熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑を紛失したらどうしたらいい?銀行印を失くした場合

印鑑市場 店長ブログ

印鑑を紛失したらどうしたらいい?銀行印を失くした場合

2014.3.26カテゴリー:印鑑について

銀行印を紛失した場合も、実印紛失と同じく、銀行印だけではお金を引き出せないため、

重大な問題とはなりにくいです。

しかしながら、通帳と銀行印がセットで盗難に遭ったりする例も多いので、銀行印を失くした場合も実印と同じく、

すぐに金融機関で改印届けを提出しましょう。

改印の手続きさえ進めば、悪用されることはありません。

 

なお、改印の手続きには当然、新しい銀行印が必要となりますので、用意しておきましょう。

このように止むを得ない事情で急ぐ場合でも、お応えするために印鑑市場では

即日発送サービスがございます。http://www.inkan-ichiba.com/sokujitsu/

 

 

なお、この改印届けが面倒だから、失くした印鑑とまったく同じ印鑑を作って欲しい、

というようなご注文を印鑑通販店ではよくいただきますが、

法的にも登録印鑑の複製は禁じられており、技術的にも困難です。

しかし、最近のネット通販店では販売価格から、完全機械彫りの作成方式であると疑念を持たざるを得ないような、店舗もあるようで、このような紛失時にそのような印鑑であると非常に危険です。

印鑑購入は価格だけでは選べません。注意して購入しましょう。

 

logo-1

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。