印鑑というのは、その人となりを現すもので、自身の分身とも考えれるため、印鑑本体に削りこむタイプのアタリをつけるのは、

良くないとも言われております。

 

 

そして、特に今回の事例のような上司にあたる立場の印鑑では、簡単に同じものが作れるような浸透印や印鑑通販に蔓延している安価なコンピューター文字の印鑑ではなく、

格式高い手書き文字で作成する高品質な印鑑が好まれる傾向があります。認印でも意識の高い方が、手書き文字印鑑を選ぶ理由は、

同じ苗字の印鑑でも、手書き文字にすることによって、自分だけのオリジナル文字の印鑑となり、

それを持つことが仕事の矜持にも繋がると考えていると思います。

 

 

今では、安価なコンピューター文字印鑑が世の中の印鑑の99%以上を占めるようになってしまいましたが、

印鑑市場では昔ながらの作成方式である、格式高い手書き文字印鑑で作成することができます。

既に使用されている認印をお持ちでも、是非、この機会に手書き文字印鑑をご検討くださいませ。

 

また、ビジネスシーンでの印鑑の使い方について、特に新しいビジネスパーソンや新入社員が気になるのが、印鑑を斜めに押す習慣についての理解とそのマナーです。
今回は、この特有のマナー、いわゆる「お辞儀ハンコ」の文化的背景と適切な使用法に焦点を当て、その正しい理解を深めることで、ビジネスドキュメントのプロフェッショナリズムを高める方法を探求します。

 

□ハンコを斜めに押す意味とは?

 

日本のビジネス文書において、印鑑を斜めに押す習慣は、特定の業界、特に銀行や証券会社、官公庁で見られることがあります。
これは「お辞儀ハンコ」とも呼ばれ、形式や礼節を重んじる日本の文化的表現の一つとして存在しています。

 

1:どの業界で見られるか?

 

お辞儀ハンコは、主に銀行や証券会社、官公庁といった金融関連の業界や公的な場で用いられることが多いです。
これらの場では、上下関係や相互の尊重を形式的に表現することが求められるため、印鑑を使ってその敬意を示す方法として採用されています。

 

2:文化的背景

 

日本におけるお辞儀ハンコの背景には、目上の人への敬意を表す深い文化的意味があります。
印鑑を軽く傾けることで、相手への敬意や礼儀を象徴的に示せます。
これは、車内の座席位置や乾杯時のグラスの高さと同様に、相手への尊重を表現する方法の一つです。

 

3:注意点

 

ただし、お辞儀ハンコは一般的なビジネスマナーではありません。
社内でのみ有効な慣習であり、外部の企業や公的な文書には適用されることは少ないです。
そのため、社内でこの慣習があるかどうかを事前に確認し、必要な場合のみ適切に使用することが重要です。

 

□印鑑を綺麗に押すコツ

 

印鑑を使用する際、特に重要なビジネス文書で綺麗に、そして適切に押印することは非常に大切です。
印鑑が乱雑に押されていると、不正確で非プロフェッショナルな印象を与えかねません。
適切な手順で、印鑑を綺麗に押しましょう。

 

1:捺印マットの活用

 

捺印マットは、印鑑を押す際に書類の下に敷くことで、印面が書類に均一に接触しやすくなります。
これにより、印影がはっきりと美しく残るため、専用のマットを使用することをおすすめします。

 

2:印面の確認と朱肉の適量

 

印鑑を押す前には、印面が清潔であることを確認し、必要に応じて清掃するようにしてください。
朱肉は適量を印鑑に付け、余分なインクが印面に残らないよう注意しましょう。
過剰な朱肉は印影をにじませる原因となります。

 

3:印鑑の正しい押し方

 

印鑑は、書類に対して垂直に押し込むようにしましょう。
力の入れ方は均一に、そして確実に押すことが重要です。
押印後は、ゆっくりと印鑑を持ち上げて、にじみや滑りを防ぎます。

 

*使用後の手入れ

 

使用後は、印鑑の表面をきれいに拭き取り、保管前に朱肉を綺麗にすることも大切です。
これにより、次回使用時にも綺麗な印影を保てます。

このように、印鑑を綺麗に押すためには、適切な準備と正しい押印方法が求められます。
日々の業務での押印が多いビジネスパーソンは、これらの基本をマスターしておくことで、どのような文書にもプロフェッショナルな印象を与えられます。

 

□まとめ

 

この記事を通じて、ビジネス文書における印鑑の正しい使い方、その文化的背景と意味、さらには現代におけるその役割の変化についてご紹介しました。
お辞儀ハンコの正しい理解から、印鑑を綺麗に押すコツ、そして印鑑が持つ文化的価値とその進化についての理解を深められることは、新入社員や現代のビジネスパーソンにとって、日々の業務を遂行する上で非常に重要です。
印鑑を使用する際には、これらの点を踏まえ、適切なマナーと敬意を持って行動することが求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。