熟年の職人が作り続けて27年

印鑑通販は印鑑市場 > ブログ > 印鑑について > 印鑑の枠の欠けについて

印鑑市場 店長ブログ

印鑑の枠の欠けについて

2014.3.29カテゴリー:印鑑について

多くいただくお問い合わせの一つですが、印鑑本体を落とした時に

印鑑の枠、印鑑の淵が欠けてしまったので、修理できますか?

というものがあります。

 

結論から申しますと、印鑑の欠けは修理はできません。

 

物理的には、もし欠けた部分が明確に分離されているような破損であり、

それを接着できるようなものがあれば、現状に戻すことができるかもわかりませんが、

印鑑の枠の欠けは、そのような破損状態でないことが殆どであり、仮に上記の方法で修理できても、ゴム印等が形状変化する材質のため、印鑑登録ができないのと同じ理由で、同個所がまた取れてしまう可能性が高いということから、引き続き実印等に使用するというのは好ましくありません。

 

役所によっては例えば5ミリ以上の欠けは印鑑登録を認めないなどと欠けの大きさで決めているところや、

欠損個所が1か所のみで、欠損部分の大きさが全体の8分の1以下(45度以下)であれば登録できる、2か所以上なら不可というようなところもあり、この辺りは役所によって対応がことなることもあるようです。

 

 

そして、一般的によく言われることが、印鑑は縁起物でなので枠の欠けというのは

縁起が悪いということで好まれてもいないので、

印鑑が破損した場合は、もう一度再作成をするしか方法がありません。

心機一転出なおすという気持ちで、新しい印鑑を作成しましょう。

 

 

なお、欠けにくい印材はあるのかということですが、

手彫り仕上げができる印材の材質による強度の違いですが、

柘植などの木材系の印材より、黒水牛などの水牛系の印材、そしてそれよりも骨と同質のカルシウムからできている象牙、という順番に強いですが、どれも落とすと欠ける可能性の方が高く、そんなに強度としては大差はございません。

 

落とさないようにする、つまり印鑑は大事に扱っていただかないものだということです。

一覧に戻る

印鑑の知識

  • ■印鑑登録について

    どんな印鑑でも印鑑登録をして実印として使えるわけではありません。大きすぎる印鑑や小さすぎる印鑑もNGですし、材質によっても不可となる場合があります。詳しくはこちら

  • ■作成可能な文字数について

    基本的に印鑑市場手書き文字館では作成する彫刻印鑑の文字は全て手書き文字で作成するため、物理的に可能な文字数であれば、どのような文字でも書くことができます。
    但し、狭いスペースに詰め込み過ぎると線が細くなりすぎたりして、彫刻に耐えれなくなります。
    文字数は漢字やひらがななど組み合わせる文字によって異なります。

  • ■紛失したので前と同じ印鑑が欲しい場合

    実印や銀行印に使う彫刻印鑑は、同じものを作ることはできません。
    そのため紛失した際は、新しい印鑑を作り必ず再登録の必要があります。
    実印や銀行印にゴム印等の同じものがいくらでもできるような印鑑が登録不可の理由はそこにあります。

  • ■印鑑の文字が何と書いてあるか読みにくい

    特に実印では「印相体」という現代文字と一見異なる形状を持つ書体が好まれますが、特に印相体が読みにくいのは当然です。
    読みにくいからこそ、印影を第3者が見ても一目で何と書いてあるか判りにくく、防犯性に優れていると言われています。

  • ■同じ名称の印鑑でもお店によって、どうして価格が違うの?

    それは、材質も微妙に異なる場合もありますが、基本的には作成方式によって価格は異なるからです。
    大量生産の激安店では、作成にかける時間や人員を割くことができません。
    印鑑市場手書き文字館では少々価格は高くなりますが、文字の作成から手書き文字で作成し、美しい文字でこの世に1本だけの安全な印鑑を作ることに努めています。