通常 10:00~
(土日祝日除く)

電話お問い合わせは、
以下のような場合におすすめです。

  • ・注文方法がわかりにくい。
  • ・書体や大きさの選び方が
    わからない。
  • ・納期についての確認。

※時間帯によって電話が繋がりにくい場合がございます。
その場合、メールもしくは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

熟年の職人が作り続けて27年

祈祷印鑑について

天神ノ森天満宮 由緒略記

御祭神

菅原道真公

大政大臣・正一位
天満大自在威徳天神
末社
天照皇大神
倉稲魂大神(稲荷大明神)
猿田彦命
白雪龍神・白髪龍王大神・白龍大明神

御鎮座

大阪市西成区岸里東2丁目3番19
応永年鑑間(1394~1428)に、京都北野天満宮の御分霊を奉斉したと伝えられる。

由緒

御祭神菅原道真公は、天穂日命を祖先とし、承和12年(845)6月25日、文章博士是善郷の子として生まれた。元慶元年(877)文章博士になり、昌泰 2年(899)55才で右大臣に任命された。この事を快く思わなかった藤原時平等のざん言により、昌泰4年(901)正月25日、太宰権師に左遷され、太宰府で延喜3年(903)2月25日、59才で至誠一貫の生涯を閉じられた。

道真公の死後、公の左遷の首謀者であった藤原時平の悲惨な死、都に起こった雷鳴、地震、旱魃、洪水、疫病、火災などを道真公の怨霊のせいと考え、その霊をなぐさめるため、太政大臣正一位を贈り、天歴元年(947)京都北野に天満大自在天神として、まつり鎮めました。
これは世の怨霊思想の影響によるものです。中世には、天神の御霊神としての性格はうすれ、学問の神として各地に天神さまをまつる天満宮・天神社がつくられた。

天神ノ森天満宮は、道真公が筑紫へ左遷されるおり、住吉明神への参拝の途中この地に休息され、その後村人によって祠が建立され、応永年間(1394~1428)に京都北野天満宮の御分霊を奉斉したと伝えられている。

現在の本殿は元禄15年(1702)7月、拝殿は昭和12年に建設されたものである。

事業繁栄印鑑バナー

会社用印鑑

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場では少々価格は高くなりますが、文字の作成からオプションで手書き文字でも作成可能で、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。

2016年12月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031