熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑登録について > 印鑑購入から印鑑登録手続きまでの手順

印鑑市場 店長ブログ

印鑑購入から印鑑登録手続きまでの手順

2014.6.26カテゴリー:印鑑登録について

自分だけの印鑑を登録することが印鑑登録であり、

その印鑑登録を行った後に、それを証明するものが印鑑証明書となります。

 

では、印鑑証明書とはどんな時に必要かというと、

印鑑証明書とは、主に不動産・マンションや自動車の売買、公正証書 を作成したりする時に使うものであり、そのような重要な所有物などの証明をするための書類に、この人の登録した印鑑で間違いないという証明となる、印鑑証明書が必要となるわけです。

印鑑証明書は第3者が本人の印鑑であるということを保証しております。

 

そもそも印鑑登録とは何か?ということについてですが、

 

印鑑登録の定義は、役所で自分の住民基本台帳に登録されている名前の印鑑を届け出ること。自分だけの印鑑を登録すること。

といえるでしょう。

 

では、その印鑑登録のための印鑑はどんな印鑑でも良いかというと、そんなことはありません。100円ショップや既製の認め印のような印鑑はダメです。

車や不動産等高価なものを購入する時に、必要な印鑑が大量生産されているような、

同じ彫刻の印鑑であっては危険だからです。

 

印鑑登録はアイデンティティという意味では免許証やパスポートと同じかそれ以上重要なことです。

 

印鑑登録に必要は印鑑を印鑑店、最近ではネット通販も多いですが、

その中でもオーダーメイドの機械彫りではない、自分だけの印鑑を作ってくれる店舗にて、

注文します。

 

そしてその印鑑を役所で登録して印鑑登録は完了となり、

印鑑登録した印鑑のことを「実印」といいます。

 

印鑑登録後には印鑑証明書の発行が可能となります。

 

 

 

 

そして、よくいただくご質問の一つですが、書体や名前が適切であり実印として販売をされている印鑑を通販で購入しても、

それだけでは実印として機能しません。

その作った印鑑を役所に行き、印鑑登録をして初めて実印となります。

印鑑登録をすることで印鑑証明書の発行も可能となります。

従いまして、明日使う実印を当日に急ぎで即日出荷で購入されても、

翌日にそのまま実印として使用できるわけではありませんのでご注意ください。

 

 

 

 

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。