熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 【女性の実印づくり】彫る文字、素材やサイズについてご紹介

印鑑市場 店長ブログ

【女性の実印づくり】彫る文字、素材やサイズについてご紹介

2019.3.20カテゴリー:印鑑について

初めて実印を作成する時にはどのようなことに気を付ければいいのか分からないですよね。
しかも、一度作ったらなかなか修正が難しいものなので、作成に失敗したくありません。
そこで、今回は女性が実印を作成する際に気をつけなければならないことを3つご紹介いたします。

 

□結婚して名前が変わっても使えるようにしておく

実印は市町村で登録している名前で作らなければならないという決まりです。
結婚したり離婚したりして名字が変わった際には、毎回作り変え、申請しなおさなければなりません。
そのような手間やお金をかけたくないという人も中にはいるのではないでしょうか。
そのような人には名前だけでつくることをおすすめします。

「フルネームで作らなくてもいいの?」
と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
確かに実印は重要なので、フルネームにすることが多いです。
しかし、登録をしている名前であれば、フルネーム、名前のみ、名字のみの3通りで作れます。
意外と知られていませんが、名前のみで登録することも可能です。

名前だけにするべき理由はもう1つあります。
それは、女性が家を背負うのはよくないという日本の昔からの考えがあるためです。
女性が名字を名乗って家を背負うとあまりいいことがないといわれています。
つまり、女性が名字も入れてハンコを作成すると、後家相につながるとも言われています。
後家相とは、女性の運気が強すぎるために男性の運気を取ってしまうことです。
そうすると、男性が経済的にも身体的にも弱ってしまい、死別や離婚を引き起こしてしまいます。
家のことを考えるなら、名字を名乗らず名前だけを名乗るべきだということですね。
しかしこれは、昔からの考えというだけで、現代にそぐわない考え方でもあります。
もし、結婚する人の両親など周りに気にする人がいれば考慮してもいいですが、そうでなければあまり気にしなくても良い部分です。

 

□壊れにくい素材にすると経済的


次に、壊れにくい素材で作ることを挙げておきます。
名前が変わらない限り、実印は半永久的に使用できるので、壊れる度に買い替えるのはもったいないですよね。
そこで、壊れない素材を使うことによって、費用も手間も最小限に抑えられます。
ここでは、おすすめの壊れにくい素材を紹介します。

*琥珀(こはく)

女性の実印で最もポピュラーな素材は琥珀です。
琥珀といっても天然の琥珀をそのまま使っているのではなく、硬い人工樹脂を使って硬くしてあります。
模様がキレイであることはもちろん見た目も透き通っていているので可憐な印象を与えます。
女性が持つにはぴったりだといえます。
本体も軽く女性の手にも馴染みやすく使いやすいです。
しかし、落としたりぶつけたりすると、衝撃に弱いため欠けてしまいます。

*彩樺(さいか)

彩樺は樺を樹脂で加熱処理をして作った素材です。
木の優しい雰囲気が琥珀にはなく魅力的です。
この素材を使うことで大幅にコストを抑えられます。
さらに、琥珀よりも耐久性に優れています。
環境にやさしい素材としてもしられているので、エコ志向の方にもぴったりです。

 

□サイズは15ミリにしておくとよい

実印として登録するには、既定内の大きさにしておく必要があります。
この既定というのは、捺印した時に色がつく面が、一辺8ミリから25ミリの正方形に収まればいいというものです。
この規定を満たしてさえいれば、どの大きさの実印にしても問題はありません。
しかし、特別にこのサイズがいいといった希望がないのであれば、15ミリを選ぶことをおすすめします。

その理由は、2つあります。
まず、印鑑はサイズごとに分けるのが一般的だからという理由です。
印鑑には角印、代表者印、法人銀行印、実印、銀行印、認印の6種類あります。
会社などを経営していない人にとって関係があるのは、この中でも実印、銀行印、認印の3種類です。
これらは、それぞれ用途によってサイズが違うようにつくることが多いです。
つまり、これを最大にして、これはそれよりも小さくするといった暗黙の了解が存在します。
ここでは、実印を最も大きくして、次に銀行印、認印という順番でコンパクトにしていくことが普通です。
そのため、実印は小さすぎない15ミリのものがよいと考えています。

次に、女性は男性よりも小さいものにする傾向があるためです。
繊細な女性的な印象をもたせられます。
さらに、手の小ささも関係しています。
あまりに大きすぎると持ちづらく押しにくいというデメリットがあるため小さいものが好まれています。
さらに、同じ名字を持つ夫婦間で似たような印鑑を持つ際には、サイズを変えることで見分けやすくなります。
そのため、大きすぎない15ミリがよいと考えています。

 

□まとめ

今回は女性が実印を作成する時に気をつけなければならないことを3つご紹介いたしました。
注意するべきこととして、

*名字が変わっても使いやすいようにしておくこと
*壊れにくい素材でつくること
*サイズは15ミリにすると使い勝手がよいということ

を挙げました。
ぜひ、ご紹介したことを参考にして実印を作ってみてください。
実印を作る時には、ぜひ印鑑市場にお問い合わせ下さい。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。