熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 『印鑑を押してください』は間違い!? 印鑑とハンコ、それぞれの定義を知りましょう!!

印鑑市場 店長ブログ

『印鑑を押してください』は間違い!? 印鑑とハンコ、それぞれの定義を知りましょう!!

2017.10.5カテゴリー:印鑑について

「○○さん、この契約書に印鑑を押してください」
ビジネスシーンでよく見かけるこの言葉。
実は、間違っていることにお気づきでしょうか。


それに気付かずに使い続ければ、取引先から信用を失ってしまうことがあるかもしれませんよ。
社会人たるもの、言葉を正しく用いましょう。
今回は、皆さんに言葉を正しく使ってもらうためにも、印鑑に関連する言葉の定義についてお伝えします。

 

印鑑とハンコの違いについて

皆さんは「印鑑」と聞いた時、何を想像されますか?
きっと多くの方が、書類に印影を付ける道具を想像されたでしょう。
しかし、それが間違っているのです。
印鑑とは、紙や書類に押印された名前や絵を指します。
つまり、印影の事なのです。


ちなみに、印鑑の事を「印形」と呼ぶこともあります。
紛らわしくならないためにも、それぞれの言葉を整理しておきましょう。
では、皆さんが想像された「印鑑」は何と呼ぶのでしょうか。
それは、ハンコです。


個人や組織がその当事者であることを示す証で、円形や楕円形などの切り口によって、棒状の形に成っています。
皆さんの中には、「印鑑=ハンコ」と想像されていた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、その認識は間違っています。
「ハンコで印鑑を残す」のが正しい言葉の使い方です。


それらを踏まえて、冒頭の言葉をもう一度見てみましょう。
何が間違っているか、もうお分かりですよね。
では、正解を一緒に確認しましょう。
「○○さん、この契約書にハンコを押してください」
これからは様々なビジネスシーンで、このフレーズを正しく用いましょう。


「印章」という言葉の定義について

皆さんはこの言葉を耳にされたことがあるでしょうか?
きっと耳にしたことがある方も、そう頻繁には耳にしていないでしょう。
何故なら、印鑑やハンコといった言葉を基本的に用いるからです。
他の人が使っていない言葉を自分が使おうとはしませんよね。
では、この「印章」という言葉、一体どのような意味を持っているのでしょうか。
「印章」は「ハンコ」を意味します。


つまり、「○○さん、この契約書に印章を押してください」といった使い方ができるのです。
印鑑とハンコ、印章、それぞれの正しい使い方を学んで、仕事に励みましょう。
次に、印鑑がハンコの意味で使われるようになった歴史を見ていきます。
ハンコを用いる文化は世界の中でも、日本と中国、韓国ぐらいです。


私達が当たり前に使っている道具も、世界から見ればマイナーな道具だとは驚きですね。
では、一体いつから日本で印鑑が使われ始めたのでしょうか。
その答えは、正確にはわかっていません。


歴史的な裏付けが取れる資料が存在していないために、明確な時代がわからないのです。
しかし、現存しているハンコの中で、最も古い印鑑は後漢の光武帝が日本に授けた金印とされています。
歴史の教科書で見たことのある人もいらっしゃるでしょう。


後漢書に記載されている漢委奴国王は国宝にされています。
見ることができる機会があれば、欠かさずに見に行きましょう。

 

印鑑制度の広まりについて

現在の様に印鑑が用いられるようになったのは、奈良時代からと言われています。
しかし、当時は公印のみ印鑑として使われていたため、一般の人々は持つことができませんでした。
時代が経ち、平安時代に成ってから、一般の人々が私印として、印鑑を使えるようになったのです。
その証拠として、当時の藤原氏の私印などが残されています。


けれども、当時、一般の人が使っていたのは、ハンコによって押せる印鑑ではありませんでした。
その人達は、サインや人差し指で点を打つ「画指(かくし)」と呼ばれるモノで契約を締結していたのです。
それからもどんどん印鑑が普及していきましたが、明治時代に成って一般的に普及しました。
何故なら、明治6年10月1日太政官布告がされたからです。


そこには、実印が捺されていない公文書は裁判で認められないことが明記されていました。
それによって、法的にも実印の価値が認められたのです。
これに伴って、署名と一緒に実印を捺すことも制度化されました。


現代における印鑑の使い方は、ここから始まったと言っても過言ではないでしょう。
ちなみに、印鑑が公的に認められるようになった、10月1日は「印章の日」とされています。
ハンコ業界では、毎年印章の日に様々なイベントを催しているため、時間に余裕がある時は足を運んでみませんか。

 

いかがでしたか。
今回は、印鑑にちなんだ言葉の定義とその歴史についてご説明しました。
「印鑑」の他にも、間違って使ってしまっている言葉は他にもあるかもしれませんね。
ぜひ一度、似たような言葉の定義を調べてみてください。


知っている人が言葉の正しい使い方を聞けば、大きな信頼を得られるでしょう。
それが得られるかどうかで、仕事の出来が変わる人も居ますよね。
仕事の成果に繋げるためにも、自分が使っている言葉を見直してみませんか。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。